「 動画で見る顎関節症の改善 」一覧

冷えからの顎の痛み

「20年前から口を開けるとバキッというようになって、口腔外科に行きましたが、改善なくそのままにしていました。」

「今回は3週間前から、左アゴに痛みが出るようになったんです。」

 

30代女性。

 

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

下アゴが斜め左に引き寄せられています。左顎関節に痛み。

そんなにひどくないケースでしょう。

 

「これ以上開けるとバキッとなります。」

関節円盤がずれているために斜めになるし、円盤が引っかかって外れる時にバキッとなるわけで、20年前からこの歪みはあったと思われます。

 

では、痛みの原因はなんでしょうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

冷えからくる下腹部内部の緊張が反応。

この緊張の影響がアゴまで上がって痛みやズレに影響しているみたいです。

解除して確認。

 

開口が少し真っ直ぐになってきました。

最大まで開けてみてください。

「痛みが減って、左に引っかかりがあります。」

 

引っかかりは関節円盤のズレにより感じるものです。

チェックで、マスキングが反応さらに下腹部の緊張が反応してきます。

再調整と確認を繰り返して、

 

「引っかかりがなくなりました。」

 

ガムを噛んでいただいて、噛んだ時の痛みも無くなり終了。

初回施術後

術前より真っ直ぐバランスよく開くようになりました。

痛みと、20年前からのバキッも無くなっています。

 

 

今回は、冷えによる下腹部緊張の影響が積もり積もって起きていました。

アゴ周辺に緊張が連動し、そのアンバランスから顎関節の関節円盤がズレていきます。

ズレただけであれば、引っかかりやバキッという異音で済むところですが、緊張が増してくることで痛みを発する場合があるわけです。

 

下腹部の緊張との連動に相対解除の手法で緊張消去を繰り返すことで、その場で改善の方向に変化していきました。

 

元々、カラダには元の状態に戻す力があります。

戻す力を邪魔している要因に的確にアプローチするだけで、アゴに力で矯正を加えなくても関節円盤は動くわけです。

 

(2回目 1週間後)

「ガムを噛むとだるい感じはありましたが、痛みはなくて、良く開くようになりました。」

2回目施術前

施術前の開口です。

大丈夫ですね。

あとは、冷え取りで予防をしていただくと再発は無いと思います。

最近、口があきにくくなって

「カクカクは前からなんですけど、ここ一ヶ月口が開きにくくなってきて。」

「骨盤の歪みも感じます。仰向けで当たり方が違うんです。」

 

20代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

右に引っ掛かりがあり、うまく口が開きません。

整体チェック法では、冷えからくるカラダ内部の緊張連動が腰肩首にかかっていて、そのテンションのアンバランスから顎関節の関節円盤がズレているみたいです。

緊張消去法で肩腰を整え、全身バランスをとり、アゴ周辺の緊張バランスもとりました。

 

初回施術後

口が開くようになってきました。

カラダやアゴに刺激や圧力は加えていません。

 

(2回目 1週間後)

「アゴ少し戻ってきました。」

「仰向けの骨盤の感じは前よりましです。」
2回目施術前

最初ほどではないけど引っかかっていますね。

同様の施術で開口改善して終了。

 

(3回目 1週間後)

「口が開くのが継続しています。」

3回目施術前

大きく開きますが、徐々に制限がかかっている感じで、まだ不安定です。

3回目施術後

引っ掛りなく、綺麗に開くようになりました。

 

施術前の開口比較から、この3回の施術で一つの区切りになりそうです。

次回は、間隔を空けていただきます。

 

入れた技の種類と経緯から、

今回、アゴの不調は肩や腰の緊張の影響が大きかった。

肩や腰は、冷えによるカラダ内部の緊張の影響で起きていた。

つまり、半身浴など冷え取りを行うことでアゴの調子は安定しやすくなります。

20代後半から続く顎関節炎

「20代後半から顎関節炎で悩んできました。」

「マウスピースも試したことがあります。」

「大きな声を出すと、開きにくくなったり痛くなったりで...。」

40代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

左アゴに痛み。開口が制限されています。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

 

下腹部カラダ内部の緊張と肩の緊張がキーになっています。

カラダ内部の緊張はストレスと冷えが半々で要因になっています。

大量に反応するマスキングに合わせて解除を繰り返して確認。

初回施術後

僅かに開口が改善。痛みは半分残って終了。

 

(2回目 1週間後)

「前より楽です。開きやすい。」

「痛みはまだあります。半分くらいです。」

 

術後を維持しています。

前回同様の施術で、

 

「なんかすごい楽!」

痛み無くなり終了。

 

(3回目 1週間後)

「違和感減りました。でも少し残っています。食事も問題なく楽です。」

3回目施術前

開口の課題が残っています。

前回同様の施術を繰り返し、

3回目施術後

違和感が無くなり、

気持ち、開口も改善。

 

開口にまだ課題が残ります。しかし、詰めて通っていただくのはここまでです。

長い間痛みを繰り返されてこられたので、脳がすぐには解放してくれないでしょう。

(あくまでも、自律神経に着目した整体療法での考え方です。)

 

半身浴など自律神経を整える習慣をおこないながら、一ヶ月間隔の施術でさらなる快適を目指していきます。

 

口を開けた時の痛み

「口を開けると左アゴやこめかみ付近が痛いです。」

「マウスガードは効果ありませんでした。」

 

香川県からご来院。50代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

口が開けにくく、開口が斜めになっています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからのカラダ内部の緊張が肩にかかっています。

肩の緊張がアゴに連動して、アゴの緊張と関節円盤のズレが起きています。

それらを順序良く解除して確認。

初回施術後

真っ直ぐ開いてきました。

最大開口でガクンとなり、その時痛みが出ますが、初回はここまで。

 

(2回目 1週間後)

「接触事故を起こして、夜と次の日、肩と首が重かったです。」

「痛みは週の後半に出てきました。」

2回目施術前

初回ほどではないですが戻っています。

事故の影響もありました。

同様の施術で痛みは違和感レベルになり終了。

 

(3回目 1週間後)

「普段、痛みは無くなっていました。でも、大きく開けるとガクンとなってその時は痛いから、用心してしまいます。」

3回目施術前

最初、戻っている感がありましたが、開口に従い正常になっていくので安心しました。

開口を妨げる緊張は少なくなっています。

いつもの施術で、工数少なく終了。

3回目施術後

「先生、ガクンとなっても痛みが出ませんでした。」

よかった。

 

もう間隔をあけていけます。

次回は一ヶ月後です。

アゴの痛みと口の開きにくさ

「アゴが痛くて、朝、口が開かないことがあります。」

「一年前から酷いですが、一ヶ月前から痛くて食べ物を噛めない状態になりました。」

「今は、硬いものだけ噛めないレベルですが、鈍い痛みがずっとあります。」

 

30代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

ズレで口が斜めに動き、痛みもあって口が開いていません。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからくるカラダ内部の緊張がアゴに影響しているよくあるパターンですが、ストレスからの影響も無視できません。

マスキングに合わせて緊張消去法を繰り返して確認。

初回施術後

開口が少し増え、少し真っ直ぐぎみに改善しています。

「開けやすいです。痛みは10分の7レベルです。」

 

(2回目 一週間後)

「ガキッ、ボクッの痛いのが一回もない。」

「食事で噛みやすいです。」

「でも、まだ、鈍い痛みはあります。」

2回目施術前

エージングがかかり開口も少し増えています。

同様の施術で、ガムを噛む確認もおこなって痛み無くなり終了。

 

(3回目 一週間後)

「前よりスムーズに開く。」

「少し痛みが残りますが、普通にあくびができます。」

3回目施術前

徐々に開口が緩んでいますね。

でも、少し斜めでバランスの課題があります。

緊張解除と合わせた関節円盤のバランス調整、開口と噛むときの痛みが無くなるまで調整して終了。

 

冷えだけでなく、育児中のストレスの影響もあって改善ペースが遅くなったと思いますが、戻りが無く順調な経過です。

まだ、開口に課題はありますが、痛みも開口もご自身の感覚で生活に支障ないレベルなので、この後は間隔をあけていくことができます。

 

半身浴はかかさないでくださいね。