「 動画で見る顎関節症の改善 」一覧

開ける前に口をずらす

「中学くらいからですが、口をずらさないと大きく開けられないです。」

「たまに開かなくなることがありました。」

 

20代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

拡大表示で注意して見ないとわかりにくいかもしれません。

口を開ける直前に一瞬下あごをずらして開けられています。

これは、関節円盤がズレていて引っかかるからずらしているわけです。

引っ掛かりが少なく、施術としては簡単ですが、この方の様にずらすタイミングが早いほど安定に持っていくのは難しくなります。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

顎関節周辺のズレ、特に関節円盤が反応します。

マスキングにかかわる形でズレが反応します。

冷えによるカラダ内部の緊張の影響で首からアゴにかけて緊張が入っています。

解除と確認を複数回繰り返して、

初回施術後

(アゴやカラダに圧力は一切加えていません。)

「ずらさなくても開きます。」

 

(2回目 一週間後)

「戻った感じです。」

2回目施術前

開ける直前の口のずらし加減が、初回施術前のずらしとは少し違いますが、不快な状態に戻っています。

同様の施術で終了。

 

(3回目 一週間後)

「調子いいです。ずらさなくても開きます。」

3回目施術前

施術前ヒアリング時、今度は戻りが少なかったことを喜んでいただけました。

映像でも、ずらしを意識していない感じですが、まだ、わずかに傾向が残っている感じです。

同様の施術で終了。

スムーズさなどまだ課題はありますが、ご本人の感覚から判断して、この施術で一つの区切りになると思います。

 

あとは、一ヶ月単位のメンテナンスで、さらなる安定に近づいていくと思います。

口が開かないし頭がボーッと

「一ヶ月前から、口が開かなくて右アゴに痛みがあります。」

「同時に、頭もボーッとして元気が出ない。暇があったら寝ていたい状態です。」

 

40代女性。

 

専門学校の発表会のお疲れとカゼが重なり、お辛さが一気に出たみたいです。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

良くあるケースのアゴの不調ですが、緊張が重度で頭がボーッとして全くお元気がありません。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

ストレス系の緊張が全身を覆っていますが、特に肩や胸やおなかに反応してきます。

冷えからくる下腹部内部の緊張の影響が頭までかかっていて、これがボーッとする感覚の主因みたいです。

複数出てくるマスキング解除と合わせてそれらの解除と確認を繰り返して。

初回施術後

口が開いてきました。

最終的に、

頭のボーッと感は、10分の2まで減り、

アゴの痛みは、10分の3くらいまで減りました。

 

(2回目 1週間後)

2回目施術前

前回の状態を維持しています。

「痛みは、あくびの時だけ初回の半分くらいの痛みが出ます。」

「頭のボーッと感はなくなりました。でも、眠いのはあります。」

「動作がまだ鈍くて、下のものを取る時とか、小走りしにくい。」

 

初回に比べるとかなりお元気になられて安心しました。

しかし、まだ、お辛い方レベルの緊張層が潜んでいる感じで、歪み感が伝わってきます。

前回同様の施術で、気にならないレベルで終了。

 

(3回目 3日後)

用事のご都合で早いご来院になりました。

3回目施術前

さらに開口が楽になっています。

「アゴ楽です。頭も完全に取れたし、全身の不調がだいぶ無くなりました。」

 

お元気そうです。

よかった。

 

「痛みとしては、正座で右ひざが痛いんです。正座から立つときも痛くて。」

 

前回同様の施術を行います。

冷えやストレスの反応がかなり減っています。

途中、アゴの痛みも少し出てきましたが、

工数少なく、緊張調整、三軸調整で、

 

「膝楽です。正座で痛くない!」

気になるところが無くなって終了。

 

3回の施術を通じて、戻りが無く、これで一つの区切りになると思います。

確認用ビデオの公開許可をお願いしたら、お客様の声まで進んで書いてくださいました。

お客様の声 ゆうこ様

 

 

ゆうこ様 ありがとうございました。

 

ゆうこ様はかなり重度の緊張の重なりがありましたが、パターン的にはよくある顎関節症の緊張リレーションでした。

他の顎関節症で悩まれている方も9割以上の方が同様です。

つまりは、冷えやストレスの影響で全身が緊張してねじれ、腰や頭部連動から、アゴの関節円盤のズレが戻りにくくなっているわけです。

顎のカクカク

「右アゴがカクカクなります。」

「2週間に1度の割合で片頭痛が起きて、左目中心に出る時と、右こめかみに出る時があります。」

 

30代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

口を開けた時、コンと音が鳴っています。

開口も制限されています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えによる下腹部内部の緊張が強くて、アゴや片頭痛に緊張の連動が起きているケースでした。

初回施術後

緊張を解除していくだけで、開口バランスが取れて、音が少なく、術前より大きく開きます。

アゴに触れる施術はおこなっておりません。

頭痛も取れました。

 

(2回目 1週間後)

2回目施術前

おからだにエージングがかかり、さらに口が大きく開いています。

音は、時々鳴るレベルで、頭痛は今日まで出ていません。

 

(3回目 17日後)

3回目施術前

開口状態は維持しています。

頭痛は右側に弱いのが出たくらいで、薬を飲まなくてよいレベルだったみたいです。

 

アゴは問題ないと思います。

頭痛に対しても、半身浴を継続されると、従来の酷いのは出ないと思われます。

一ヶ月の定期メンテナンスで様子をみていきます。

マウスピースの弊害?

「マウスピースをしだして右アゴに痛みが出てきました。」

「噛むとき痛くて、食事がつらいです。」

「口を開ける時も痛いです。」

 

30代女性。鳥取県からお越しくださいました。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

開けにくそうです。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

下腹部内部の緊張、関節円盤のズレ、ストレス性の緊張が何度も反応します。

腰仙関節、胸椎の調整、マスキングの解除。

 

緊張がきつく、ガムを噛んでいただく痛みの確認と再調整を複数回繰り返します。

「だんだん楽になってきました。でも、痛いです。」

初回施術後

噛んだ時の痛みは半分になりました。

痛みは残っていますが、チェック法の反応が出なくなったので終了。

 

(2回目 1週間後)

「開閉がスムーズに感じます。痛みは3日ほど良かったですがまた出てきました。」

2回施術前

2回目はストレス反応とマスキングが大量に出てきます。

解除していくと、

「ずいぶん楽になりました。噛むときの痛みは最初の10分の1くらいです。」

※術後の映像を撮り忘れました。 (^_^;)

 

(3回目 9日後)

「調子いいです。食事で右でも噛めます。」

「痛みは、前の術後の1レベルの痛みが残っていますが、今回は全然ぶり返しが無いです。」

3回目施術前

開口が楽になり、ぶり返しが無いので安定してきています。今回で終われるでしょう。

チェックすると、

マスキング2点解除。

カラダ内部の緊張が少し反応しましたが、ストレス系は少なかったです。

数回微調整とガムを噛む確認を繰り返して。

「 痛みが消えました。無いです。」

3回目施術後
喜んでいただけました。

 

今回、ストレスの影響が強かったですが、冷え障害の影響も強いケースでした。

半身浴などの習慣を継続すると、今の良い状態が続くと思います。

 

お客様の声もいただきました。

お客様の声 鳥取県K.I様

ありがとうございました。

アゴが鳴ってガクンとなる

「中学の頃から、アゴが鳴ってガクンとなります。」

「歯科治療中に口が閉じなくなることもあって。」

 

20代男性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

右アゴが強くゴリっと鳴っています。

アゴを閉める時、少し弾くようにガクンとなっています。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

マスキングがボロボロ出てきます。

マスキングに絡んでアゴの不調和、腰のアンバランス、腰椎のズレなどが反応。

それらを調整すると、

初回施術後

鳴りがかなり少なくなり、ほぼガクンという感じが無くなりました。

アゴや頭に力は一切加えていません。

 

「すげー。こんなに早う治るとは。」

 

よかった。喜んでいただけました。

「なら、..顔の歪みで気になってた箇所があるんですけど。」

鏡を見ていただきました。

「あれ?取れとる。」

 

どの箇所かわかりませんが、戻るべき箇所は一緒に変化していきます。

生まれつきの箇所は戻りませんよ。

 

脳が様々な事象を受けてカラダに緊張を加えます。

脳にとってインパクトのあった事象とリンクした緊張はマスキングと言う形で残りつづけることがあります。

それらが積もりすぎると自分の治癒力では戻せない歪みになるわけですね。

(あくまでも自律神経に着目した整体での施術概念です。)

 

今回は、顎関節の組織に摩耗や変形が少なかったのでしょう。

マスキングを解除することで満足していただけるところまで戻すことができました。