厨房と手根管症候群

「右手の小指以外がしびれて、手袋している感じなんです。」

「右の肩から肘、手首にかけて痛くて、痛み止めも効きません。」

「首から腰までコリで一枚の板になっている感じです。」

「前頭部が痛く、アゴもガクンとなります。」

「手のしびれは手根管症候群と言われて、手術しか方法がないと言われました。」

40代女性。

厨房で働かれているらしく、利き腕である右腕に過度の負担がかかっている感じです。

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

無理をしたことによるカラダの防御反応と冷えによるカラダ内部の緊張の影響から治癒力がうまく働いていない状態。

よくあるお辛さのパターンです。

マスキング解除、カラダ内部との緊張連動消去法、カラダの緊張バランスを整える技などを使い確認をくりかえしながら、表層から解除していきます。

「背中全体が楽です。アゴも腕も楽、頭痛も消えました。」

「手のしびれがまだ少し残っています。」

解除と確認を数回繰り返し、

「消えました。楽になりました。」

冷え対策をお伝えして終了。

(2回目 1週間後)

「右腕の痛みはないです。」

「手のしびれ楽です。でも、朝は出てきます。」

「車に長く乗ったせいか、右アゴが痛みます。」

「首から腰に掛けては、次の日には出てきました。」

同様の施術で痛み無く終了。

(3回目 1週間後)

「手のしびれ出なくなりました。手で押さえたら指先と付け根が少し痺れ感があるくらいです。」

「腕は肩の方が張っているくらいです。」

「アゴの痛みは消えて、首から腰に掛けて楽です。」

「毎日出ていた頭痛がありません。」

「以前はコリ感で目覚めていましたが、朝がすごく楽でうれしいです。」

よかった。

今回もお辛さすべて消えた状態で終了。

この施術が一つの区切りになると思います。

「鉄のプレートを洗う時が一番つらかったんです。」

体力を超えたルーティンワークで出る痛みは、「休みなさい」というカラダのサインです。

それを我慢して頑張っていると、カラダは悲鳴を上げて、さらに強い緊張をかけてその箇所を守ろうと(休ませようと)します。

その緊張が積もり積もった状態で痛みやしびれにつながっているわけで、痺れている箇所自体が疾患を起こしているわけではないことが多いです。

今回は、冷え障害によるカラダ内部の緊張と結びついて、より元の状態に自分で戻せない状態になっていたと技の経緯から推測できます。

お仕事量の関係から、今後のメンテナンスは、徐々に間隔を広げていく形にしました。

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

<特徴>
・自律神経に着目した完全無痛の技。
・正確なチェック法で、辛さの整体要因に的確にアプローチ。
・治療系の全身整体。

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

おかげさまで、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からも口コミでご来院いただいています。