「 営業 」一覧

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます 2017

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

 

2016年は、習慣改善に真剣に取り組んでいただけるお客様が増えました。

伝える技術をさらに高めていきたいと思います。

 

今年も皆様方の健康維持のお手伝いができるよう努力してまいります。

本年もよろしくお願い申し上げます。


京都開業時代のお客様

京都で開業していた頃、1年間通ってくださっていたS様が施術を受けに来てくださいました。

8年ぶりです。

 

当時とは施術のアプローチが大きく変わっています。

お身体の状態を整体チェック法で確認しながら技をかけ、変化を確認していく。

ストレス系と、冷えからの緊張も強い不定愁訴を持つ方の平均的な緊張リレーションでした。

 

基本手技だけでアプローチしていた当時のS様の改善経過を思い出してみると。

回数はかかれど、基本手技の仙椎調整の技術は、要因を網羅できるすぐれた技術だったのだなあと感じた。

 

お会いできて本当に嬉しいです。

ありがとうございました。


謹んで年頭のご挨拶を申し上げます 2016

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

 

2015年は、課題に感じていたことの大きな変化を確認できて、さらなる進化を実感できた年になりました。

 

今年も皆様方の健康維持のお手伝いができるよう努力してまいります。

本年もよろしくお願い申し上げます。


謹んで年頭のご挨拶を申し上げます 2015

 

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

 

2009年より開発着手した、【整体チェック法】を使って要因にアプローチする施術。

施術体系が一定のレベルに達して4年ほど経ちますが、未だに細部での進化が起きております。

 

2014年は、

  • ストレス系緊張解除の精度向上
  • 施術体系の改善で深部アプローチ力の向上

が目立った進化です。

 

2015年目標としては、

  • 施術のスピードアップ
  • 説明力向上

 

毎年、この2点が目標になっている感があります。

年々、向上していますが、人体という小宇宙、整体チェック法の精度が上がる度に新たな発見があって、チェックの数が増えたり精査したりを繰り返しています。

  • 施術体系のさらなる精査
  • なぜ変化したか?安定には何が必要か?の説明をもっとわかりやすく

 

技の進化はお客様のおかげです。

今年も皆様方の健康維持のお手伝いができるよう努力してまいります。

今年もよろしくお願い申し上げます。


5日の営業

今日は家内とミッションインポシブルをみてきました。

映画館は久しぶりです。

面白かったですよ。

 

5日の営業は急な方だけ受け付けることにしていましたが、問い合わせが多いので通常営業とします。

今、夜が空いています。


2012

皆様、今年もよろしくお願いいたします。

一年が過ぎるのが年々早くなっている気がしています。

 

昨年の目標

1.昨年度練り上げた整体技術のスピードアップ化
2.整体本来の価値を知っていただく取り組み

 

と、一年前に書きました。

 

整体チェック法で不調の要因を特定、要因箇所に直接技をかけておカラダを変化させる手法。

2009年に着手、2010年に完成し、2011年は完成度の確認とスピードアップを図ってきました。

スピードアップしましたよ。

そして、新規様には基本手技(関節などをゆらゆら揺らす手技)を入れない形で経過を診てきましたが、基本手技より確実で効果的なことがわかりました。

 

2番目の整体本来の価値を知っていただく取り組み。

ちょっとぼやけた表現になっていました。

自律神経に着目した整体は ”究極の健康法” と言えると感じています。

 

人の体は自律神経で管理されています。しかし、自律神経はストレスや冷えなどで乱れて内臓系や筋肉に緊張を入れてくるわけですね。

「病院で異常ないのに辛い」これは、ほとんどのケースで自律神経の乱れで起きています。

整体チェック法をつかえば、カラダ表面だけでなく内部の緊張箇所がわかるので、そこに技を入れることで検査で出ない不調の解決につながりやすいわけです。

 

昨年は、お辛さが改善された後の継続来院が増えてきました。

ストレス社会の中、”生活を快適にする” ”カラダのパフォーマンスを上げる” ための健康法の一つとして整体を理解してくださっている方が増えてきたと感じています。

 

2012年の目標

”価値を伝える技術を磨く”

 

これ一本を意識して、大目標(オープンにしていません)につなげていきたいと思います。

今年も良いご縁がありますように。


FB-C80 業務用としては改悪?

「どこに行っても良くならない」

そう言われる方は、習慣の中に何か問題があるケースが多いと感じています。

その中の一つが ”冷えの障害”。

自律神経が緊張したままになるので、良い施術であってもカラダが受け付けなくなる場合があります。

院での足湯が、習慣の改善のきっかけになればという想いで、サービスで始めて3年が経とうとしています。

ペアのお客様が重なることもあり、4台では回しにくいのでもう一台購入。

いままで使っていた、FB-C70という旧機種に変わりFB-C80という機種になります。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これに問題が!

1時間が経つと38℃設定にかってに戻ってしまうのです。

旧のFB-C70は設定温度のままずっとキープしていましたから、お客様のご要望温度がある場合は、早くからその温度に設定して待機したりしていたわけです。

38℃まで下がっていると42℃まで上げるのに15分はかかるでしょうね。

個人使用であれば、時間がかかっても38℃から徐々にカラダを温めることにメリットがあるかもしれませんが、お客様のご要望温度ですぐお出しする業務用途としてはFB-C80は使えないわけです。

買ってしまったものは仕方がないので、使うタイミングで温度を気にする形でしばらく運用してみます。それとも、我が家の家庭用にするか?

 

(注意:当院では足湯器購入の斡旋や販売はしておりません)


ご迷惑おかけしております

サイト移転で旧ブログから新ブログに飛ぶ設定にしております。

ブックマークで来られた方は、このぺージに変更お願いします。

検索エンジン経由の方は、右側のカテゴリーからお辛さのカテゴリーをクリックしてください。


想定外

バン!という大きな音で目が覚めました。

看板

台風の風で看板がひっくり返り、抑えていたブロックが舞って看板の上に落ちた音でした。

また、看板に傷がついてしまいました。

昨年、同じことがあったので、次を想定してテグスで飛ばないようにしていたのですが、甘かったみたいです。

釣り用のテグスなので簡単に切れていました。

看板がなければただの家なので、

 対策

風が吹く中、直ちに補修。

ブロックも看板と離れないように紐で固定したし、塀とも太い紐で固定しました。

強い風を感じながらの補修なので、これで大丈夫だと思います。

 

今日は今のところキャンセルがなく、逆にお二人のご予約をいただきありがたいと思います。

しかし、くれぐれも安全第一でご判断くださいね。


今年一番

今年一番の冷え込みですか?

つらら

昨晩、最後のお客様の足湯器を洗った後、

「水を入れるのは明日でいいや」と放置していたら、

つららができていました。

少し水が漏れていたのですね。ホースの中も凍っていました。

 

お客様。道路の凍結に気を付けてくださいね。