事故後の腰痛 診断ではヘルニアをMRIで指摘された

追突されて、大きな怪我が無くても、痛みが後から強く襲ってくるという例はよくあります。

一時は動けないような痛みになって入院も勧められた(お母さまのTELより)。

しばらくして動けるようになってご来院いただけました。

事故後の腰痛 診断ではヘルニアをMRIで指摘された 20代男性

「2週間前に車の事故で横から突っ込まれました。」

「4日前にMRIでヘルニアと診断されて、右の腰に痛みがあります。」

「かがんだり、腰かけたりで痛いです。」

20代男性。

靴下の脱ぎ履きがかなり辛そうです。

整体要因リレーション

整体チェック法でみた不調との連動部位。

腰痛:

  • 冷えによる内部緊張との連動 20%
  • ストレスが直に影響 30%
  • みぞおちの緊張との連動 20%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 頭の緊張との連動 10%

施術経過

初回施術

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

まず、全身を覆うストレス系緊張が反応してきました。

開放を促していくと、今度は事故のマスキング層

これに紐付く形で部位間連動が反応してきます。

順序良く解いて確認。

「痛みさっきよりましです。カラダが曲がってきました。」

同様に再調整して確認。

「痛み減ってきました。」

「靴下に手が届きます。」

ストレス系緊張が多く、事故マスキングで緊張が自然に抜けにくくなっていました。

冷え(温度差)による緊張も無視できないので、冷え取りの最適値をお伝えして終了。

2回目(前回から3日後)

「だいぶ楽です。」

「今日、車で来ましたが、運転が長くて腰にだるさが出ています。」

動きが違います。

同様の施術で、違和感なくなり終了。

整体所感

自律神経の乱れがかかわる緊張の蓄積によって不調は起きます。

蓄積がカラダの許容範囲を超えると痛みとして表面化するのです。

緊張の蓄積とそれが開放されたイメージ図

緊張の蓄積とそれが開放されたイメージ図

事故など起きると、後から強い痛みが出ることがありますが、その原因として緊張層のマスキング現象が関わっていると施術実績から感じています。

衝突などの瞬間にカラダがびっくりして、広い範囲で緊張が覆ってしまう。

マスクされるのでマスキングと呼んでいますが、それにより、その下の緊張が自然に開放されにくい状況になって、その連動や蓄積の関係から緊張が高まり痛みとして表面化しやすくなるのです。

どこに痛みが出るかは、その連動リレーションによって変わります。

今回は結果的に腰に出たわけで、ヘルニアは直接的には痛みには関わっていなかった可能性があると施術経緯から感じます。

不調発生のメカニズム(緊張の蓄積現象)についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種類や入れ...

をご参照ください。

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
他院であまり使われていないアプローチで、岡山県をはじめとして、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からもご来院いただいています。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。