冷えからの顎の痛み

「20年前から口を開けるとバキッというようになって、口腔外科に行きましたが、改善なくそのままにしていました。」

「今回は3週間前から、左アゴに痛みが出るようになったんです。」

30代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

下アゴが斜め左に引き寄せられています。左顎関節に痛み。

そんなにひどくないケースでしょう。

「これ以上開けるとバキッとなります。」

関節円盤がずれているために斜めになるし、円盤が引っかかって外れる時にバキッとなるわけで、20年前からこの歪みはあったと思われます。

では、痛みの原因はなんでしょうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからくる下腹部内部の緊張が反応。

この緊張の影響がアゴまで上がって痛みやズレに影響しているみたいです。

解除して確認。

開口が少し真っ直ぐになってきました。

最大まで開けてみてください。

「痛みが減って、左に引っかかりがあります。」

引っかかりは関節円盤のズレにより感じるものです。

チェックで、マスキングが反応さらに下腹部の緊張が反応してきます。

再調整と確認を繰り返して、

「引っかかりがなくなりました。」

ガムを噛んでいただいて、噛んだ時の痛みも無くなり終了。

初回施術後

術前より真っ直ぐバランスよく開くようになりました。

痛みと、20年前からのバキッも無くなっています。

今回は、冷えによる下腹部緊張の影響が積もり積もって起きていました。

アゴ周辺に緊張が連動し、そのアンバランスから顎関節の関節円盤がズレていきます。

ズレただけであれば、引っかかりやバキッという異音で済むところですが、緊張が増してくることで痛みを発する場合があるわけです。

下腹部の緊張との連動に相対解除の手法で緊張消去を繰り返すことで、その場で改善の方向に変化していきました。

元々、カラダには元の状態に戻す力があります。

戻す力を邪魔している要因に的確にアプローチするだけで、アゴに力で矯正を加えなくても関節円盤は動くわけです。

(2回目 1週間後)

「ガムを噛むとだるい感じはありましたが、痛みはなくて、良く開くようになりました。」

2回目施術前

施術前の開口です。

大丈夫ですね。

あとは、冷え取りで予防をしていただくと再発は無いと思います。

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

<特徴>
・自律神経に着目した完全無痛の技。
・正確なチェック法で、辛さの整体要因に的確にアプローチ。
・治療系の全身整体。

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

おかげさまで、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からも口コミでご来院いただいています。