「 不定愁訴系 」一覧

右肩の手術入院から退院したら不定愁訴や痛みがでてきた

「あの時以来、調子が悪くて...。」

よく伺うお言葉です。

医療的には完治しているのに、調子は以前と全く違ってしまった。

しかし、このような不調も、自律神経の乱れが関わる緊張の蓄積現象に着目すると改善のきっかけがつかめることがあります。

右肩の手術以来の、食欲減退・めまい・右肩の強いこり・指のしびれ・後頭部痛で悩む 70代女性

「手術入院から退院したとたん血圧がすごい上がって、それ以来、自律神経失調症みたいになって。」

「右指がしびれて、右肩がすごいこる。」

「食欲がなく食べても美味しゅうない。」

「体操みたいに動くとめまいも起きます。」

 

ご近所の70代女性。

 

手術は7ヶ月前。ベッドから落ちて右肩の脱臼と骨折で手術入院。

退院後、食欲がなく体重が4kg減ったそうです。

動いていただくと、右肩首の痛みで右腕が上げにくい、頭を動かすと首の後ろと右側面に痛み。

整体要因リレーション

(右の首肩痛)

  • 冷えからの内部の緊張との連動 40%
  • ストレスの影響 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • 肩全体の緊張との連動 15%

(指のしびれ)

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • ストレスの影響 30%
  • 脚部の緊張との連動 40%
  • 胸の緊張との連動 20%

マスキング層として

  • ベッドから落下した時のマスキング層
  • 今回の骨折に伴う手術に対してのマスキング層

が反応。

施術経過

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

マスキング層の反応を確認し、それに紐付く緊張を開放していきます。

元々美容師をされていたので脚部に蓄積した古い緊張が反応することと、冷え(温度差による自律神経の乱れ)によるカラダ内部の緊張との連動が目立ちました。

 

中間確認。

挙上と頭を動かして、

「あれ?痛くない。肩と首痛くない。」

「受けてたら身体がだんだん熱くなってきたんですよ。」

「指はまだしびれています。」

 

緊張が緩んで減るに比例して代謝が良くなりカラダが温かくなったりします。

再調整で、

「目がよく見えます。まゆの痛みもない。」

「指がジンジンするのが無くなりました。」

 

最終、指は違和感残り、肩首は右首に少し残る状態で終了。

 

内部の緊張は冷え(体内の温度差)がかかわって蓄積していたので、冷え取りの最適値をお伝えして終了しました。

2回目の施術(9日後)

「指のしびれは戻ってきました。でも、良い時もあります。」

「めまいは無くなりました。」

「首は右側につる感じが残っていて、肩コリも少し出てきました。」

「食事は前より美味しいと感じるようになりました。食べて美味しい。」

 

同様の施術で、お辛さ無くなり終了。

一ヶ月後のお電話

「食欲が戻って、食事が美味しい。」

「調子が良いんで、様子を見てみます。」

2週間後 ご近所の集まりで

「体重が元に戻って調子良いんよ。」

とのことで、元の元気な状態に戻っていたことを妻から聞きました。

ベッドから落ちた時にカラダにかかった広い緊張層が滞りを生んでいた

傷や骨折は完治していても前の状態に戻らないどころか、新たに不調が付きまとうようになった。

こういうことはよくあります。

事故後に何ともなかったのにしばらくして首が痛くなるような現象と同様と施術を通じて感じています。

これは、カラダにショックが加わった時に、広い範囲で緊張がカラダにかかること(マスキング現象)で治癒力に滞りが起きて発生していることが多いのです。

つまり、マスキング現象が、その奥にある緊張の蓄積の自然な開放を妨げているのです。

下記、不調の発生メカニズムと合わせてご参照ください。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種類や入れ...

今回、整体チェック法を使ってマスキング層を捉え、奥の緊張を順序良く紐解くことでその場でどんどん辛さが変化していきました。

整体所感

今回、マスキング現象が緊張の開放の妨げになっていましたが、元々の蓄積がなぜ起きていたかということを知っておくことが大切です。

温度差によって自律神経が乱れてカラダに緊張がかかります。

今回、主には、この温度差による緊張の蓄積が不調に大きくかかわっていました。

過去からの蓄積なので、普段の習慣改善で防げていたら、同じようなことが起きても今回のような不定愁訴や痛みにはなっていなかったと考えられます。

 

他に気を付けることとして。

医療的に完治している状態なのに不調が出てくると、辛い箇所に物理的に刺激を入れたくなってきますが、これはかえって緊張の蓄積を複雑化させてしまう場合があります。

脳が理由があって入れている緊張に対して、物理的な刺激でそれを直接的に開放させるということは理屈の上で無理があります。


最近加わった左首痛とみぞおちの鈍痛。食欲もありません

病院で検査しても異状がない慢性痛は自律神経の乱れがかかわる緊張の蓄積が主要因であることがほとんどです。

緊張の蓄積が増え、広範囲になると不定愁訴的な不調として現れることがあります。

慢性の右首痛に左首痛が加わった。みぞおちの鈍痛と食欲のなさもあります 30代男性

「2年くらい慢性の右首痛が続いていて病院にもかかっていました。」

「今回は左首にも出て、病院で異状なく来ました。」

「みぞおちの鈍痛と食欲のなさもあります。」

 

30代男性。

 

上を向くと左首に痛み、頭を左に倒すと左首と右首に痛み、頭を右に倒すと左首に痛みが出ます。

整体要因リレーション

整体チェック法で要因リレーションの確認。

(首痛)

  • 内部の緊張との連動 30%
  • ストレスの影響 15%
  • 股関節と太ももの緊張との連動 55%

(みぞおち痛)

  • 内部の緊張との連動 30%
  • ストレスの影響 15%
  • 股関節の緊張との連動 20%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 骨格的影響 10%

内部の緊張の蓄積は、冷えによる自律神経の乱れが反応しています。

施術経過

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

連動を解いていくと、ストレス系の広い緊張層が反応してきて開放。

次に、マスキングがヒアリングで伺っていた7年前の事故の事象で反応してきました。

紐付く緊張を解放して中間確認。

 

「みぞおちだいぶ楽です。」

「ああ、首だいぶ取れてきています。が、頭左右でまだ痛みは残っています。」

 

再調整で、

「ああ、楽です。痛みないです。」

2回目の施術(6日後)

「左首の痛み治まっています。」

「みぞおちも大丈夫で食欲も出てきました。」

 

よかったです。

動いていただくと、元々の右首の痛みが出ている状態。

同様の施術で痛みなく終了できました。

事故のマスキングが緊張の開放を妨げていた

整体的不調は、カラダに付帯する緊張の蓄積が許容範囲を超えることで起きます。

冷え(体内の温度差)やストレスで自律神経が乱れると蓄積にかかわる緊張が発生しやすい。

それら蓄積の自然な開放を妨げている要素として、マスキング現象というのがあります。

事故などショックが加わったときに、全身に緊張が覆い、その緊張がいつまでもカラダに残るために蓄積の自然な開放を妨げてしまうのです。

事故後の検査で異状なくてもムチウチのような辛さが出てくる現象には、このマスキング現象がかかわっていることがほとんどで、紐付く緊張を順序良く開放していくとその場で変化が起きます。

整体所感

負荷による疲労や組織的に傷めた状態というのは時間が解決してくれますが、いつまでも続く不調は自律神経の乱れと緊張の蓄積がかかわっています。

したがって、普段のメンテナンスについては、半身浴などで温度差をリセットする習慣などが効果的です。

  • 冷たいものを食べたり飲んだり
  • シャワーだけで湯船につからない
  • 靴下を履かない

これらにも気を付けて、半身浴などを毎日の習慣にしておくと自律神経が安定しやすく、良い状態が長続きするようになります。


自律神経が特に乱れやすい時期に突入

気温が上がったり下がったり、冷たいものを飲む機会が増えたり、自律神経が温度差によって乱れやすい時期です。

これは整体的不調の要因になりやすく、9月ごろに起きる夏バテという現象にも大いにかかわっています。

自律神経が乱れて発生する緊張がカラダ内部で蓄積現象を起こし、蓄積が徐々に増えると筋膜などを通じて連動現象を起こして様々な部位に不調として出る訳です。

今回、9ヶ月前にご来院いただけた『ふらついて真っ直ぐ歩けない 40代女性』が、メンテナンスでご来院。

3ヶ月間隔が開いても調子よかったです

6回の施術で仕事復帰できて、その後1ヶ月や1ヶ月半間隔でメンテナンス。

12回目の今回は3ヶ月開いて調子が良い状態でした。

「友達から本当に元気になったねって言われます。」

「でも、これからの季節が不安で...。」

調子は良いけど念のためにリセットという感じでした。

9ヶ月前の状態

詳細はブログをご参照ください。

ふらつきで真っ直ぐ歩けない
「一ヶ月前から、ふらついて真っ直ぐ歩けない状態になりました。」 「日を浴びてもフラフラしたり、夜暗いところ歩くと平衡感覚がよくわからな...

初回施術前だけ動画を貼っておきます。

温度差による自律神経の乱れは暑い時期に起きやすい

冷え性とは違う現象で、温度差なので男性にも大いにかかわっています。

温度差なので、冷たいものを飲んだり、シャワーだけで済ませたりなどで、自律神経の乱れからの緊張はカラダ内部に蓄積するのですが、気づかないうちに進行していて、不調が出るレベルに溜まってしまうことがあるので注意が必要です。


小1からの頭痛・中2からのめまい・1年前から顎関節症

顎関節症、めまい、頭痛など複合的に不定愁訴も絡んでお辛さが出ているケースは良くあります。

それらは、いづれもカラダ全体に蓄積した緊張層からの複雑な連動により起きているもので、「顎関節症だからめまいがでている。」みたいな単純な因果関係では無いことを施術を通じて感じるところです。

毎日の頭痛とめまいで学校を休むことも 19歳女性

「頭痛が小学1年からほぼ毎日出ています。」

「何度か頭痛で入院もしたことありますが、MRIなど検査で異常がでないんです。」

「めまいは中二くらいから出るようになって、朝が多くて、立っているのが辛くなります。」

「顎関節症は一年前からで、両アゴの痛みと口の開きにくさがあります。」

 

19歳女性。

学校を早退して、お客様であるお母様とご来院。

 

頭痛は痛みの位置が移動するらしく、今日は目の奥に出ています。

めまいも今出ている状態。

アゴは顎関節に痛み、開きにくさもあります。(開口動画の公開許可いただきましたので下方に張り付けています)

肩こりは両肩に出ています。

改善経過

初回施術

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

反応してくる緊張層を順序良く相対解除の間接手法で解放していきます。

 

意外と緊張の量は少ないです。

確認で、

「めまいが楽になっています。」

「目の奥すっきりしています。」

「アゴの痛み無い。」

「めっちゃ軽いです。」

お辛さ無くなり終了。

2回目 一週間後

「なんか?頭痛が出ていないんです!」

めまいも無いんです。」

「頭が違和感もなくてすっきりしています。」

アゴは2日後に痛みが出てきて、肩こりも出てきました。」

「でも、肩こりは引いていきました。」

 

動きの確認で首にコリがでていましたが、同様の施術でアゴも首も楽になり終了。

開口の変化を動画にまとめました。↓

施術ポイント

整体チェック法で要因リレーションの確認=技をかけたポイント

(頭痛)

  • ストレスがかかわる緊張 60%
  • 肩甲骨の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%

(めまい)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスがかかわる緊張 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • 肩の緊張との連動 15%

(アゴの痛み)

  • 全身に渡る緊張との連動 100%

整体所感

ご来院前の発生頻度から考えると、頭痛とめまいについてはこの施術で区切りになる可能性があると感じています。

今回の頭痛のように痛みの位置が良く移動する現象は、ストレスがかかわっている方によく見られます。

小学生からほぼ毎日発症していて、施術後、普段通りの環境に戻っても次のご来院までの一週間頭痛が全く出なかったということは、蓄積の古い緊張層とのかかわりが深かったのかもしれません。

施術経緯から、ベースとしては冷え(温度差による自律神経も乱れ)による緊張の蓄積が多く、これがカラダの余裕を無くしていたと思われ、根本対策のポイントになります。

顎関節症は3週間後くらいにもう一度施術が必要ですが、

根本対策として、冷え(温度差)対策などを習慣にしておくと、めまいも頭痛も顎関節症も繰り返しにくくなるでしょう。

冷え取りは個人毎の最適条件がありますから、それに気を付けることも大切です。

追記:2017/06/24

本日、息子さんの不調でお母様とご来院。

お母様が、「娘はあれから本当になんとも無くなったんですよ。」

頭痛もめまいもまだ出ていないみたいです。

よかったです。


風邪様な症状が2週間以上続く

お客様であるお母様からのお電話で、

「子供が頭痛と吐き気と喉の痛みで...。」

「2週間以上続いていてストレスが原因だと思うんです。」

 

この様な症状で整体を思い浮かべてくださる方は少ないと思います。

お母様のご紹介。10代女性。

 

きっかけは風邪だったらしいです。

しかし、お医者様にもかかり、本来治ってもいい時期になっても治らない。そして、痛み止めなど薬も効かないことからお母様がストレスではないかと判断された。

 

どこまで変化するでしょうか。

整体チェック法で整体要因リレーションのチェック:

(頭痛)

  • ストレスが直にかかる影響 60%
  • 肩首の緊張との連動 40%

(吐き気)

  • ストレスが直にかかる影響 50%
  • 内部の緊張との連動 20%
  • 全身にわたる緊張との連動 20%

(喉の痛み)

  • ストレスが直にかかる影響 50%
  • 脚部の緊張との連動 30%
  • 肩の緊張との連動 20%

ご自覚されているストレスは、一ヶ月ほど前にあったらしいです。

 

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法を使って、緊張の蓄積や連動現象を解放して行きます。

 

ストレスマスキングが反応してきます。

内容は、ヒアリングで教えていただいていた一ヶ月前の内容で反応します。

 

マスキングを軸に紐付く緊張を解放させて確認。

 

「頭痛は減ってきました。」

唾を飲んでみていただいて、

「喉も最初より減っています。」

「吐き気は変わっていない。」

 

再調整します。

まだマスキングが反応してストレス系の緊張がたくさん反応してきます。

しかし、確認のたびにお辛さは減っていきました。

 

最終、頭痛は完全に消えて、喉と胸の気持ち悪さはだいたい抜けた状態で終了。

技を入れた箇所の説明と冷え取りの個人毎の最適値をお伝えしました。

 

(2回目 2日後)

「だいぶ治りました。ありがとうございます。」

よかった。

頭痛は消えていますか?

「3レベルの出方です。」

吐き気は?

「6レベルです。」

喉の痛みは?

「6レベルです。」

 

まだお辛さが残った状態で喜んでいただけている。最初の辛さがそうとうだったのでしょう。

 

同様の施術で、今回は喉の痛みが少し残って終了。

 

(3回目 一週間後)

「頭痛は出なくなりました。」

「喉も痛くないです。」

「吐き気は2レベルの出方ででています。」

よかった。順調に減っています。

 

同様の施術でお辛さ無い状態で終了。

この後は間隔を開けていけると思います。

 

【風邪様な症状が続いてしまうケース】

声楽の先生の施術で喉の風邪様な症状を訴えられることが良くあります。

風邪ではないのでその場で取れていくことが多いです。

 

それらの経験などから、

  • 普段よく使っている箇所
  • なにかきっかけがあった箇所

などに緊張がかかわりやすい傾向があると感じています。

 

緊張とは、ストレスなどで自律神経が乱れてカラダに入る緊張のことです。

カラダ側から考えればどこにかけてもよいところを上記がかけるきっかけになっているのだろうと施術から感じます。

 

今回のケースは、実際に風邪になってそれがきっかけになっていた。

風邪は治っているけど、入ってくる緊張の蓄積がその症状に連動してしまって、いつまでも風邪の症状だけが続いてしまった。

 

つまり、実際の要因は一ヶ月前にあった大きなストレスということになります。

その解決次第ではまたカラダに緊張が溜まってくる場合がありますから、ストレス自体への対策も大切になってくると思われます。

 

2017/9/9追記

3回目の施術から6ヶ月後にお母さまがご来院。

娘さんは今も調子良いことを伺えました。


足裏が焼けるように熱い眠れない

「足裏や足がジンジン焼けるように熱い。そして、眠れないんです。」

 

60代女性。

一年前に娘さんのご紹介でぎっくり腰を3回施術。

久しぶりのご来院です。

 

他にも肩首のきついコリ。

病院では、今回の不調箇所以外の部位に疾患の疑いがかけられている状態でその影響もあるかもしれません。

 

どこまで変化するでしょうか。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

冷え、ストレス、マスキング現象のよくあるケース。

相対解除の間接手法で蓄積する緊張を解放させて、肩首の辛さ無くなり終了。

 

(その後、平均間隔10日で5回ご来院)

 

【肩首のきついコリ】の経過。

経過相応で、6回目の術前の確認で、コリの出ている範囲は少なく緩くなっていました。

 

【足の焼けるような辛さ・眠れない】の経過

2回目ヒアリングでは、「3日ほど焼ける感じはなかった。」

3回目ヒアリングでは、「一週間は良かった。」

4回目ヒアリングでは、「昨日から出始めた。」

5回目ヒアリングでは、「術後に出た日があったけどその後はなんともない。」

6回目ヒアリングでは、「2日前に出てきた。」

 

ご来院前は毎日だった辛さが、良い日が続くように変わっている。

自律神経の乱れからくる緊張の蓄積がかかわっていることは間違いないです。

 

しかし、初期の頃の辛さではないですが、まだ出てきます。

ご自宅での冷え取りが、お時間が無く不十分なことと、疑いがあった疾患が手術の必要があることが確定して、もしかしたらその影響も考えられること。

 

手術をまじかに控え、不安だと思います。

手術うまくいきますように。


お腹の張りがきつい!座ると腰に痛みも

「一ヶ月前くらいから、お腹の張りがあり、それに伴って腰痛や背中の痛みが出てきました。」

「今まで履いていたゆるいゴムのスカートなどもきつくなり痛いです。」

「内科を受診したら便秘薬が出たのですが、元々、便秘と言うほどの状態ではないんです。」

 

20代女性。

今回は1年ぶりで、時々不調が溜まった時にご来院いただけています。

 

座るとお腹の張りと腰の痛みが出る。

動きの確認では、肩こりが少し。

 

整体チェック法で整体要因のかかわりを確認します。

(お腹の張り)

  • 内部の緊張からの影響 100%

(座位での腰痛)

  • 内部の緊張からの影響 70%
  • 股関節の緊張からの影響 15%
  • 太ももの緊張からの影響 15%

 

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法で内部の緊張や部位間の連動を解放していきます。

内部の緊張は、冷え(体内の温度差)によって自律神経が乱れて蓄積している緊張みたいです。

 

最初の確認で、

座っていただきます。

 

「お腹の張りが減っています!」

「まだ少し残っていますけど。」

「腰の痛みはそんなに感じないです。」

 

再調整で確認。

 

「お腹の張りがなくなりました。」

 

完全に取れていますか?

「取れています。」

「腰もお腹も大丈夫です。」

 

よかった。

整体の範疇の要因で起きていた不調でした。

 

冷え取りの個人毎の最適値をお伝えして終了。

 

(2週間後 メールでご連絡)

再発がない事をメールで確認できました。

 

 

【お腹の張りは意外と整体的要因だった】

  • 冷え(体内の温度差)
  • ストレス

によって自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると、カラダの様々な箇所に神経を通じて緊張を入れてきます。

 

緊張が蓄積してくると、緊張が高まり、痛みなどを感じるようになります。

今回は、それがお腹周りと腰に影響していたわけです。

 

自律神経系の技で緊張を一つ一つ解放していくとその場で変化していきました。

結果が出せてよかったです。


ふらつきで真っ直ぐ歩けない

「一ヶ月前から、ふらついて真っ直ぐ歩けない状態になりました。」

「日を浴びてもフラフラしたり、夜暗いところ歩くと平衡感覚がよくわからない、壁をつたっても怖い感じ。」

「朝、起きた時、流れるような目眩が時々あります。」

 

医療機関で異常無くご来院。
40代女性。

 

ふらつきが伴うので、左方向に引き寄せられて真っ直ぐに歩きにくい。

立ちっぱなしが長くなってもふらつきが出てくる。カラダは左に傾き、右肩は常にこっている。


(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)上に動画枠が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

上の動画枠(https://www.youtube.com/watch?v=71xm7MU0ODU)は、職場復帰されるまでの7回の施術の経緯をまとめています。

 

整体チェック法で確認した整体要因リレーション:

(ふらつき)

  • ストレス系緊張の蓄積 30%
  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • 頭部左側面の緊張の影響 30%
  • 右太ももの緊張からの影響 20%

(右肩コリ)

  • ストレス系緊張の蓄積 20%
  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • 頭部の緊張の影響 20%
  • 左太ももの緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%

 

これらに対して、整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法を用いて、内部の緊張やストレス系の緊張層、部位間の連動を解放していきました。

ストレス系の解放では、

  1. 昨年のショックな出来事
  2. 15年間にわたるストレス事象

この2点が大いにかかわって、自然治癒を妨げていました。

 

初回施術では、効果・変化を感じていただき終了。

 

 

【職場復帰までの経過をヒアリング中心に掲載】

 

(2回目 9日後)

「2日間は真っ直ぐ歩けました。」

「寝起きの目眩は無くなりました。」

「トイレで立ち上がる時にフラフラが出ました。」

「日にあたるとフラフラするのは3日目から出てきました。」

「夜のふらつきもあります。」

 

右肩と肩甲骨の張りが強めに出ています。

 

(3回目 7日後)

「今回はその日のうちにふらふらし始めました。」

「ぐらんぐらんして立ち上がれないレベルの目眩が2回ありました。トイレの後と夕飯の支度時です。」

「寝起きの目眩は出ませんでした。」

 

右肩と肩甲骨の張りが強めに出ています。

 

(4回目 8日後)

ふらつきが穏やかになってきている感じです。治まりがあるふらつきに変わってきました。

「日常に変化を感じるようになりました。」

「肩甲骨は辛くなく、右肩に強く張りが出ています。」

 

(5回目 6日後)

「今週は調子よかったです。」

「ふらつきはあるけど怖いふらつきは出ないです。」

「前のような苦しさが無いです。」

「日を浴びる瞬間は出ますけど、慣れてくる感じ。」

「来週から仕事に行ってみようかなって気持ちになってきました。」

 

右肩には張り感があります。

 

(6回目 7日後)

今週仕事に出てきました。」

「疲れるとふらつきはでますけど、休息をはさみながら仕事ができていて。」

「前を思うと仕事ができていることが不思議な感じです。」

「歩けなかったのが歩けていますし。」

「夜、目眩が2回だけ出ました。」

 

長く歩くとふらつきは出てくるみたいです。

今回は、首筋と背骨に緊張が出てきています。

 

(7回目 3週間後)

仕事は休まずに毎日行けました。」

「以前と比べるとかなり調子いいですが、疲れてくるとまだふらつきが出ます。」

「ふらつきを感じると休息をはさみながら仕事を継続できています。」

「夜になると疲れが溜まるのか、右の背中に痛みが出てきます。」

 

「元気になりました。日常生活ができるようになってきました。」

 

よかった。

3回目までは、カラダに蓄積している緊張層を解放していく過程で不調が強くでることもありました。

蓄積が減ってくると、元々持っている本来の力が徐々に働き始めます。

 

5回の施術でお仕事への復帰が叶いました。

 

まだ、カラダに余裕が無いので、施術は必要ですが、

お仕事に復帰されてこの状態であれば、あとはメンテナンス間隔でさらにおカラダに余裕を作っていくことで、ふらつきの頻度も減っていくでしょう。

 


膨満感で内臓が重たい

「背中周りと内臓系が重たいんです。」

「膨満感というんですか。おなか張るような感じで。」

「今もおなかの辺りに感じています。」

「5ヶ月前にピロリ菌は退治したんですけど。」

 

50代男性。

ピロリ菌除去以後も病院にかかっているが、変化があまりない状態。

 

整体要因リレーションのチェック:

(膨満感)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 50%
  • ストレス系の影響 20%
  • 背中の緊張からの影響 20%

 

整体要因を取るだけで変化するかどうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

マスキング現象が起きています。

奥から内部の緊張が何度も反応してきます。

相対解除の間接手法を使ってそれらを解放。

部位間の連動も解放して確認。

 

「さっきよりお腹がへこんだ感じです。」

「背中は抜けたです。」

 

変化している。

よかった。

 

再調整で、再度マスキングが反応。

関連の緊張層を解放させて確認。

 

「大丈夫です。お腹の張りが消えました。」

 

(2回目 9日後)

「今日は肩首だけに意識が行く感じで、膨満感はだいぶ減りました。」

「ちょっとだけ残っている感じです。」

「ご飯食べても消化している感じです。」

 

肩首と少し残ったお腹の張りが楽になり終了。

 

【整体的要因で起きる膨満感】

膨満感は整体施術だけで消えるとは限りませんが、医療の治療で変化しない場合は整体的要因がかかわって起きているケースもあります。

 

今回は、マスキング現象といいまして、広い範囲で緊張層が覆ってしまう現象がかかわっていました。

それにより、本来、自然に抜けるべき緊張が抜けにくくなる場合があります。

 

マスキング現象は、事故などショックや我慢など無理をした時などに反応して起きることがあります。

 

今回は、ピロリ菌除去治療が反応していて、

治療中に何らかの負担がかかったのかもしれません。

 

マスキング現象も緊張の蓄積現象も、緊張のかかり方で不調の出る場所が変わります。

メカニズム的には、肩こり、坐骨神経痛、腰痛など一般的な整体的不調と同様です。


原因不明の歯痛と肩の痛み

「左下奥の歯が一週間前から痛いです。」

「同時に左肩と左背中にかけて痛みが出ています。」

「痛み止めも効かない。」

 

40代女性。

 

頭を動かしていただくと、左肩から肩甲骨にかけて強い痛み。

 

整体チェック法で整体要因リレーションを確認。

(歯痛)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレスからくる緊張 20%
  • 全身を覆う緊張からの影響 60%

(肩痛)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスからくる緊張 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%
  • 全身を覆う緊張からの影響 20%

部位間連動が少なく、全身を覆った緊張の影響が強い。

全身を覆う緊張をチェックすると冷えとストレス系が半々です。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

最初に反応してきたのがストレス系。

全身を覆っている緊張ですが、想定解除ではうまく解放できない緊張です。

 

「最近、いつもと変わったことなかったですか?」

 

「3ヶ月前からですけど、犬を飼い始めてやることが増えたんです。」

「ずっと抱っこしたり、犬が寝るので一緒にじっとしていることが増えたんです。」

 

整体チェック法が反応しました。

 

マスキング現象に合わせ、内部の緊張や反応したストレス系の蓄積層を相対解除の間接手法を使って解放。

確認で、

 

「あれ?肩は違和感レベルです。最初ほど痛くないです。」

「左奥の歯は3本ぐらいが痛い感じです。」

 

変化から、技のポイントが合っています。

さらに付帯している緊張を解放していきます。

確認で、

 

「肩取れている。」

「歯の痛み取れました。」

「なんか不思議なんですけど?」

 

開口も広がりバランスが取れてきました。

変化をビデオで確認していただいて終了。

 

冷え取りの個人毎の最適値をお伝えしました。

 

 

(一週間後 お電話で)

「もう、すっかり良くなって、大丈夫になりました。」

よかったです。

 

 

【原因不明の歯痛】

肩から背にかけての強い痛みが左側なので、その影響で左歯の痛みが出ているのではないか?的な感じがありますが、

技をかけた経緯から、

  • カラダ内部の緊張との関わり
  • ストレス系緊張がダイレクトにかかる
  • 全身を覆う緊張の影響

が、歯と肩と背にそれぞれかかって痛みが出ていたことがわかります。

 

その箇所が悪いわけではないので、歯科では異常が発見されないわけです。

 

【薬が効かない歯痛だった】

  • 特定の強いストレスが関与している
  • カラダ(脳)に対して負担がかかり過ぎている
  • カラダの状態に余裕が無くなってきている

この様な条件が揃うと、痛み止めが効かないケースになる場合があると経験から感じています。

 

今回は、犬を飼い始めたことから始まっていました。

育児中の方がいつもと違う強い辛さに悩まされることがありますが、それと同じようにストレスの影響が強い状況。

  • 常に注意をはらう
  • 責任感

 

常に注意をはらう状況は、脳自体の疲労もかなりのものになります。

「これ以上無理をしないでほしい。」

痛みが消えたら無理しちゃいますから、脳としては痛みを消すわけにはいかないのでしょう。