治したいという気持ち

ふと治癒力について考えてしまった。

 

お医者さんに「大丈夫ですよ」って言われただけで痛くなくなったり。

「どしても頑張らんといかん」という状況になったらいつの間にか気になっていたところの痛みが消えてしまったり。

気持が大きく体に作用することを何度か経験したことがある。

 

むかし、武道をやっていた頃、審査の直前に風邪をひいてしまってどうしようか悩んだことがある。

審査を受けるのをやめるかどうかではなく、どうやって審査までに治すか、そして調整をするか。

風邪が治っても体が動かなければ審査は受からない、風邪をひいているのに練習をすると風邪が長引いて体が動かない。

 

その時やったこと。

この世界で名を残した先生や先輩の書物を読む。

大会のビデオをみる。

先人の苦労話や戦う姿から、「気」を高め治癒力をあげることができればという気持ちですね。

その後、短いが5分と時間を決めて練習をする。風邪でもまったく動かさないと結果はみえていますから。

 

審査当日、いつもよりスタミナが続かないことに恐怖を感じた。

「最後まで持つかな。最後には組手もある」

しかし、気を張っていれば倒れないと自分に言い聞かせながら最後までこなすことができた。

 

終わったことの安堵感に浸りながら、経験が自信に変わっていったことを覚えています。

 

 

私は、「治したい」という気持ちをもっている人は、必ずそのとおりになると信じています。

 

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


腰痛施術で焦り

出張でよく伺うご主人が腰痛になってしまわれた。

右腰にひどい筋肉の硬縮があった。

今日は2回目の施術。

一昨日の効果が出ていれば良いがと様子を伺ったら。

「まだ痛い」

前回は張りが少し残っていたが、施術完了の反応が出ていたのでストップしていた。

今日はむしろ前回より悪い状態。

2日後のご要望だったので、好転反応かなとも思ったが、状態はそうでもなさそう。

痛みの原因が腰の筋肉以外の可能性もあると感じた。

後から出てきた症状なのか?

痛い側の太ももが異常に硬くなっていた。

前回はこれほどではなかったと思うが・・・。

新しい整体の揺らしの手技で、ゆれ方が偏っている。

腰の硬さも尋常ではないからなあ・・・。

ここまでてこずるとは前回は思っていなかったが、今日結果を出さなければ面目が立たないと感じた。

背面の施術を一通り終えた。しかし、施術をしていて手に伝わってくるいつもの感覚がない。

お客様が満足の状態にあれば、手に返ってくる反動もスムーズで揺れも安定するが、ずっと違和感がある。

チェックをしたら、まだ施術の必要あり。

ちょっと焦った。しかし、そのとき頭にイメージが浮かんだ。一度行った手技だが再度行ってみた。

 

10振幅以降にゆれ方が整ってきた。

「緩んだ!」 「お客様が気持ち良いと感じているはず」

その後、仰向けの手技を終えて、うつ伏せでの腰の痛みのチェック。

「痛みはましになりましたか?」 聞く以前の押えはじめでやわらかさを感じていた。

「あれっ?もうすこしきつく押えてくれ!」

 

成功した。

太ももの硬直が残っているし、ぶり返す可能性もあるが、触りすぎはよくないので今日はこれで完了。

 

最善をつくせてほっとした。

後は心で回復を願う。

 

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


動きを忘れた筋肉

マッスルエナジーテクニックというのがあります。

痛い筋肉に触れることなくその筋肉を緩めることができます。

他の手技療法にも原理的には似たようなことが行われており、筋肉反応の特性をうまく活用していると思います。

私も今、積極的にこれを施術に取り入れており、筋肉を緩めるだけでなく機能回復効果も確認できて有効な手技と感じております。

こちらが無理やり矯正するのではなく、お客様に動いていただくことが基本なので、その方の体力の範囲内で行えます。

安全で無理がないですね。

 

先日肩を廻すときに関節がうまく動いていないお客様がおられました。

このテクニックを使うことでその場で正常な動きに変わりました。

その方の場合、思ったより簡単に修正できたので私もちょっとびっくりだったのですが、一部の筋肉が本来の動きを忘れているだけだったみたいですね。

次回来られたとき多分戻っていると予測しますが、何度か繰り返すことで体が覚えてくれると思っています。

これからもどんどん効果的なテクニックを導入していきますよ。

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


エメラルド色

今日も車に鳥の糞がたくさん降っていました。

今時分は、ひよどりなのかな?

しかし、このあいだ感動的なことがありました。

今、奈良の会社に行っているのですが、会社の近くの用水路上をエメラルド色の鳥が滑空していました。

カワセミです。

エメラルド色の鮮やかな翼。

水面低くすべるように飛ぶ機敏さ。

ホバリングもします。

「空飛ぶ宝石」ともいわれています。

マラソンの大会とかでもときどき見たことがあり、先導してくれるかのように川沿いに行ったり来たり。

鮮やかな翼と動きに特別なものを感じています。

山でしか見れないと思っていたのですが、まさか会社の近くで。

会社に行く楽しみが一つできました...いやいや、一つ増えました。

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


中国の出張を思い出して

以前勤めていた会社で中国に出張に行く機会が何度かありました。

接待で北京ダックをいただいたことがあるのですが、

テレビで見たのと同じで、餃子の皮みたいなものにダックの皮とねぎみたいなものとタレをつけて巻いて食べました。

ちょっと違うのがダックの身もちゃんと食べてたことですね。

味はおいしかったですが、テレビほどのコメントは頭に湧いてきませんでした。

ダックがさげられしばらくしてからスープが出てきたのですが、これはみんな無口になってすすっていました。

「いやみのない自然なうまさだなあ」と思いながら私もスープに集中してしまいました。

通訳さんが「さっきのダックで作ったのよ」と教えてくれて、ふと、イブのことを思い出しました。

そうなんです。うちでは毎年、チキンの丸焼きをイブの日に用意するのです。

この年のイブがどうなったかはすでに想像されていると思いますが。

そうなんです。作ってしまいました。

中華なべに湯をはってガラを入れて、しばらく煮込んだところで丹念に脂やアクをとり、ガラを取り上げた後は塩を適度に入れて、最後は卵を溶いたものを流し込んでいく。

それなりの味が出せて結構家族に好評でした。

私はよく、おいしいものに出会ったら自分でやってみたくなるのです。

追求心が強くて、ついつい試してみたくなるんです。お好み焼きとかもかなり上達しましたよ。

おいしいお好み焼きに出会うたびにまねをしてきましたから。

今年も子供がご飯を少しだけ残してスープを催促してきました。

恒例になっちゃいましたね。

どんな味か気になりますか?

八幡のぴっかり食堂のラーメンのスープとよく似た味です。

あ、ごめんなさい! 私が作ったのではなくて、中国で食べたのが、ですよ。

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


お客様の喜びは私の喜び

「股関節が痛い」と 常連様からお電話をいただいた。

今まで、大半は股関節や骨盤のずれを正せば痛みはしずまったが、力の及ばないケースもあった。

対処できればいいが...。

約束のお時間になってもなかなか来られない。

歩行困難なのでは?

心配していると、半歩ずつずるずると片足を引きずりながら来られた。

さっそく仰向けになっていただき、ずれの検査。

仰向け問題なし。

うつ伏せは?骨盤も股関節も正常。

しかし、痛みのチェックでは「やめて」と言わんばかりの苦痛の表情。

ヒヤリングでは「子供と走ってなった」とのことだが、そのためにこの箇所に痛みがでているのかなあ?

疾病が原因でなければいいが...。

手始に関節を広げる手技を行い、立っていただいた。

起き上がる段階で顔がゆがみ着地と同時に足が跳ね上がった。

 

「ん~だめか、早く施術ポイントをつかまなくては」

腰の筋肉の硬縮をみた。「イタたたた。」いたい側に硬縮があった。

距離は離れているけど影響している可能性は十分ある。

新しく習っている整体の基本手技で腰を緩めて、だめなら医療機関の受診をすすめるしかないかな。

基本手技は牽引しながら揺らす緩やかで気持ちがいい手技。

これに今までの股関節や膝の手技ををブレンドしていった。

「それでは、ゆっくり立ってください。」

緊張の瞬間。

「うわー違う」

屈伸してみてください

「大丈夫」

「あー良かった。ほっとしましたよ。」

汗をぬぐいながら、安堵感に浸った。

牽引をかけながら揺らすという手技。刺激的には頼りないが、体に優しく効果的。

セルフメンテナンスもお伝えした。

お客様の喜びは私の喜び。整体という世界に入って良かったと感じる瞬間。

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


新種のマッサージマシーン?

大手筋に立ったままやせられる話題のマシーンがあることをお客様にお話しすると。

「先生試してきて。絶対よ。」

困ったなーと言いながら、理由ができたので (これ以上やせたくないけど?) 試してみました。

 

「初めてですか?」

丁寧に説明してくれて500円玉を入れてスタート。

足底から思った以上に強い刺激が伝わってきた。

 

「気分が悪くなるようでしたら膝を曲げてください」

これは気分が悪くならなくても曲げとかなくてはいけないのでは?

と自然に曲げた状態で振動を楽しむ。

む...これは足腰に効果的な振動がくるな...。

筋肉は縮めて揺らせば緩む (開節法の原理より)

下手なマッサージ行くよりこの方がいいかも。

しかし、下から突き上げてくるから故障を持った人には向かないかな。

体に歪を持った人は歪が拡大する危険があるかなと感じた。

正常な状態でこの振動はいいだろうな。

 

10分経って、降りてみると。

足が軽いな。老廃物が振動で押し出されたか。

むくみは取れるかもしれんな。

骨格が正常な人がセルフメンテナンスで体を緩めるのにちょうどいいですね。

 

あっ!!違う違う。

ダイエットですね。ダイエット。

終了後、筋肉の疲労感はなし。つまりはエネルギー消費は低いと思われます。

しかし、代謝は活性化される方向になると思います。

したがって、代謝活性化分のダイエット効果は期待できるかもしれません。

 

このマシンはダイエットというより新種のマッサージチェア?

 

 

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


今話題の?

子供の習い事の送り迎えをしているのですが、待っている間、おなかをごまかすために商店街の喫茶店でココアを飲みました。

飲んでいる間、なにげに向かいのお店を見たら今話題の?立ったままやせるというサロンができていました。

ランニングマシーンみたいな形で足は乗せたまま。ぶるぶる震えているんです。

10分500円で女性が次々と入り口にすいこまれていくのです。

20分くらいの間に15人くらい入っていったかな?3人ほど男性もいました。

試しにちょっとやってみたくなったのですが、汗をかかずしてやせられない!(はず)という持論を持っているのでやめました。

しかし、「手ごろな値段設定でお店も入りやすい雰囲気にしているなあ。男の人も入っているし」とついつい経営の勉強をしてしまいます。

ダイエットの世界もおもしろいですね。

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


足湯につかりながら思う

最近、施術の間に足湯を楽しんでいます。

足を入れた瞬間、さーっと肩まで包まれるような感覚。

足には神経が集中しているから、足で感じている感覚は全身にまわってきます。

「今、お客様にお出しする温度はこれでいいかな」

とか

「足湯の桶はこれでいいのだろうか」

とか考えながら楽しんでいます。

実は今日、ゲルマニウム温浴を体験してきました。

足と腕を入れるタイプで結構汗が出ます。

これも気持ちいいですね。

血行がよくなって手のひらと足の甲が妙にかゆくなりました。

しかし、施術の前にこれだけ汗が出るとかえって体を冷やすかな?

とか導入するスペースもないのに導入のことをついつい考えてしまいます。

将来のほぐし庵はどうなってるかな。

今、新しい整体を習っているのですが、技術だけでなく考え方も変わってきています。

永遠のテーマは「根本の解決」。

疲れにくい体になっていただくこと。

整体って奥が深くてたのしいですよ。

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵


お客様から元気をもらっています

会社員である私は、ほぐし庵をオープンして休みのない日々を送っています。

体がもつのかなあと自分でも不安だったし、周囲からも言われてましたが、なんの心配も要りませんでした。

やっている内容が違うから気分転換になっているんですね。

ウイークデーはパソコンを前にシステム職、その他は整体師。

パソコンさわりながら頭の中は整体のことばかり考えていますが。

しかし、内容がちがうからだけじゃないんですね。お客様から元気をもらっているからなんです。

昔はブルーになっていた月曜日の朝が今は違います。

昨日の会話を思い出しながら、俺もがんばるぞって感じですね。

早くほぐし庵一本で生活していきたい。

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵