冷えから足底筋膜炎

よくあるケースの足底筋膜炎の施術が重なりました。

Y様 40代男性。

「左の踵が痛くてマラソンの練習を休んでいます。」

「病院ではレントゲンでトゲが写っていました。」

歩く時も痛そうです。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

踵付近のズレもありましたが、主は冷えによるカラダ内部の緊張が反応しています。

緊張をとって確認。

「痛み減っています。」

まだすっきりしていないので、微調整をして確認。

「あ、降りた時の一歩が違います。」

「びっくりです。」

大会があるので、次回、念のため3週間後にご予約いただきました。

E様 50代男性。

「両足が痛くて、特に朝が辛いです。」

湿布やサポーターをつけてご来院。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

恥骨と腰椎のズレが反応しますが、主は冷えからの内部の緊張からの影響。

足底筋膜炎に限らず、朝方に痛みが増すケースはほとんどが冷え障害の影響を受けています。

緊張を解除して確認。

「大丈夫です。痛みが消えました。」

お二人とも、マッサージや装具で悪化する前だったので簡単に痛みがなくなりました。

体に温度差が発生すると自律神経が乱れて、下腹部内部に緊張がかかります。

それが、積もって緊張が強まると、様々な部位に連動して、連動した箇所が緊張して痛みを発する場合があります。

これを冷え障害と呼びますが、踵から、アゴ、頭まで、その時弱い箇所に連動しやすい傾向があります。

トゲが写っているケースで、もしそれが痛みを起こしているのであれば常に痛いはずなのですが、Y様も「痛みに波がある」と言われていて、冷え障害の特徴の一つです。

冷え取りをがんばって、

8月末のマラソン大会良い成績でゴールできますように!

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の元となっている残緊張を捉える技術(整体チェック法)
●残緊張の開放を促す技術
この2つが一体化しているため、緊張の開放に比例した変化をその場で確認できます
緊張の開放以外の手技は使いません。(マッサージ・押圧・ストレッチなど)
あまり使われていない新しいアプローチです。岡山県をはじめとして、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からもご来院いただいています。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。