残る

以前、草むしりでプチぎっくりになった女性が17日ぶりにご来院。

「あの後、一週間すごく調子良かったのですけど、くしゃみで腰に来て、安静にして、少しましになった時に股関節のストレッチをしたら、股関節の動きが悪くなって...」

 

安定するまで、安静が一番なのですが、

いつものやり方で、股関節の動き改善、、右ひざ裏の違和感解消。

でも、左臀部の痛みは小さくなったけど残ったまま。

基本手技を通して再度確認したが、左臀部はまだ残ったままです。

 

前屈は最初より深く出来るし、通常なら手こずらないレベルの痛みですが、カラダの反応を見ると、対応必要な反応が出ています。

カラダは整っているのに出る反応。

これは、お辛い箇所に刺激を入れられてた方によく見られます。

「おしりが痛いときは、こうやって親指で押さえながら歩いていたの。」

 

マスキングの一種で、それを修正し、確認していただくと。

「うん、いい感じ。」

 

痛みって、自分自身で作り出している場合も有ります。

お辛くても、安定するまでは、刺激は禁物です。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。

腰痛

Posted by 院長