楽にあがる

ブログ 「 性格が 」 のお兄様が娘さんとご来院。

まだ、夏休みですね。

「10年くらいになりますけど、首と背中が痛くて、」

「あと、右足首と右ひざと右アゴが調子悪いです。全部右で...」

両手を挙げる動作確認でかなり力んでられます。

30代男性。

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

首と背中はストレス系の反応。

足は足首関節と腓骨のズレ、アゴは関節円盤のズレからくるものでした。

2度ほど動作確認と再調整を行い、

「痛みないです。首も背中も 足首も。」

ビデオでアゴの調整後の変化をご確認いただき終了。

「こんなに楽に腕が上がることなかったですよ。」

喜んでいただけて嬉しいです。

生活での注意事項をご連絡していると、

「ガンガン首や背中を揉んでいました。いけなかったんですね。」

「背中に乗ってもらったり、なぁ。」

娘さんに踏んでもらったりもあったみたいです。

10年続いていた原因がわかりました。

私も自律神経理論を知らない頃は息子では物足りないので、家内に乗ってもらったり、ガンガン叩いたり。

自身の経験から、それらを止めれば慢性化から抜け出せること、自信を持ってお伝えできます。