「 寝違い 」一覧

寝違えで上を向けない

「20年前にソファーで居眠りして、首がガクンと酷い寝違えのようなことになったんです。」

「それ以来、時々、その箇所に痛みがでるようになって。」

「今回は、2週間前から出ていて、上を向けないんです。」

 

60代男性。

 

一度傷めた箇所に何度も痛みが出ることはよくあります。

動きの確認で、手が挙げにくい、頭を上にすると左首付け根に痛み。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(寝違え)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系 20%
  • 脚部からの影響 40%
  • でん部緊張からの影響 10%

(挙上)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系 20%
  • 肩甲骨の緊張からの影響 20%
  • 首喉全体の緊張からの影響 40%

マスキングに合わせて内部との緊張連動を相対解除の間接手法で解放。

ストレス系、部位間連動も解放していきます。

 

確認で、

「手が挙げやすい。」

「首は突っ張っている。」

 

再調整で、20年前の牽引のマスキングも反応してきました。

解放しにくいストレス系も反応して来たので、お客様と一緒に行う相対解除の手法をかけていきます。

 

確認で、

「首がたいぶ減ってきました。」

 

最終、違和感なくなり終了。

 

(2回目 4日後)

「寝違えは夕方になると少し出てきますが、楽になりました。」

「腰の右側に痛みが出てきて、ソファーから立つときに痛みます。」

「以前、ぎっくり腰もよくやっていたんですよ。」

 

同様の施術で、

頭の可動域は問題なし。

首の付け根の突っ張りは、今回は少し残ってしまいました。

腰は楽になり終了。

 

不要な緊張層を解放するに合わせて、過去の蓄積層が出てきています。

 

まだ、カラダの奥に蓄積層が残っていて、徐々に表面化してきます。

しかし、次の施術は一ヶ月くらい後で十分です。

ご予約いただけました。

 

 

【同じ箇所に痛みが出る】

ストレスなどで自律神経が乱れた時に筋肉(筋膜)や内臓系に緊張が入ります。

緊張は蓄積する場合があり、蓄積で余裕がなくなった箇所にお辛さが出てくる。

 

何十年も前に傷めた箇所。

これは、医学的には完治しているでしょう。

では、なぜそこに不調が出やすくなるか?

  • 痛めた時の対処が不十分で古い緊張層が残っったままになっている
  • 神経を通じた緊張はかけやすい箇所に脳がかけてしまう場合がある

この2点だと考えられています。

 

不調が出ている箇所に直接技をかけることはほとんどありません。

全身をチェックして、

  • 緊張層の蓄積の解放
  • カラダの連動性調整

これを、一つ一つおこなうことで、結果的に不調箇所が変化していきます。

 

不要な緊張が少なくなり、カラダに余裕ができてくれば、同じ箇所への痛みは繰り返しにくくなります。


首が回らなくなった常連様

「首が痛くて回らなくなって。」

 

寝違えのレベルを超えた肩首痛の方が3名連続でご来院。

3名とも古くからのお客様なので、重なったことが不思議です。

秋なのでお疲れが出やすい時期ですが、何があったのでしょう?

 

T様 50代男性

前回施術から3ヶ月開いています。

整体チェック法でチェックすると

  • 極度の冷えによる内部の緊張との連動が反応

マスキングに合わせて、相対解除の手法で緊張の解放を繰り返すと、

 

「あ、曲がる。左右に回せる。上もOK。」

「ずいぶん楽になりました。」

 

K様 40代女性。

なぜか、前回から3週間しか開いていません。

整体チェック法でチェックすると

  • 冷えによる内部の緊張との連動が反応
  • 強いストレスが反応(現在進行形の内容が影響している)
  • 3日前に行事の手伝いでお身体を酷使されたことの影響

マスキングに合わせて、相対解除の手法で緊張の解放を繰り返すと、

「だいぶ動かせるようになりました。」

 

現在進行形のストレスの影響が少し残ったので、すっきりの状態ではありませんが頭を動かせるようになりました。

前回も強いストレスで他の部位に出ていたので、もう一度くらいは近い間隔でのご来院があるかもしれません。

(普段は3ヶ月間隔のメンテナンスをされている方です。)

 

N様 40代女性。

前回から7ヶ月開いています。

整体チェック法でチェックすると

  • 冷えによる内部の緊張との連動が反応
  • 強いストレスが反応(現在進行形の内容が影響している)
  • 5日前、ヨガで無理された影響が反応

マスキングに合わせて、相対解除の手法で緊張の解放を繰り返すと、

「左首だけに痛みが残りましたけど、3分の1以下になりました。」

「楽です。首は動かせます。」

 

最後、ストレスの影響が少し残りました。

1年に2回ほどのメンテナンスで維持できていた方なので、残った痛みも自然に消えると思います。

 

3名様とも、冷えの影響(体内の温度差)が根底にあったこと。

これは、生活習慣の改善で必ず改善できます。

 

2名様にみられたストレスの強い影響。

ストレス自体は自分ではコントロールしにくいですが、

ストレス + 使い疲れ + 冷えの影響

の3点で自分の許容範囲を超えて痛みとして表面化しているわけです。

 

ですから、冷えだけでも普段の生活習慣の中でコントロールしておくと、この様な痛みの出方にはなっていないわけです。

 

寝違えでよく見られる、肋椎関節のズレも3名様ともチェック法に反応しました。

ズレは原因ではなく、ズレが戻らないような緊張がその周辺にあることが本来の原因です。

緊張が取れてくると、ズレも自然に元にもどりチェック法に反応しなくなりました。

 

暑い時期はめんどくさくなりますが、冷え取りがんばりましょう。


右に向くとキリキリ痛む

「2日前の朝、首が痛くて右に向けなくなりました。」

「きりきり痛みます。」

 

ご 紹介でご来院。40代男性。

 

痛みは右側に出ていて、肩の痛みも訴えられています。

「一か月前から肩が張ってきて、時々、右の後頭部が痛むことがあったんです。」

 

慢性的な背面の緊張があってその影響がでてきたのか?よくある冷えからくる寝違えではないでしょうか?

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからの下腹部内部の緊張が反応。

マスキングもかかわっています。

肋椎関節のズレを2か所調整。

確認で。

 

「あれ?まわります。うん、まわります。」

「何も触られてないのに。」

 

違和感が少し残るので再調整。

「あれっ。違和感消えています。」

「何が起きたんですか?」

 

ご紹介者様から技を伺ってられなかったのですね。

ご自身で痛い箇所に刺激を入れられてなかったので、簡単に痛みを取ることができました。

 

痛みは、無意識に働いている脳の器官と自律神経によって作られているものなので、

きっちりポイントに技を入れていけば、脳は緊張(痛み)を入れる必要がなくなるわけです。

 

今回のポイントは、冷え(体内の温度差)によってカラダ内部に緊張が入り、その影響で背面にお辛さが起きていました。

肋椎関節のズレで右側に強く出ていたんですね。

よくある寝違えパターンでした。

 

整体で言うところの冷え障害は、体内の温度差が生まれやすい春から夏にかけて強まってきますので注意が必要です。

 


寝違えがだんだん酷く

「3日前に寝違えになって、だんだん酷くなってきました。」

「授乳のとき、下に向けない状態です。」

 

30代女性。

 

上もむけない状態。育児中のストレスでしょうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

下腹部内部の緊張。冷えとネックレスが反応します。

肋椎関節のズレとマスキングを介したストレス系の緊張が交錯しています。

ネックレスを外していただき、緊張層をを順序良く解除して確認。

 

「うん。少し違ってきた。」

緊張層がかなりの量堆積しているみたいですね。

 

解除と確認を繰り返します。

「あれ?上に向けるようになってきた。」

 

さらに繰り返し微調整します。

「楽です。頭が楽に動く。」

うん。

「ほんと楽になった。」

 

よかった。

育児中のストレスは仕方ない部分はありますが、冷えによる緊張やアクセサリーによる影響は避けることができます。

寝違えはこれで問題ないと思いますが、いままでの慢性痛を考えるともう一回は詰めていただいていたほうが良いかと思います。

 


寝違えで予約変更

「寝違えたみたいで左肩がズキズキするんです。」

「予約を早めさせてください。」

 

40代女性。

 

1年前にご来院。

3回の施術で改善。

その後、健康目的でメンテナンスを続けてくださっています。

 

今の施術間隔は2ヶ月間隔ですが、めずらしく突発痛が起きてしまったみたいです。

 

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

下腹部カラダ内部の緊張、肋椎関節のズレ。

主要因はそれだけで、解除して確認。

 

「ズキッとならなくなりました。」

「腕を上まで上げると柔らかい痛みがあります。」

 

微調整をして確認。

「楽になりました。」

「今回は何だったのですか?」

 

冷えが元の典型的な寝違えパターンだったことを説明。

下腹部カラダ内部は冷えによる緊張で、背面に緊張連動が起きていました。

 

「冷え?」

「最近は半身浴まあまあやっていますよ。」

夏場にさぼってられたでしょ?

「それが今頃?」

 

一年前の冬にご来院されて、きっちり半身浴を続けてくださっていました。

どんどん状態が良くなり、施術間隔を開けていくことができました。

しかし、夏場のご来院時には暑くてできていないことを正直に教えてくださっていました。

その後も、忙しくて、最初ほどきっちりは行ってられない。

 

冷え障害は生命活動の根幹に作用し、徐々に溜まっていきます。

冷え取りは整体とは別に意識して行わないといけないんですね。

 

体内に温度差が生まれて自律神経が乱れて冷え障害の元になります。

冷え障害と言う意味では、体内の温度差が生まれやすい夏場が要注意の時期になります。

 


逆紹介?

「スポーツクラブで、〇〇さんから ”ほぐし庵さんにいってみたら?” って言われて、逆紹介されちゃったの。フフッ。」

40代女性。

2年前にアゴの整体をご卒業。その後調子良くてしばらく空いていました。

スポーツクラブで痛いって言っていたら、ご卒業後すぐにご紹介いただけた〇〇さんから、逆に、促されたみたいです。

「寝違いかな?首から肩が3日前から痛くて、だんだん酷くなって。」

 

チェック法でチェックしながら技をかけていきます。

それまで調子は良かったみたいですが、緊張層がたくさん溜まっています。

緊張を全て解除し、肋椎関節のズレの調整。

右の2番目から5番目まで、広範囲にずれています。

確認で、

「まだ違和感はあるけど、痛みが取れました。」

寝違いの原因は肋椎関節のズレであることが多いです。

しかし、ズレとは本当にわずかな不調和なので、本来であればすぐ戻るところですが、全身の緊張層の影響で戻らなくなってしまうのですね。

再調整を数回繰り返し、違和感も消して終了。

 

「肩がすごい楽!」

「でも、なんであの技で取れていくのですか?」

2年前のお客様なので、今の新しい技が不思議だったみたいです。

自律神経に着目した理に沿った手法であることを説明して終了。

「時々リセットしなければ...、また、お世話になります。」

  「ありがとうございます。嬉しいです。」


寝違いから

「最初は寝違いからなんです。」

「右首から肩に来て、子供抱っこしたら右肩の前がすごく痛むようになりました。」

「あと、手首も引っかかる感じで痛いです。」

30代女性。

 

お子さんを両脇に眠られているから、無理な姿勢になりやすいみたいです。

チェック法でチェックしながら技をかけていきます。

カラダにかかる緊張を解除して反応が出やすくします。

肋椎関節1番目の左側、7番目の首の骨、を無痛調整して確認。

首が楽です。

抱っこを想定して椅子を抱えてもらうと、

「だっこと違うけど、肩の前が痛む気配がないから大丈夫だと思います。」

 

残った右肩後部の痛みと手首の調整をして、

「手首がうつ伏せでじんじんしてましたけど、途中から消えました。」

「楽に動きます。」「肩も取れました。」

痛みがすべて消えて終了。

 

「ゴールデンウィークは営業されているのですか?」

  「はい、今のところ」

育児疲れでどんどん緊張が重なり、自然にズレが戻らない状態になっていたみたいです。

ズレを取っていますから、これで問題ないと思います。


寝違いかなあ?

「今日は寝違えたみたいで...。」

40代男性。

アゴの整体を卒業されて、3ヶ月に一度くらいの間隔でメンテナンスに来てくださっています。

 

「寝違いかなあ?右肩の奥のほうが痛くて、一週間我慢したけど変わらんから...」

チェックしていくと、基本手技はかけられない反応が出ます。

思ったよりややこしそうですね。

 

「奥の方」と、場所がはっきりしないので、痛みを軸にチェック法でチェックをかけて、同時に技をかけていきます。

確認で、

「ああ、動かせる。でも、まだ、戻す時に痛みが出る。」

結果を軸に、また技をかけて、無痛をめざして何度か繰り返します。

「すごいなあ、これだけで変わっていくんじゃなぁ。」

 

なんともない状態までもっていけました。

基本手技はゆらゆらと優しい手技ですが、症状によってはカラダが反応して戻ってしまう場合があります。

カラダの防御反応は侮れません。

いつもの手技をかけないことを説明して終了。

チェック法と技のコラボ、だいぶ進化してきました。


寝違い

きっちりは数えていないが、腰痛、肩こりについで多いのが、意外と寝違いのような気がする。当店の場合

たいていは、首の付け根が痛いからついでに直してというレベルの方が多かったが、 首がわずかに左にしか回らないと言われる方がこられた。

 

痛い箇所は触りません。ちょっとずつ攻めることにしています。

 

(右肩が下がって背骨が歪んでいる。腰周りもしっかり施術しないといけないな)

基本手技で左には向けるようになると感じた。まずそこまで持っていく。

筋肉をゆるめるのはわずかな振幅で十分です。

状態をうかがいながら、ゆらゆらと。

筋肉は縮めて揺らせばゆるみます。

 

「はい、ゆっくり左に向いてください」

「ん、ああ。大丈夫です」

ここまでくれば、操体法で...

「じゃ、こんどは右へゆっくりと」

「あれ!?  ふふ。」

 

わずかな振動で首が動くようになるのを不思議がっておられた。

痛いところがあると、ご自分で揉んだり、パートナーに揉んでもらったり、ついついしてしまうと思います。

それがかえって悪さすることがあります。繊細な箇所はとくに。

「かーさん お肩を~♪」

叩くのも気をつけてくださいよ。

 

京都府八幡市の整体サロン ほぐし庵