ましになったり戻ったり

カラダが整うとアゴのズレも戻りやすくなります、アゴの整体の問い合わせが多いのですが、口では説明しきれないので、公開OKをいただいた最近のケースで説明させていたさきます。
下に動画が表示されない場合、Java Scriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

20代 男性 口を開けるとガクンとなって、音が鳴る
初回施術前
初回施術前。アゴが開口に合わせて右にズレて音が鳴っています。右耳付近の顎関節の出っ張りを見ていただけたらわかりやすいです。この方は軽いケースですね。

(2日目)
2回目施術前
2回目、施術前での比較。一週間経ちましたが、アゴが右にズレることなく良い位置におさまっています。経過がよいので、次回は間隔を開けました。

(3回目)
3回目施術前
3回目施術後

3週間経つと、開閉タイミングによっては、少し右の出っ張りがでるようになりました。それに合わせて音も鳴ります。間は開けましたけど、初回ほどのズレは発生していないですよね。
施術後は、また、良い状態で落ち着いています。

カラダは頭から足の先まで連動し合います。

カラダを整えていくと、アゴの周囲も緩んで余裕がでてきます。

余裕ができた状態で、軽くアゴに手を沿えてお客様に開閉をしていただきます。それだけで、アゴは良い位置に自然に戻っていきます。

当院は、力を使っての一時的な変化を狙っている整体ではありません。人間が持っている「戻る力」を最大限に利用した施術を行います。

当然、外界からのストレスを日々浴びるので、ましになったり戻ったりを繰り返すこともありますが、「戻る力」を活性化して整えていく整体なので、「戻りにくさ」が最大の特徴です。

OKですか?

わからないことは、メールかお電話で気軽にお問い合わせください。