右膝の外側が痺れた感じで感覚がないです

「腰の痛みと肩こりと右膝のしびれです。」

「膝の外側が感覚が無い状態で、2週間前くらいから出ています。」

「MRIでは異常なしです。」

 

30代男性。

 

動いていただくと、腰は前屈で強く、後屈でも痛む。

膝横の感覚の無い痺れ感は常に出ているらしい。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えの影響が大です。

下腹部内部の緊張が反応しています。

マスキングに合わせて相対解除を繰り返します。

 

確認で、

「楽になっています。」

「右肩がまだ残っています。腰は大丈夫ですね。」

「あ、膝の痺れが引いている。ちょっとここに残っています。」

 

解除と確認を繰り返します。

膝はストレス系も反応します。

確認で、

「あ、さっきのとこ楽になりました。」

 

お辛さは一旦無くなり終了。

膝の痺れ感を特に気にされていましたが、取れて良かったです。

 

冷えによってカラダ内部に緊張が溜まると、それが他部位に連動し、連動した箇所が緊張してしまう。

冷えという習慣からくるものなので、辛さが引きにくい状況になりやすいわけです。

 

技の経緯から、膝の横の痺れも冷えによる影響がかかわっていました。

適切な温度や時間で冷え取りを習慣にすると、お辛さは出にくくなると思います。

 

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。