奥まで息が入らない

2015年11月16日

「息苦しいんです。一か月前から。」

「息が奥まで入らなくて。」

「何かに夢中になっている時は気にならなくなるのですけど、気にしだすと吸えない状態が続いて。」

「病院では異常無くて困っています。」

 

30代男性。

 

自律神経の乱れで緊張が高まってくると、呼吸に影響出るケースは良くあることですが、

『意識した時に酷くなる』 という、気持との連動が整体の範疇であるかどうか?これが改善のポイントになると思います。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:息苦しさ

  • 下腹部内部の緊張との連動 70%
  • 臀部の緊張からの影響 10%

これ以外は、ストレスが複雑に関係していてリレーションを複雑化している感じで、チェック法で量的にはつかみにくい状態。

 

技を入れていきます。

マスキングに合わせて、下腹部内部の緊張を相対解除の間接手法を用いて解放しながら、臀部の緊張も解放。

全身バランス調整をして確認。

 

「まだ、口で吸うと吸いきれん。」

 

再チェックで、

深部に潜んでいたストレス系緊張層が出てきました。

症状や各部位との関連解除の手法をかけて確認。

 

「あ、さっきよりいい。」

「でも、意識するとまだ吸いにくいくなる。」

 

再調整で、

「完全ではないけど、最初より楽になっている。」

「半分くらい減った感じかな。」

 

チェック法の反応が出なくなってきたので終了。

 

 

(2回目 6日後)

「少し良くなった。苦痛な感じではなくなりました。」

 

良い方向でよかった。

同様の施術で終了。

 

(3回目 9日後)

「息苦しさは出なくなりました。」

よかった。

 

結果的に、整体の範疇で起きていた症状でした。

下腹部内部の緊張の主要因は冷え(体内の温度差)で自律神経が乱れて蓄積したものでしたが、ストレスも大きくかかわっていました。

冷え取りをがんばっていただけたので、改善が順調に進みました。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。