「 体調不良 」一覧

育児の疲労が溜まりすぎで自分の食事すら面倒に

育児は本当に大変ですね。

一年前、ブログ 「 産後の尾骨痛 」でご来院された30代女性が育児疲れでご来院。

尾骨痛はあれ以来大丈夫だったみたいですが、今回かなり疲弊されています。

育児疲労で自分の食事すら「食べなくていいや」と考えるまでに疲弊した30代女性

「全体的に疲労しています。」

「アレルギーで、夜、咳鼻水がひどくて、咳で左あばら骨に痛みが出ています。」

「背中のこり、首コリ、顎の下も重いし、喉からおへそまでおかしくて、重くて突っ張る。」

 

30代女性。

動いていただくと、

後屈で背中のこりで反れない、頭を上に動かすとアゴから下おへそくらいまで突っ張りが強まる。

整体要因リレーション

下あごから胃にかけての痛み:

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • ストレスが直にかかわっている 20%
  • 脚部全体の緊張との連動 40%
  • 喉に蓄積した疲労系緊張との連動 20%

背中の痛み:

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • ストレスが直でかかわっている 20%
  • 脚部全体の緊張との連動 60%

施術経過

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

古い事故マスキングも反応してきます。

紐付く奥の緊張の開放と全身の部位間の緊張連動を解放して確認。

 

「わ!首が動きます。」

後屈で、

「うわっ。曲がる。背中大丈夫です。」

「左のあばら骨も痛みが減ってきました。」

 

「ぶつけたような痛みが胸の飛び出した骨のところにあるんですけど、これが残っています。」

下アゴからみぞおちまでの辛さが減りましたが、胸鎖関節一点に痛みが残っているみたいです。

 

再調整で、

「うわ。体が軽い。」

「左あばら骨が完全に痛くなくなっている。」

「胸の飛び出したところの痛みも無くなりました。」

 

「胃のあたりに違和感が残っていますが、おなかがすいているからかな?」

「育児が忙しくて、ゆっくり食事できなくて、とらなくてもいいやって気持ちにまでなっていたんです。」

 

再調整で、

「胃の周り大丈夫です。」

「息がすごく吸いやすい!楽です。」

 

冷え(温度差による自律神経の乱れ)が関わっていたので、冷え取りの最適条件をお伝えしました。

二週間以内にもう一度受けていただくとカラダに余裕ができてくると思います。

育児されている方に共通の緊張の蓄積パターン

冷え(温度差)・ストレスにより自律神経が乱れてカラダ(筋膜・内臓)に緊張がかかる。

量的に多くの緊張が蓄積していたケースで、育児中の方によくみられます。

下あご、喉、首、胸にお辛さが集中していましたが、アレルギー性の咳の疲労というより、事故マスキングが上半身を覆っていたので、その影響で首中心の上部にお辛さが現れやすくなっていたと施術経過から感じます。

 

冷え・ストレスによる自律神経の乱れと緊張の蓄積現象についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種類や入れ...

をご参照ください。

整体所感

呼吸が浅くなっていたことに、最後の方で気づかれましたが、緊張の蓄積が減るに比例して内部も含めて様々な部位が自由になるので元の様に深く吸えるようになりました。

辛さも同様に比例します。

冷え(温度差)の影響もたくさんあったので、冷え取りを継続していただけていたら、今回の様に酷い状態にはなっていなかったと思われます。

ご本人も冷え取りの大切さに気付かれたご様子です。

 

あばら骨の痛みは、咳をしすぎて傷んでしまっている状態かと思いましたが、意外と緊張の蓄積で起きている現象でした。

カラダのバランスから咳の時の負荷が一か所に集中したことで、セーブをかける意味で緊張がそこに沢山かかったのだと施術経緯から推測しています。

育児と家事がんばってください。


風邪様な症状が2週間以上続く

お客様であるお母様からのお電話で、

「子供が頭痛と吐き気と喉の痛みで...。」

「2週間以上続いていてストレスが原因だと思うんです。」

 

この様な症状で整体を思い浮かべてくださる方は少ないと思います。

お母様のご紹介。10代女性。

 

きっかけは風邪だったらしいです。

しかし、お医者様にもかかり、本来治ってもいい時期になっても治らない。そして、痛み止めなど薬も効かないことからお母様がストレスではないかと判断された。

 

どこまで変化するでしょうか。

整体チェック法で整体要因リレーションのチェック:

(頭痛)

  • ストレスが直にかかる影響 60%
  • 肩首の緊張との連動 40%

(吐き気)

  • ストレスが直にかかる影響 50%
  • 内部の緊張との連動 20%
  • 全身にわたる緊張との連動 20%

(喉の痛み)

  • ストレスが直にかかる影響 50%
  • 脚部の緊張との連動 30%
  • 肩の緊張との連動 20%

ご自覚されているストレスは、一ヶ月ほど前にあったらしいです。

 

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法を使って、緊張の蓄積や連動現象を解放して行きます。

 

ストレスマスキングが反応してきます。

内容は、ヒアリングで教えていただいていた一ヶ月前の内容で反応します。

 

マスキングを軸に紐付く緊張を解放させて確認。

 

「頭痛は減ってきました。」

唾を飲んでみていただいて、

「喉も最初より減っています。」

「吐き気は変わっていない。」

 

再調整します。

まだマスキングが反応してストレス系の緊張がたくさん反応してきます。

しかし、確認のたびにお辛さは減っていきました。

 

最終、頭痛は完全に消えて、喉と胸の気持ち悪さはだいたい抜けた状態で終了。

技を入れた箇所の説明と冷え取りの個人毎の最適値をお伝えしました。

 

(2回目 2日後)

「だいぶ治りました。ありがとうございます。」

よかった。

頭痛は消えていますか?

「3レベルの出方です。」

吐き気は?

「6レベルです。」

喉の痛みは?

「6レベルです。」

 

まだお辛さが残った状態で喜んでいただけている。最初の辛さがそうとうだったのでしょう。

 

同様の施術で、今回は喉の痛みが少し残って終了。

 

(3回目 一週間後)

「頭痛は出なくなりました。」

「喉も痛くないです。」

「吐き気は2レベルの出方ででています。」

よかった。順調に減っています。

 

同様の施術でお辛さ無い状態で終了。

この後は間隔を開けていけると思います。

 

【風邪様な症状が続いてしまうケース】

声楽の先生の施術で喉の風邪様な症状を訴えられることが良くあります。

風邪ではないのでその場で取れていくことが多いです。

 

それらの経験などから、

  • 普段よく使っている箇所
  • なにかきっかけがあった箇所

などに緊張がかかわりやすい傾向があると感じています。

 

緊張とは、ストレスなどで自律神経が乱れてカラダに入る緊張のことです。

カラダ側から考えればどこにかけてもよいところを上記がかけるきっかけになっているのだろうと施術から感じます。

 

今回のケースは、実際に風邪になってそれがきっかけになっていた。

風邪は治っているけど、入ってくる緊張の蓄積がその症状に連動してしまって、いつまでも風邪の症状だけが続いてしまった。

 

つまり、実際の要因は一ヶ月前にあった大きなストレスということになります。

その解決次第ではまたカラダに緊張が溜まってくる場合がありますから、ストレス自体への対策も大切になってくると思われます。

 

2017/9/9追記

3回目の施術から6ヶ月後にお母さまがご来院。

娘さんは今も調子良いことを伺えました。


吐き気と頭痛で学校に行けない

「3日前から吐き気が始まって、病院の薬で弱まるけど改善はしません。」

「頭痛もおでこに出ていてズキズキします。」

 

高校1年生 男子。

 

気持ち悪くて学校には行けていない状態。

病院では特に異常無く吐き気止めを処方された。

 

吐き気は日の中でムラがあり夕方はましになる。

動いていただくと、肩と首がかなりこっています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:吐き気

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスの影響 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 15%

頭痛も同様ですが、股関節の代わりに首からの影響がかかわっています。

 

内部の緊張は冷え(体内の温度差)で起きています。

相対解除の間接手法で内部の緊張を解放。

マスキング絡みで反応するストレス系の緊張も解放させて確認。

 

「頭痛は少しおさまりました。」

「吐き気も減っています。」

「左の肩と首の下にまだコリが残っています。」

 

再チェックを行うと、まだ随所にストレス系の緊張反応が出てきます。

解放させてバランス調整して確認。

 

「吐き気無くなりました。」

「肩こりも無くなりました。」

「頭痛はわずかに残っています。」

 

再調整で、頭痛も消えて終了。

 

自律神経の乱れでおきる緊張は、筋肉だけでなく体内の様々な部位に起こります。

緊張が解放されずに蓄積されていくと、様々な形の不調として現われてきます。

 

【自律神経が乱れる主原因】

  • 体内の温度差
  • ストレス

体内の温度差は寒い時期より、春から夏にかけてのほうが起きやすいので注意が必要です。

  • 冷たいものの摂取
  • 湯船に浸からない
  • 冷房で末端が冷える

これらが代表的なところです。

 

病院の検査で異常なしの吐き気。

今、20代女性も同様の不調で来られています。

この時期は特に自律神経の乱れに注意要です。


出産後、骨盤ベルトは必要?

ブログ 「 呼吸しづらい、夜眠れない 」 の常連様(20代女性)。

ご出産後9カ月でご来院。

 

「やっと来れました。」

「首と肩がガチガチで、息しづらいです。」

 

前回の妊娠時よりも溜まっている?

お辛さの傾向は前回同様なので、簡単に元に戻せると思ったのですが...。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

マスキングに合わせて、ストレス系、内部の緊張、部位間連動の調整。

確認で、

「変化はしていますけどまだ辛い。すごく辛い。」

 

変化が少ない。

こういう時は、何か見つけにくいマスキングが隠れています。

 

これを見つけ出すのに少し時間がかかりました。

「病院で骨盤ベルトを勧められて、ギュウギュウに締めてくださいって指導されたの。」

「痛くてたまらないから、私は途中で着けるのやめました。」

 

整体チェック法がこの事象に反応しました。

このマスキングに絡む緊張層を解放させて確認。

 

「変わってきた。取れてきました。」

 

栓を抜いて中身が吹き出すかのごとく、大量の緊張層が反応してきました。

緊張の解放が進むにつれ楽になり、カラダが自由になり、お辛さ取れて終了。

 

【マスキング現象】

辛さを我慢した時などに、カラダを広い範囲で緊張層が覆う現象のこと。

覆われることで、既に存在していた緊張層(冷えやストレス、使い疲れによって自律神経が乱れて掛かる緊張層)が自然に抜けにくい状態になります。

 

早く改善するためにマスキング層にアプローチすることは重要ですが、

種類によって見つけにくいことがあります。

 

 

【産後の骨盤ベルトって必要なの?】

人間だけですよね。

 

『元の状態に戻す力』 が正常に働いていれば必要が無い気がしますがいかがでしょうか?

何れにせよ、痛みを感じる使い方は、カラダが拒否しているサインなので避けたほうが良いと思います。


嬉しかったこと

ブログ 「 こんぴらさんで痛めた足の影響 」 の30代女性。

一ヶ月半開けてのメンテナンスでご来院。

痛みや動き以外の改善のご報告をいただきました。

 

「歩いていて痛みが出にくいです。階段の上り下りも大丈夫です。」

「先日、大阪に行ってきたんですけど、階段とか結構あるけど全然大丈夫でした。」

 

実際、動きの確認で痛みや違和感が出ていません。

良い感じです。

 

「慢性の肩こりもなくなって、無理した時は出ますけど引いていくし。」

「からだが熱くなるようになりました。冷え取りもだいぶ進んだのかなあ。」

「生理不順も落ち着いてきました。」

 

冷え取りの効果が出てきましたね。

 

「排卵が左ばっかりだったのですけど、先日の検査では、右が機能し始めていると言われました。」

 

おっ。すごい。

 

以前、不妊治療をされていて、その時は薬ばかりすすめられて、身体に合わなくて中断されたらしいです。

中断後も定期的に検査に行かれていて、

今回、今までと違う変化を確認できた。

 

【自律神経が乱れて起きる緊張が堆積して不調につながります】

緊張の堆積は、元々持っている機能の働きを妨げる方向に作用する

  • 治癒力を妨げる
  • 代謝を妨げる
  • 動きのパフォーマンスを下げる

 

今回は、

  • 自律神経に着目した整体で身体に潜む緊張層を減らしていった
  • 冷え取りで新たに身体に緊張を生まない努力をしてくれた

不要な緊張が減ることで、右の排卵機能が働き出した。

 

冷え取りと自律神経に着目した整体との組み合わせは健康法として優れていると、お客様を通じて感じています。

 

特に大切なのは冷え取りです。

冷え(体内の温度差)が自律神経の乱れの主因になっていることが多いからです。

 

もっと身体に余裕ができて、元々の願いが叶うといいですね。


首の重痛さと気持ち悪さ

「一週間くらい前から、首の頭の境目が重たいんです。」

「何をするにも首が気になる状態で。」

「首の痛みが出たころから、気持ちが悪かったり、急にカーッと体温が上がる症状が頻繁に起きます。」

 

10代女性。

 

頭を上にすると頭の付け根に引っ張られる痛み。

挙上で右腕に痛みが出ます。

 

昨年も同じ時期に同じ症状がでたらしいです。

病院で異常無ければ、冷えで自律神経が乱れているケースに似ています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:首

  • 下腹部内部の緊張との連動 70%
  • ストレス 10%
  • 背中の緊張からの影響 15%

 

下腹部内部の緊張の影響が多く、典型的な冷え(体内の温度差)による自律神経の乱れから起きている感じです。

 

内部の緊張を相対解除の間接手法を使って解放させながら、

他部位の緊張とその連動、ストレス系の緊張層を整体チェック法の反応を頼りに順序良く解放させていきます。

 

確認で、

「腕は良いです。」

首は、

「あ、さっきとちょっと違う。だいぶまし。」

他は?

「胸のあたりに気持ち悪さがあります。」

 

再調整で、

「わぁ、気持ち悪いの取れています。」

「首も良いです。」

「不思議。」

 

冷え取りのアドバイスをお伝えして終了。

 

(2回目 8日後)

「頭の付け根楽です。」

「カーッとなるのと、気持ち悪いのも出なくなりました。」

 

「今日感じる辛さは、首から肩にかけて力が入っている感じで、姿勢が前に引っ張られる感じです。」

 

同様の施術で辛さなくなり終了。

不要な緊張が解放されると、姿勢バランスも本来の位置に戻ります。

 

「半身浴はできてないですけど、靴下の重ね履きはやっています。」

冷えの影響は蓄積しますので、シャワーだけで済まさないほうがいいですよ。


喉の固まり感

「最近、くいしばりが酷くなった感じなんです。」

「左耳奥にピキッと神経痛が頻繁に出たり、喉に何か固まりができてしまって。」

「首のあたりも重いです。」

 

30代女性。

 

自営業をしながら子育て中の常連様。

3ヶ月毎のメンテナンスで十分な状態でしたが、環境が変わったからか、少し酷い状態でご来院。

 

病院で問題なければ、喉の固まりは緊張層の堆積でできるよくあるケースでしょう。

肩、首痛、後屈は曲がりにくい。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

予想通り、下腹部内部の緊張の影響が反応。

マスキング層もたくさん反応します。

 

冷えですね。

育児中はゆっくり湯船に入れないと思います。

 

マスキングに合わせて相対解除の手法で解除して確認。

 

「首楽です。背中はまだ固い。」

「あれ?喉の固まり?へってます。」

「飲み込んでも大丈夫。取れるんですね。不思議!」

 

再調整で、背中の固さをとって終了。

 

病気など疾患でなければ、腰痛も首痛も不定愁訴なども自律神経の乱れによる緊張が積もったことで起きています。

自律神経を乱す2大要素は

  • ストレス
  • 冷え(体内の温度差)

なので、

生活習慣の中でこれらに対処できるようになれば、自分で不調を解決できるカラダに変わっていきます。


妊婦さんの左脇腹の痛み

「左の脇腹に、少し動かしただけで強い痛みが出るようになったんです。」

「婦人科で相談したのですが、 『寝るときに体重がかかるのだからしょうがないよ』 と言われて。」

 

「先週から痛みが出始めて、最初は押さえた時だけだったのですけど、最近はじっとしていても痛みを感じることがあります。」

 

妊娠8ヶ月  40代女性。

 

5年前に事故後のメンテナンスがきっかけでご来院の常連様。

妊娠してからは定期メンテナンスをお休みされていたので久しぶりの施術。

 

8ヶ月なので、椅子に座った状態で施術を行います。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

  • 冷えからの緊張
  • ストレス

2大要素の緊張層が目立ちますが、特にストレス系の緊張層が主要因みたいです。

 

マスキングを解除しながら相対解除の手法で緊張層の解除とバランスの調整をおこなっていきます。

  • 腰椎3番目のズレ
  • 恥骨結合のズレ
  • 股関節の緊張

この3点のバランスと緊張層との絡みで、結果的に左わき腹に痛みが出ている状態。

 

解除して確認で、

「手を上げるとき、さっきはすぐ痛みが出ていましたけど今はそうでもない。触るとまだ痛いです。」

 

再調整で、

「痛みの範囲が少し狭まってきました。」

 

かなり緊張層の量が多いです。

そして、まだ解除できていないマスキング層がある感じです。

 

妊娠時の動きの不自由さをヒアリングしながらマスキングと隠れた緊張層を解除します。

確認で、

「触った痛みが下のほうだけになってきました。」

 

再調整で、

「からだを右にひねった時の痛みが残ります。」

 

再調整で、

「痛み無くなりました。大丈夫です。」

 

よかった。

 

 

ストレス系の影響が強く、妊娠時のいつもと違うお身体への負担を感じます。

弟さんのご予定らしく、楽しみですね。

 


歯列矯正の影響が強いと思ったら

「初見の相談をお願いします。」

顎関節症のお客様。40代女性。

  • 耳の下、両側に常に圧迫痛
  • 後頭部に常に圧迫痛
  • イライラして腰回りが落ち着かない、座ってられない

医療機関では異状なし。

 

「歯列矯正もしているんです。」

歯列矯正されているのであれば、カラダへの影響が大きいので、整体の効果が持続しない可能性があります。

(ご参考:ブログ 歯列矯正と頭痛 頭痛その後

矯正が済んでからにされませんか?

 

「でも、辛さは20年前から出ているんです。」

「10代後半に〇〇の手術をして、それからカラダがおかしくなってきて。」

 

歯列矯正の影響分は残るでしょうが、お辛さ発生の経緯から、解決すべき他の大きな要因がありそうです。

今日は相談だけなので、施術の方向で日程調整することになりました。

それまで、冷え取りの適正条件をお伝えして行っていただきます。

 

(1回目 相談から2週間後)

「足湯続けました。」

「後頭部の痛みの出方が変わったりしました。」

「イライラが減ってきました。足湯での変化を感じます。」

 

足湯でイライラ感は減ってきたが、基本線は冒頭のお辛さがある状態。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

10代後半におこなった下腹部の手術痕がチェック法に反応します。

そこに、自律神経からの緊張が堆積しています。

相対解除の手法でその箇所の緊張を解放しながら、

マスキング解除と痛点リレーション解除を行い確認。

 

「首、どうかなあ。 あ、だいたい取れています。」

座ってみてください。

「落ち着かない感じ無いです。取れています。」

「耳の下はまだ圧迫感があります。」

 

微調整をおこなって、

「耳の下の圧迫が無くなりました。」

 

意外と早く不調が消えました。

 

(2回目 4日後)

「前より楽です。動けています。」

「腰回りが落ち着かない感じ、座っていられない感じは起きなくなりました。」

「まだ、ストレスがかかった時は首に辛さが出ます。」

 

よかった。

常に圧迫感がある状態から解放されました。

大半は、10代後半に行った手術の影響だったみたいです。

自律神経を整える目的で、このまま足湯は継続していただいて、歯列矯正が終わったら再調整にお越しいただければと思います。


声楽で声が出にくい

「声が出なくなった子がいるの。お願いできます?」

 

音楽院の先生からのご紹介でご来院。

20代女性。

 

「喉にたんがからんで声が出ないんです。」

「病院での診断は、ストレスでしょうと言われました。」

「呼吸する時にみぞおち付近がピキピキと痛いです。」

 

喉はよくあるパターンですが、すっきり取れるでしょうか。

息を吸っていただくと、みぞおちに少し痛みが出ています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

ストレスの反応がたくさん出ます。

 

想定だけでは消えきらない感じなので、お客様にご協力いただく相互解除のストレス解除を試みます。

(ヒアリング無しに特定できる手法です。)

8つの内容が反応。

これらを基本体系に組み込み全身の反応を取って確認。

 

「肩が軽い。」

「吸っても痛くない。さっきと全然違う。」

 

声を出していただきます。

「あ、ここ。ここにたんが溜まっています。」

喉の変化はしているが、下方鎖骨近くにたんが絡む感じが残っているみたいです。

 

再解除で、

「あ、変わった。」

「今度は喉の真ん中の左寄りです。」

「ここもたんが溜まっている感じです。」

 

再解除で、

「あっ!でも、無い...無い!」

「すごいですね。なんで消えたんですか?」

整体の範疇で起きていたということですね。

「たんが振動してたんですけど無くなっている。」

 

うまくいってよかったです。

 

少し風邪気味も手伝っていたかもしれませんが、ストレスの影響が大半のケースでした。

 

先生方のコンサートの直前の調整で、

ストレスの元がコンサート自体だったりするので、解除しても違和感が残ってしまうことはあります。

 

尾を引くストレスではなかったみたいでよかった。

お仕事がんばってください。