「 側弯症 」一覧

側弯症の影響

「今日は、左手小指と薬指の不調と耳の後ろの痛みです。」

「いつもの痛みは左ひざくらいです。」

40代女性。

 

8ヶ月ぶりのご来院です。

ずいぶん空いているのでお辛さが溜まっているかと思いましたが、いつもより簡単に要因が解除できて痛みゼロで終了しました。

新たな指と耳の後ろの不調が無かったら、もっと間隔を空けられたのかもしれない。

安定してきてよかった。

 

この方は服を着た状態でわかるレベルの側弯症を持ってられます。

ご来院当初は、左肩甲骨、腰、左股関節、左膝など左半身にお辛さが集中していました。

毎回お辛さを消して終了しても、側弯の強さからか同じ箇所に痛みが出やすく、安定は難しいのかなあと思うことがありました。

遠方なので1ヶ月以上の間隔も不利に働いていたと思われますが、

ここ直近の3回ほどは3ヶ月間隔でも大丈夫になり、今回に至っています。

 

成長期からの先天的な側弯症は、それ自体の改善は無理でしょう。

しかし、カラダの機能がアップしていけば、側弯症に伴ったお辛さは出にくくなる場合があります。

 


痛くなかった時へ

「廃品回収でカラダをひねりながら荷物を動かしていると、腰が痛くなりました。」

40代女性。

 

成長期に側湾症を患っていて骨盤のねじれが服をとおしてわかる状態。

それが影響してか、左股関節の痛み、腰痛、肩こりで約一年前からご利用いただいている常連様。

 

今回は前回から2ヶ月開いての不調。

遠方からなので、お辛くなった時のご来院になっています。

 

側湾については、戻せないタイプの側湾ですが、歪みを許容範囲に入れるだけで、お辛くなかったときの状態に戻すことが出来ます。

 

ぎっくり腰の様な緊張があるので、うつ伏せから、極力動かさずに、ご自身に動いていただきながら三軸コンセプトの技をかけていきます。

緊張が緩むことを確認しながら、少しずつ基本手技を入れて、完了。

 

「フフッ、歩くのが楽です。」

 

まだ、自由に動ける状態ではありませんが、後は治癒力が解決してくれます。

 

一番心配なのはは、帰りの乗車時間ですね。

日本車のシートは、腰に親切な設計になっていないものが多いですから。