「 指の痛み 」一覧

出産後からの背痛と親指の痛み

「背中の痛みが2ヶ月前の出産後から続いています。骨自体が痛い感覚です。」

「かがむときに出やすいです。」

「右親指の3つ目の関節が腱鞘炎みたいに痛いです。」

 

紹介でご来院。20代女性。

骨に異常無く、整形でブロック注射したが変化なかったみたいです。

 

挙上で肩に強いコリ。頭上で首の後ろに痛み。

背中は今は曲げても痛みが無い。

後屈では腰に痛み。

 

整体要因リレーション:

(背中の痛み)

  • ストレス系 50%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 頭の緊張からの影響 20%

(親指の痛み)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • カラダ全体の緊張からの影響 60%

 

背中はストレスの影響が強い。

ストレスに連動して出たり引いたりするのでしょう。

指は冷えによる影響がかかわって疲労が抜けにくくなっている感じです。

 

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法を使って内部の緊張や部位間連動を順序良く解放していきます。

出産時のマスキングも反応しました。関連する緊張層をチェックしながら解放。

 

確認で、

「肩、ぜんぜん取れています。」

前屈は?

「背中の痛みが出てきました。」

後屈?

「あ、反れる。」

親指は?

「あ、全然痛くない!」

 

再調整で、

「背中の痛みの位置が上がってきました。」

 

再調整で、

「今度は、背中の痛みが下がってきました。」

 

再調整で、

「ほぼ取れました。」

 

冷え取りの個人毎の最適値をお伝えして終了。

 

背中の痛みは消えてきましたが、まだ、要因となっている緊張の蓄積が残っていますから、6日以上間隔を開けて表面化するのを待ちます。

 

(2回目 10日後)

「手はだいぶいいです。」

「首と背中は出てきました。抱っこするし。」

「首は後ろではなく横に出ています。」

 

2回目は背中の痛みに関して結構手こずりました。

緊張の解放が進むにしたがって痛みが強まり、痛みの核となるポイントに到達するもマスキング現象も絡んで複雑化していました。

「痛い!骨が痛いって感じ。」

 

マスキングに絡んでいる古いストレス系緊張をチェック法で順序良く解放して確認。

「あ、もう全然。痛くないです。」

 

よかった。

 

この後は、メンテナンスで施術間隔は開けていけます。

 

【緊張の蓄積】

整体的不調はすべて自律神経の乱れから起きる緊張の蓄積で起きております。

緊張の蓄積イメージ

蓄積を解放していく過程で、蓄積パターンが変わってくるので痛みの位置が移動していったり、痛みの強さが変化したりします。

 

本来は、緊張の蓄積は治癒力で解決するはずですが、

  • マスキング現象(広い範囲で緊張層が覆う現象)が解放を妨げる
  • 新たに入る緊張が多い(ストレス、冷え、使い疲れ)

場合には治癒力が追い付かなくなる場合があります。

 

蓄積した古い緊張は整体でどんどん取っていきますが、新たに緊張が入らないように習慣改善も必要です。

育児中は特に心的ストレスが多いですから大変ですね。


親指が伸びない

「左の親指が固まって動かなくなりました。」

「籠の作り方を教えに行っているんですけど、親指に力を入れてグーッと締めることが多いんです。」

「3ヶ月前に、教えている最中に痛くなって。」

「でも、今までやってきたことだから、これが原因だとは自分では思っていないんです。」

 

50代女性。

「一度チェックしてもらったら」と、ご紹介でご来院。

 

(左親指)

動かしていただくと、動かしにくく、真っ直ぐにならない。

親指の第一関節の痛みと、第二関節には痛みとコブができている。

(挙上)

左腕が水平くらいまでしか上がらなく、鎖骨に痛み。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(左親指伸びない)

  • ストレス系緊張の影響 20%
  • 頭の緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%
  • 足の緊張からの影響 40%

(左腕が上がらない)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系緊張の影響 30%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 頭の緊張からの影響 20%

マスキングに合わせて、相対解除の間接手法を使い内部の緊張や部位間の緊張連動を解放していきます。

十数年前の事故に絡んだ残緊張もチェック法に反応してきました。

 

ストレス系緊張で解放しにくいものが出てきました。

ストレスポイントの特定と関連解除の手法を行い確認。

 

「腕があげやすくなっています。鎖骨の痛みはこの角度で少しあります。」

「親指は痛みが減ってきました。」

 

最終、親指の可動域の明確な変化はその場で起きませんでしたが、痛みはだいぶ減りました。

腕を上げる時の可動域はOK。痛みは少し移動して鎖骨の上に残った状態で終了。

 

内部の緊張は冷えなので、

冷え取りの最適値をお伝えしました。

 

(2回目 5日後)

「親指の痛みがだいぶ減りました。」

「それと、これくらいまで伸びるようになりました。」

「ズボン履くとき指に力入ります。」

 

まだ、伸びきってはいないですが、初期からは明らかな違いがでてきました。

カラダが動き始めました。

 

「鎖骨の上はまだ痛いですけど、腕は上げやすいです。」

「あと、前回言ってなかったのですけど、...。」

 

施術と経過から、過去の出来事などストレスとカラダの関係・残緊張と痛みとの関係をご理解いただけたみたいで、過去の影響しているかもしれない事象を自発的にお話いただけました。

(チェック法でサーチしていきますので、事象があったことの情報で十分です。事象の内容は施術には必要ありません。こちらから内容を詮索することは一切ありません。)

 

今回の施術では、親指の第二関節のコブがその場で小さくなっていきました。

 

(3回目 2週間後)

「親指伸びました!痛みも無いです。」

「指の付け根のコブもほぼ無いです。」

「腕は上がるし、鎖骨上部の痛みは、つる様な感じが残っているだけです。」

 

ご紹介者様の所にも改善のご報告に行かれたらしく、喜んでいただけてよかったです。

 

この後は、3週間後と2ヶ月半後にメンテナンスでご来院。

指も腕も良い状態を維持していました。

ご紹介もいただきました。

 

 

【いつもの作業で親指が動かなくなったのはなぜ?】

親指にかかった負荷はいつも通り。

しかし、3ヶ月経っても治らない、可動制限と痛みとコブ。

 

「これが原因だとは自分では思っていないんです。」

とお客様。

 

施術の経緯から、負荷により傷めたものでなく、ストレスや冷えによる緊張層の蓄積がカラダの許容範囲を超えて起きていた現象でした。

 

たとえば、

  • イライラしたら、下痢をしたり、胃が痛くなったり
  • 発表会などで、無意識にカラダが固くなっていつもの実力が発揮できない

これは、ストレスやプレッシャーなどで自律神経が乱れて、胃や腸や全身に緊張をかけている状態なわけです。

 

一過性のストレスであれば、事が済めば解放されますが、

  • 継続的なストレス要因
  • 一度に複数のストレスがかかる

などにより、カラダに残りやすい緊張が溜まってくる。つまり、緊張層の蓄積現象が起きることがわかっております。

 

蓄積がカラダの許容範囲を超えた箇所に痛みや可動制限が起きる。

この原理が親指にかかる場合もある訳です。

 

【なぜ指だったのか?】

緊張(緊張層)は、特定の狭い範囲にかかっている場合もありますが、広い範囲でかかっていることが多いです。

そして、緊張の蓄積バランスは全身で均一化しようとする働きがあります。

 

それにより、

  • 部位間の連動現象

が起きます。

 

一つには、部位間の連動現象から、親指へ緊張の影響が向かいやすくなった。

 

もう一つは、『きっかけ』があってルートができてしまう現象。

 

過去の怪我や手術の痕が、ある条件が揃った時に痛みだす現象。

医学的にはとうに完治しているのに何故痛むか?

 

自律神経からの緊張がそこにかかりやすくなっている。

この場合、怪我や手術が『きっかけ』となって、そこに緊張がかかりやすくルートができてしまっていると考えています。

 

今回のお客様の事例では、籠つくりの作業がきっかけになり、親指にルートができてしまった。

他の部位にかかっていた緊張の一部が親指側に流れてきたり、作業に対する防御反応の影響もかかわっていると施術経緯から感じています。

 

 

【痛い箇所に原因が無い】

上記、整体的不調は主に自律神経の乱れによる、

  • 緊張層の蓄積現象
  • 部位間の連動現象

により起きていることが多いことが実績からわかっています。

 

つまり、辛い箇所がどうにかなっているわけではないので、辛い箇所に操法をおこなっても意味が無いことが多いわけです。

全身にかかっている緊張層を順序良く解放することが、不調改善の早道になります。


足首の激痛!動く痛み

「日曜日の朝、左足アキレス腱に激痛が出て歩けなくなりました。」

「なんとか仕事に出たら痛みが消えて、でも、座って立つと痛みが出ます。」

 

30代女性。

足首をサポーターで固定してご来院。

 

痛みの出方が不安定で、医療で問題なければストレスか冷えの関与が予測できます。

「足首に出る直前は左肩が異常に痛かったんです。」

痛みが移っている。

良くあるパターンです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

ストレス系の緊張層が反応します。

現在進行形の事象で起きている感じです。

 

痛みとの関連を解除して確認しようとすると、

「今、薬指の付け根が痛くなってきました。」

 

解除して確認...

「薬指全体が痛いです。」

 

解除して確認...

「こんどは左腕全体が痛くなってきました。」

 

ストレスによって自律神経が乱れて痛みが起こる。

現在進行形のストレスなので解除してもすぐ違う箇所に緊張を入れてくる。

このままでは追いかけごっこになってしまいます。

 

ストレスが反応するのですけど何か心当たりはありませんか?

「人間関係です。職場の。」

「〇〇のことで××...。」

 

整体チェック法が反応してきました。

反応を解除すると腕の痛みが消えて他に痛みが移りませんでした。

立っていただいて確認。

 

「あ~ 楽。楽です。」

「足首も大丈夫。」

 

現在進行形のストレス要因の場合、すぐに再発もありえます。

残った時間は基本手技をかけながら経過観察。

とりあえず、すぐの再発はなさそうなので施術終了。

 

強い怒りや責任感などから自律神経が乱れて起きる不調。

自律神経に着目した整体では、相対解除の手法で痛みとの関連を解いていきます。

 

現在進行形の場合、ストレスの元を直接とらえて技をかけることができれば、一旦治まる場合があります。

(※ストレスの内容によっては変化しない場合もあります。)

 

ストレスの影響って、強く出るとやっかいですね。

私も、プラス思考と、自律神経を整える半身浴などの習慣を続けて、予防に最善を尽くしておこうと思います。


こんどは突然の激痛

「両手の指の2番目の関節がじっとしていても痛いです。」

「股関節の内側に常に違和感があって動きがぎこちないです。」

「からだ全体がだるくて、腰も痛い。」

 

紹介でご来院。50代女性。

 

指は真っ直ぐにならない方向に変形していて、こういうケースは改善にばらつきがあります。

それ以外は良くあるケースです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えによると思われる下腹部内部との連動が何度も反応します。

指の痛みの要因も同じ箇所が反応します。

解除して確認。

 

「指は少し変わったかな?でも、まだ痛い。」

「それ以外は楽になりました。」

 

(2回目 一か月後)

「あの後、数日して指はなんともなくなったんです。」

「カラダも調子よくて、もう受けなくていいと思っていたんですけど、突然。」

「1週間前から右の股関節が酷く痛んで、それで来たんです。」

「心臓までくる痛みでキリキリするんで病院に行ったんですけど異常無くて。」

 

右股関節から臀部までつながった痛みで、激痛で足に力が入らなかったみたいです。

今は痛みどめで少し緩和した状態です。

 

整体チェック法でチェックしていくと、右股関節のズレ、靭帯の緊張が反応してきます。

その他、全身と肩甲骨周辺のバランスを調整して確認。

 

「痛みが無くなってきました。」

数回再調整をおこない痛み無くなり終了。

 

技の経緯から考えると、何でここまで強い痛みとして出ていたのか不思議な感じでした。

まだ冷えの反応があったので、それが痛みを増幅していたのかもしれません。

 

(3回目 12日後)

「今日は辛いところはないです。」

「指も股関節も再発ありません。」

「安定するまで受けたほうがいいと思って来ました。」

 

今日は基本手技の一部をかけて終了。

 

たぶんこれで落ち着くと思いますが、半身浴は続けてくださいね。

 

 

 


全身の関節が痛い

「3日前から全身の関節が痛いです。」

「特に指と手首と肘、そして膝です。」

「6日前にインフルエンザのワクチンを打ったらかしら、一昨日はじんましんも出て病院に行きました。」

「検査で異常なく、更年期かもとか言われました。」

「こんなこと初めてです。」

40代女性。

私もワクチンは打ちましたが、今年のワクチンは体調に影響する気がします。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

病気ではなく広範囲に影響が出る痛みはカラダ内部の緊張の影響が多いのですが、やはりカラダ内部全体が反応します。

緊張消去法を何度かかけて確認。

「左側の痛みが消えました。手も膝も。」

「まだ、右が痛いです。特に肘と膝です。」

 

さらにチェックしていくと、下腹部の緊張が反応してきます。

何度か消去と確認を繰り返して、

「楽です。痛くない。」

「消えました。」

よかったです。痛みの原因が整体の範疇で。

 

緊張が入った原因まではわからないですけど、何点かのことが同時に重なったのかもしれませんね。

 

 


バネ指も

「腰が座って痛く、座から立つときも痛い、歩くときも響きます。」

50代男性。

良くあるケースですが、背骨が右に傾いているので、腰痛になりやすいのでしょうね。

「傾いているってよく言われるんです。」

 

チェック法でチェックしながらの施術。

腰仙関節と腰骨上部の椎間、腸腰筋など下腹部内部の緊張、マスキングの反応調整。

「楽になりました。へぇ、刺激ないのに変わっていくんですね。」

 

(2回目)

「ずいぶん楽です。痛みの範囲が狭まってきています。」

前回術後、痛みゼロで終わっていますが、また出てきています。背骨の傾きがあるので、安定は3回くらいかかると思います。

 

「先生、実は左手のシビレと首、そして、左手中指にバネ指があるんです。」

腰が落ち着いて、他の不調に意識が行くようになったみたいです。

手のしびれと首は良くあるケースで、腰と一緒に施術して完了。

バネ指をチェックしていくと、手の甲側の筋骨格系反応を消して、

「少し変わったけどまだ跳ねます」

さらにチェックすると、下腹部の緊張が反応します。

意外ですね。そこにストレス消去法をかけて確認。

「なくなりました。指が跳ねないです。」

 

カラダ内部の緊張はいろんな箇所に影響を与えるみたいですね。


ついでにこれも

「あ、そうそう、親指が痛いの。ついでにこれも取れますか?」

「痛くなってから長いんです。」

施術の終盤、常連様のご要望。

「ピアノでは痛まないのですけど、蓋とか握るときに痛いの。」

「前回、言おうと思っていて忘れていました。」

今回も危うく忘れるところでしたね。

 

チェック法でチェックしていくと、左親指の第一関節と第二関節にマスキングがありました。

後、ストレス系の反応もあります。

確認で、

「あ!違う。だいぶまし。」

まだ、違和感があるみたいですね。

再調整で、

「う~ん。良い感じ。」

「とれるんじゃなあ、こういうのも。」

 

今回は痛い箇所周辺だけの問題でボディには影響していませんでした。

マスキングが2点絡んでいたので、なかなか自然には戻りにくかったのですね。

カラダは全体で影響しあいますから、頭の先から、足の裏の痛みも含めて、ヒヤリングの時に遠慮なく教えてください。

雨ふりの前に、〇〇が△△になるとか、

重だるい様な不快感、

病気から来るのでなければ、消去すべき反応が隠れていることがありますので、全身調整するうえで参考になります。

つらさのない毎日を目指して。