左足付け根の痛みと開きにくさ

「結婚前から左足の付け根(股関節内側)と左脛に痛みを感じながら生活していました。」

「20年くらい経ちますが、ここ1週間、特に痛みが強くなって、座ったままでも痛いんです。」

40代女性。

後屈で左付け根が突っ張る、足を上げると上げにくく痛みが出る。

仰向けで外に開いていただくと、左足は痛くて開きにくく、右足より制限がかかっています。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

左付け根の痛みの要因割合は、

  • 骨格的要素 15%
  • 内部の緊張との連動 65%
  • ストレス 15%

脛は、

  • 内部の緊張との連動 75%
  • ストレス 15%

と反応が出ています。

マスキングに合わせて順序良く解除して確認。

「足あげは上げやすいです。少しだけ痛みがあります。」

「仰向けで開くのは変わっていないです。」

効率を考えて、仰向けの状態で施術を続けます。

解除と確認繰り返します。

「痛いけど開いてきました。」

徐々に緩んで可動域が上がってきて、

「こんなに開いたことは今までなかったです。」

痛みはまだ残っていますが、可動域が十分で、チェック法の反応が消えてきたので終了。

大量の緊張層が積もっていました。

脛の痛みは6割くらい残ってしまいました。

カラダ内部の緊張は体内の温度差で自律神経が乱れた時に起きると考えられています。

今回は、ストレスの影響もありますが、冷えによる影響が強いケースでした。

(2回目 1週間後)

「普段、そうでもないですけど、何か動いた時に、あっ痛いと思うことがあるくらいで。」

「前に比べたら、すごい楽になりました。」

よかった。

確認では、痛みは前より少ないですが、仰向けでの開きが少し戻っています。

冷え取りをきっちりしていただけているので、経過良好です。

今回も同様の施術で、開脚の可動域向上と突っ張り感とわずかな痛みが残るレベルで終了。

(3回目 1ヶ月後)

「快適に過ごせています。」

「日によって出てくることがありますけど、以前より楽です。」

よかった。

左足の可動域も良い状態を維持できています。

今回は、痛み無い状態で終了。

順調です。

今後も、今まで通り冷え取りを続けていただいて、時々、メンテナンスされたら大丈夫でしょう。

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

<特徴>
・自律神経に着目した完全無痛の技。
・正確なチェック法で、辛さの整体要因に的確にアプローチ。
・治療系の全身整体。

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

おかげさまで、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からも口コミでご来院いただいています。