悪くないのに痛い

2015年11月16日

「右下の歯全体が痛む感じ、場所はわかりにくいです。」

歯科の検査で問題なくご来院。 50代女性。

 

最近よく似たケースのご来院が多いですが、

痛む箇所が、病院の検査では問題ないのに痛い場合、

自律神経のアンバランスで発生する緊張痛であることが多いです。

 

チェック法でチェックしていくと、アゴとは全く違う要素が反応。

気持ちからくる緊張痛で、消去法で簡単に消えました。

 

肩、首、目の奥、頭痛も訴えられていたので、同様にチェック法で確認して消去法をかける。

「消えました。楽です。」「病院にしようかどうしようか悩んでいたのですけど...。」

「病院の検査は大事ですよ。」

 

あと、

自律神経に着目した整体で、カラダをリセットすることだけでなくて、

足湯など自律神経に良い習慣をつくることで、ストレスなどの影響を最小限にすることができますよ。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。