「 足首の痛み 」一覧

こんぴらさんで痛めた足の影響

「10年くらい前ですが、金毘羅さんで降りられないくらいに右足が痛くなったことがあって。」

「それ以来、長時間歩くと右膝に痛みが出るんです。」

 

「最近では、半年前くらいに旅行で3日間歩いてすごく痛くなりました。」

「その時は、右足首も痛くなって正座ができないくらいになりました。」

 

30代女性。

 

こんぴらさんは奥の院まで行かれたらしいです。

降りるときの方がダメージ受けやすいですよね。

 

動きの確認で、膝というよりは右スネの上部に痛み。

正座では右足首に痛み。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

【右スネ痛】

  • 下腹部内部の緊張との連動 50%
  • ストレス系緊張 10%
  • 左股関節からの影響 20%
  • 左太ももからの影響 15%

【右足首痛】

  • 下腹部内部の緊張との連動 20%
  • 左股関節からの影響 20%
  • 肩からの影響 20%
  • 鎖骨からの影響 15%

 

チェック法でサーチしていくと、『左の太もも』 が不調全体のキーとして反応します。

 

10年前のダメージがなぜいまだにかかわっているのか?

金毘羅さんで辛かった思いをした時に、緊張層のマスキング現象が発生しているからです。

 

マスキング現象により:

  • 当時の古い緊張が抜けにくい状態になる
  • 新たなダメージにも影響して抜けにくくなる

パフォーマンス的に余裕のない状態が続きやすくなるわけです。

 

左太ももに付帯するマスキング層とその奥の緊張を順序良く解放。

途中、鎖骨や肩、右スネの腓骨のズレとのリレーションが反応してきます。

 

動きの確認と調整を繰り返しながら、痛みが無くなったところで終了。

 

下腹部内部の緊張は、冷え(体内の温度差)による自律神経の乱れなので、冷え取りの最適値をお伝えしました。

 

(2回目 7日後)

「帰った日に色々な痛みが出てきて、3日くらいで引いていきました。」

 

動いていただくと、今日は右足首中心の痛みで、動かしにくい状態。

同様の施術で痛み無くなり終了。

 

(3回目 9日後)

「股関節内側に痛みが出て引いていきました。」

「正座の後足首が痛くて立つとバランスが取れないです。」

 

同様の施術で痛み無くなり終了。

 

(4回目 19日後)

「鎌倉に行ってきました!」

「江の島ですごい歩いて、次の日もたくさん歩きましたけど大丈夫でした。」

 

「階段では膝に痛みがでましたけど。」

「回復が早くて、前みたいに歩けなくなることはなかったです。」

「アップダウンもあったのに、だいぶ歩けるようになりました。」

 

まだ、古い緊張層が少し残っているのでしょう。

でも、余裕ができてきて、治癒力がうまく働き出しています。

 

施術時の動きの確認では痛みは無い状態でした。

順調です。

同様の施術で終了。

 

(5回目 一ヶ月後)

「調子よいです!」

「たまに膝の内側がピキッとなるくらいです。」

もう問題ないですね。

 

今回、マスキング層に隠れた緊張層がたくさんあったケースで、少し回数はかかりました。

冷え取りを継続しながら、1カ月半とか2ヶ月とか時々リセットをするだけで、さらに余裕ができてくると思います。


くるぶしの痛み

「右足全体の痛みで、特にくるぶしが叩かれているような痛みです。」

「じっとしていても痛い。」

「腰も全体が辛く、座っている時や立っている時が痛いです。」

「腰は8ヶ月前、足は5ヶ月前くらいからです。」

 

30代男性。

 

腰は座ってすぐ痛みが出る。前屈で特につらい。

足はじっとしていても痛いとは、

今も痛いんですか?

「はい。」

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の手技を入れていきます。

冷えからの内部の緊張が反応。

マスキングを解除しながら、相対解除の手法で内部の緊張との連動開放を行っていきます。

腰も足も内部の緊張の影響が反応しています。

チェック法が反応しなくなるまで解除を繰り返して、起きていただいて確認。

 

前屈、

「さっきより楽です。取れています。」

「足の痛みは無いです。消えています。」

 

色々な動きをしてみてください。

「大丈夫です。」

 

不快な感じが無い状態ですか?

「はい。大丈夫です。」

 

よかった。

来られた時の状態を考えれば、意外と簡単に痛みが消えました。

 

20分くらい説明をして、念のために再度動いていただきます。

「大丈夫です。痛くないです。」

 

整体での冷えという考え方は、体内の温度差によって自律神経が乱れて緊張がカラダに入ることです。

カラダ内部に緊張が溜まる傾向があって、その緊張は様々な箇所に連動し、連動した箇所が緊張して痛む場合があります。

 

叩かれるような痛みは初めてですが、

なかなか引かない痛みのほとんどに、冷えの影響はかかわっていることが多いです。


足首の激痛!動く痛み

「日曜日の朝、左足アキレス腱に激痛が出て歩けなくなりました。」

「なんとか仕事に出たら痛みが消えて、でも、座って立つと痛みが出ます。」

 

30代女性。

足首をサポーターで固定してご来院。

 

痛みの出方が不安定で、医療で問題なければストレスか冷えの関与が予測できます。

「足首に出る直前は左肩が異常に痛かったんです。」

痛みが移っている。

良くあるパターンです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

ストレス系の緊張層が反応します。

現在進行形の事象で起きている感じです。

 

痛みとの関連を解除して確認しようとすると、

「今、薬指の付け根が痛くなってきました。」

 

解除して確認...

「薬指全体が痛いです。」

 

解除して確認...

「こんどは左腕全体が痛くなってきました。」

 

ストレスによって自律神経が乱れて痛みが起こる。

現在進行形のストレスなので解除してもすぐ違う箇所に緊張を入れてくる。

このままでは追いかけごっこになってしまいます。

 

ストレスが反応するのですけど何か心当たりはありませんか?

「人間関係です。職場の。」

「〇〇のことで××...。」

 

整体チェック法が反応してきました。

反応を解除すると腕の痛みが消えて他に痛みが移りませんでした。

立っていただいて確認。

 

「あ~ 楽。楽です。」

「足首も大丈夫。」

 

現在進行形のストレス要因の場合、すぐに再発もありえます。

残った時間は基本手技をかけながら経過観察。

とりあえず、すぐの再発はなさそうなので施術終了。

 

強い怒りや責任感などから自律神経が乱れて起きる不調。

自律神経に着目した整体では、相対解除の手法で痛みとの関連を解いていきます。

 

現在進行形の場合、ストレスの元を直接とらえて技をかけることができれば、一旦治まる場合があります。

(※ストレスの内容によっては変化しない場合もあります。)

 

ストレスの影響って、強く出るとやっかいですね。

私も、プラス思考と、自律神経を整える半身浴などの習慣を続けて、予防に最善を尽くしておこうと思います。


客室乗務員さんの肩、腰の辛さ

あれ?東京から。

「仕事で来てて、今日は泊りなんです。」

 

ん? 客室乗務員。

なるほど、岡山空港があるからですね。

駅から40分かかる南端の当院を選んでいただけて嬉しいです。

 

 

「両肩が重い。腰は常に痛くて重い状態です。ずっとなんです。」

「あと、左足首が夜になると痛むんです。」

 

20代女性。

 

動きの確認で、

挙上では右腕の痛みが強まる。

頭を動かすと後ろで肩首が痛い。

後ろに反ると腰部背骨ラインに痛みが走る。

かかとを浮かしていただくと左足首に違和感。

 

激務なのでしょう、お辛さが溜まっている感じです。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

恥骨、尾てい骨、骨盤周りのズレと緊張が目立ちます。

左足首は右の股関節のズレが反応。

マスキングに合わせてそれらの解除と冷えによる下腹部の緊張消去を繰り返します。

ストレス系の緊張も随所に出てきます。

 

解除して確認。

 

「腕の痛み無いです。肩も楽。首の下に少し残っています。」

「腰はまだ痛いですね。」

「足首は違和感ないです。大丈夫な感じです。」

 

再調整で、マスキングが出てきました。

解除して確認。

 

「腰、取れました!」

「肩も楽になりました。楽!ちょっと重いくらいかなあ。」

楽で重い?元の重さって...。

 

再調整で、

「楽!軽い。楽になりました。」

 

重さちゃんと取れていますか?

「え... 肩って完全に軽くなることってあるんですか?」

変化した量が既に満足の域に達しているのでしょう。

 

遠慮はいりませんよ。

「肩首の両サイドが重い。」

 

やっと普通の肩こりレベルになってきたのかな?

再調整で、マスキングが反応、再度冷えによる緊張層が反応してきました。

これが根底の緊張か?解除して確認。

 

「うわ!取れました。すごい!違和感なしです。」

 

よかった。

何年ぶりかに本来の状態を体感していただけたのではないでしょうか。

 

今回、複雑なズレや緊張バランスから足首や背骨、腰、肩に不調が出ていましたが、

根底にあるのは冷え障害で、その対策さえすれば今回のような蓄積になることはないでしょう。

 

冷え取りなど習慣改善の説明をして終了しました。

 

「2ヶ月間隔で岡山のステイがあるんですよ。」

お待ちしております。

 


アキレス腱の痛み

「うちの孫が足が痛いって、どこに行っても良くならん言うんですけど、そんなんも治せます?」

常連様のご紹介。

冬休みの帰省で、小学2年の男の子がお母様とご来院。

 

「夏前から、バスケを1時間やったり、マラソンを1km走ったりしたら、左足のアキレス腱が痛くなるんです。」

「最初の整形ではアキレス腱炎と言われて治療を受けましたけど、良くならないのでスポーツで有名な病院に変えました。」

「そこではシンスプリントと言われて、週2回のリハビリに通っているんですが、...」

 

病院できっちり検査して原因がはっきりせずお辛さが変化しない場合、整体の範疇で不調和が起きていることがほとんどです。

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

カラダの緊張バランスが悪いので調和。

下腹部内部の強い緊張との連動を消去。

恥骨結合のズレがあったので調和。

 

確認で1km走っていただくわけにはいかないですね。

「家でやるリハビリのマッサージで痛がるんです。」

お母様に確認してもらいました。

「アキレス腱は痛くない」「かかとがまだ痛い」

 

再調整と確認を何度か繰り返して、

「痛くなくなった。」

 

「病院から縄跳びを止められているのですけど、こっちにいる間に確認でさせてみてもいいですか?」

チェック法にかけるとOKと反応したので、確認していただくことにしました。

 

(2回目 9日後)

縄跳びどうでしたか?

「今日は30分した。痛くなかった。」

 

「6日前に一度だけ左アキレス腱に少し痛みが出たらしいですが、それ以外は出ていないみたいです。」

よかった。

今日の状態をチェック法でチェックしていくと、左足首の反応と太ももの緊張反応くらいで、反応的にも問題なさそうです。

 

縄跳びは30分連続?

「引っかかるとき以外はやめない。」

すごい。

走る確認はしてないけど、縄跳びした感じで大丈夫な感じですか?

「うん。前とぜんぜん違う。だいじょうぶ。」

 

よかった。常連様に面目立ちました。

 

 


どんどん伸びてるから

一年前、野球の練習の最中に左足首に痛みを感じた。

それ以来、痛みは増して、走るとき、歩くとき、目が覚めたときに痛む。

紹介でご来院。中学生の男の子。

 

動作確認の後、うつ伏せになっていただいた。

しばらくすると、その状態で、足首に動作確認より強く痛みが出てきた。

体勢が変わって強まるのは、骨のズレの可能性が高いです。

チェックしながら、仙骨、背骨の上部、首の骨、左股関節を調整。

そして、足首付近のストレス反応を消去すると反応が止まった。

 

 「歩いてみてください」

「痛いです。」

 あれ??

もう一度確認すると、別角度でストレス反応が出ています。

すぐ、それを取り除き、歩いていただくと。

「痛くないです。」

ピッチングやバッティングのフォームをしていただいて、その後、院内を腿を上げてジョギングの様に動いていただいた。

「なんともないです。」

 

主訴は骨のズレ(不調和)ですが、長い間我慢しているなかで、複雑なストレス系の引き合いが生まれていました。

今回の流れから、筋骨格系をすべて調整しても、ストレス系の障害が残っていたら、結果が変わらない場合があることがわかります。

 

お母さまが、

「今、どんどん伸びているから、成長痛なのかと思っていました。」

いえいえ。

しかし、中学生で、184cmに高さを調整しているカーテンレールを、かがみながらよけて歩いたり走ったりされている。

将来、日本選手が、スポーツ界でさらなる活躍をするかもしれないですね。


調整

「腰も良いです。そして、アゴも。でも、今日は、ちょっと前から足首と膝裏の痛みがあるんです。」

「階段を下りるときに膝裏が痛くて、歩く時が、足首が痛いんです。」

「日課のウォーキングもやめてるんです。」

 

60代女性。常連様で、メンテナンス間隔でご利用いただいていますが、お仕事の関係で、時々痛みをかかえられます。

ズレから起きるよくあるケースですが、三軸とバランスチェックの精度を高めるために、あえて、以前行っていた転移修正法を使わずに効果を確認していきます。

 

骨盤調整の後、脛骨と腓骨、距骨と舟状骨、ふくらはぎの筋肉に技を入れると反応が消えた。

他部位からの影響ではなくて、その場で発生している、簡単なズレみたいです。

  「歩いてみてください。」

「ん?大丈夫です。」

院の階段も降りていただきました。

「いい感じです。痛くないです。」

 

以前、使っていた手技では、アバウトな部分が多かったし、圧痛点の確認とかしていると曖昧な部分があり、時間もかかりました。

辛さと、ズレや緊張の関係。

これからも、カラダの連動体系を追求して、技の精度とスピードを向上していきますよ。