側弯症の影響

「今日は、左手小指と薬指の不調と耳の後ろの痛みです。」

「いつもの痛みは左ひざくらいです。」

40代女性。

8ヶ月ぶりのご来院です。

ずいぶん空いているのでお辛さが溜まっているかと思いましたが、いつもより簡単に要因が解除できて痛みゼロで終了しました。

新たな指と耳の後ろの不調が無かったら、もっと間隔を空けられたのかもしれない。

安定してきてよかった。

この方は服を着た状態でわかるレベルの側弯症を持ってられます。

ご来院当初は、左肩甲骨、腰、左股関節、左膝など左半身にお辛さが集中していました。

毎回お辛さを消して終了しても、側弯の強さからか同じ箇所に痛みが出やすく、安定は難しいのかなあと思うことがありました。

遠方なので1ヶ月以上の間隔も不利に働いていたと思われますが、

ここ直近の3回ほどは3ヶ月間隔でも大丈夫になり、今回に至っています。

成長期からの先天的な側弯症は、それ自体の改善は無理でしょう。

しかし、カラダの機能がアップしていけば、側弯症に伴ったお辛さは出にくくなる場合があります。

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

<特徴>
・自律神経に着目した完全無痛の技。
・正確なチェック法で、辛さの整体要因に的確にアプローチ。
・治療系の全身整体。

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

おかげさまで、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からも口コミでご来院いただいています。