ヘルニア?

2016年12月13日

「2件目の整形外科でヘルニアって言われました。」

「どちらもレントゲンでは問題ないのですが、足を動かすテストでシビレが増したんです。」

30代男性。

 

立った時や歩く時に、左足の足首や膝裏や臀部にシビレと痛みがでる。

寝た状態から起きるときには、さらに強く痛みが増し、立ち上がることができないくらいに痛むらしい。

坐骨神経痛のしびれに似ているから、ヘルニアが隠れているかもということだと思います。

 

チェック法でチェックしながら技を入れていきます。

左股関節、左膝関節、左足腓骨、足首でズレの反応。

ズレの調整と、動きに合わせて出る辛さの関連箇所の調整を行います。

 

何度か繰り返し。

「だいぶ楽に起き上がれるようになりました。」

 

違和感はまだいくらか残っている状態ですが、

寝た状態から起きるときの辛さと、歩くときの辛さが無くなったので終了。

 

「もっと、早うくりゃーよかった。」

 

簡単なケースでしたが、左足にズレが集中していたのでひどくなったのでしょうね。

辛さに関連しているズレとは、ほとんどのケースで、レントゲンや目視ではわからないレベルのものです。

ズレというより、関節の不調和と表現したほうが良いかもしれませんね。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。