「 半身がつらい 」一覧

左膝裏が痛くてしゃがめない!最初は腰痛だけだったのに

辛い箇所に刺激を入れると、カラダの防御反応から、かえってその箇所が硬くなります。

今回は、防御反応によってしゃがめないレベルに膝裏が痛くなっているケースです。

左膝裏が痛くてしゃがめない!最初は腰痛だけだったのに肩甲骨や膝裏まで広がった40代女性

「しゃがんだら膝と腰がすごく痛いんです。」

「2年前は腰痛だけだったのですけど。」

「1年後には左の肩甲骨へ、その後に、左の膝裏まで痛みが広がって、MRIでは異常無しだったんです。」

「左の肩甲骨から膝裏まで筋が張ったようになっています。」

 

40代女性。

 

しゃがむとヒアリング通り左膝裏の痛みと左腰痛でしゃがんでられない状態。

前屈をしていただくと、左腰の痛み、左膝裏の突っ張り。

頭を動かすと左肩甲骨の痛みが際立ちます。

施術前の痛点の図

整体要因リレーション

しゃがみ時の左膝裏痛と左腰痛:

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • 全身に覆われた緊張層との連動 20%
  • 脚部全体の緊張との連動 60%

左肩甲骨痛:

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • 全身に覆われた緊張層との連動 20%
  • 脚部全体の緊張との連動 60%

整体チェック法でチェックすると同じリレーションで反応してきます。

「左側の筋が張っている。」という表現があったのですが、肩甲骨から膝裏まで同じ要因で緊張がかかっていて、上図3点で痛点として強調されている状態でしょう。

施術経過

初回施術

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

全身のストレス系緊張層がチェック法に反応してきました。

刺激の強い施術を受けてこられたことの防御反応とマスキング現象が反応します。

 

マスキング層に紐付く緊張を開放させて中間確認。

起き上がる段階で、

「首が痛い!」

奥に潜んだ痛みが表面化してきました。

しゃがむと、

「膝裏も腰もまだ痛いです。」

 

再調整で、

「首消えてきました。動かすと右に出ます。」

「腰の痛みが両方になってきました。」

しゃがむと、

「膝の裏はマシになってきています。不思議!」

 

カラダに付帯する緊張を取る過程で、奥の緊張層が表面化するので、痛みの位置が動いたり、最初に出ていなかった箇所に痛みが出たりします。

再調整を繰り返して、しゃがんだ時の膝裏は消えて、しゃがんで立つときの腰の痛みが少し残る。前屈で前の骨盤に違和感、後屈は腰両方に少し痛みが残る。左肩首に痛みが残る状態で終了。

冷え(温度差による自律神経の乱れ)が関わっていたので、冷え取りの最適条件をお伝えして、ストレッチやマッサージなど一切やめていただくことをお伝えしました。

2回目 前回から7日後

「痛みが色々出てきました。」

「膝裏は前より弱いです。」

肩甲骨から膝裏までの、左全体の張りは無くなっています。

動きの確認で、

しゃがむと両方の腰と左膝、痛みは前より弱いです。

それ以外も前回術後の箇所に痛みが戻っている状態。

 

同様の施術で、今回は過去の2回の事故のマスキング層が反応してきました。

最終、しゃがみの膝裏痛は無し、しゃがみ立つ時お腹に響く。頭を動かせる可動域はアップ、左肩甲骨に痛み残る。前屈でお腹に違和感、後屈で両方の腰に痛み少し残る状態で終了。

3回目 前回から12日後

「左腰が痛いです。」

「でも、膝裏の痛みは大丈夫になりました。」

 

動きの確認で、

しゃがむ時と前後屈で腰の低めの位置に痛み。

 

同様の施術で、後屈で腰に少し残る状態で終了。

4回目 前回から21日後

「全体的に楽になりました。ありがとうございます。」

「普段、左腰が気になることはあります。首も時々。」

「膝裏は全く痛くないです。」

 

動きの確認で、

しゃがみは全く問題ない。後屈で腰にひびく、頭を左に動かすと左肩甲骨上部で痛み。

動きがスムーズで痛む箇所も程度は低くなっています。

この施術で区切りになりそうです。

防御反応がかかわり複雑に悪化したケース

マッサージなど、刺激の強さや入れるポイントによっては、逆に緊張が強まってしまう場合があります。

刺激に対して守ろうとするカラダの防御反応がかかわってくるからです。

 

施術で入れた技の経緯から、防御反応がかかわることで、腰から肩甲骨や膝裏まで緊張(痛み)が広がっていたケースでした。

整体所感

防御反応が関わって悪化すると、施術としては複雑になる場合が多いので注意が必要です。

基本的には、整体の範疇で起きている不調は、その箇所がどうにかなっているのではなく、自律神経がかかわる緊張の蓄積現象や連動現象によって起きているので、刺激やストレッチによって緊張の蓄積が減っていくわけではありません。

  • カラダに付帯した古い緊張を開放していく
  • 緊張が入る要因(冷え・ストレス)に対し対策をしていく

ことが大切です。

 

文中に分かりにくい表現があると思います。

冷え・ストレスによる自律神経の乱れと緊張の蓄積現象についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種類や入れ...

をご参照ください。


数珠の力?

「左肩がガチガチで、左足が痛だるいです。」

「足を引きずってしまって歩きにくいです。」

「こんなに酷くなることなかったのに。」

 

70代女性。

3年ぶりのご来院です。

 

たしかに。

今までは肩が中心で既に改善されていたのに、

歩き方に影響出るくらいに左半身にお辛さがでている。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

ストレス系の緊張が多重にかかっています。

下腹部内部にもかかっています。

 

動いていただいての確認と解除を繰り返しますが、

ほとんどがストレス系の緊張解除で終始しました。

 

「普通に歩けます。肩も楽になりました。」

 

難しくないケースですが、何か突発的なストレスがあったのでしょうか?

 

(2回目 9日後)

「歩くのはまあ良いです。でも、肩がまた突っ張って...。」

 

整体チェック法をかけていきます。

あれ?左手首に着けているものが反応します。

その透明な数珠みたいなの、前回の施術の時もしてられました?

 

「いいえ。あの時は外していました。」

 

外していただいて影響が治まった状態で確認。

「ましになってきています。」

 

間違いないですね。

さらに、違和感の関連を解除して楽になり終了。

 

「2カ月前くらいにもらったもので、いいからって良くつけていたんです。」

「もう着けないようにします。」

 

今までにないお辛さの原因がわかってすっきりしました。

数珠みたいなものがどういう理屈でカラダに影響するのかはわかりませんが、意外とこういうケースは少なくないです。

相性しだいで良い方向に働く場合もあるのでしょうね。


右半身が辛い

「2週間前から、右の背中と腰が痛いです。」

「4日前から朝起きるのも辛い状態で、病院に行きましたが異常ないと言われました。」

「痛み止めも効かないです。」

30代女性。

 

歩き方にも影響が出ていて座ってもお辛そうです。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

カラダの防御反応が強いです。

解除してサーチすると、下腹部内部との緊張連動が反応。

他に緊張層が複数反応しますが、カラダ内部の緊張が主因と思われます。

緊張消去法をかけて確認。

 

「あれ?軽くなっている。」

術前に動きの確認ができなかったので動いていただきます。

「背中に痛みが少し残っています。」

 

残った緊張層を消去して確認。

「痛くないです。軽い、大丈夫です。」

 

簡単なケースでした。

冷えによって自律神経が乱れてカラダ内部に緊張が入り、その影響で右半身の体表に痛みとして現れたものと思われます。

 

半身浴の仕方やカラダに刺激を入れないことなど注意点をお伝えしていると、

「なんだ、そうなんだ。」

「実は、主人にマッサージ機をかけてもらって、それから動けなくなったんです。」

 

でしょうね。

最初の状態から、冷え以外にも悪化の原因を感じていましたが、理由がわかって納得です。

お辛さを改善したいときは、そこに刺激を入れないことが大切です。


整体

ご主人に勧められてご来院された、50歳代前半の女性。

右半身全体の違和感(肩こり、股関節痛、かかと痛、背から腰のつっぱり、肘から親指にかけてのこわばり)。

正しい姿勢をとるのがつらい、朝が重い...。

半身がつらいというケースはよくあります。

 

介護疲れもあり、お話を伺っている中で、抱えているつらさの大きさが伝わってきた。

 

一回目
通常の全身メニュー。腰周りと股関節の調整を重点的に行う。

 

二回目問診(2日後)
施術後、ご主人が心配するほどの反応がカラダに出て、眠り続けて、次の日の昼には治まった。
その後、カラダ全体が楽になり、 便通がよくなり、胃の調子もよくなった。 股関節も痛まなくなった。

形体観察で背中の右にあった大きなコリは取れていた。何より、明るく話されるお姿に安心。

 

三回目問診(さらに2日後)
「カラダが楽。内臓が楽です。顔の湿疹の腫れがましになってきました。」

たしかに、違ってきている。(これはびっくり)

この整体をやってて、長期間抱えていた辛さが一回もしくは数回の施術で改善に向かうことは珍しくないのですが、 お会いするたびに元気になられて、元々、治癒力が高かったのでしょう。

「何でだろう。どおってことない事しかされていないのに...」

(そのとおりです。)

お客様の治癒力を尊重して、元の良い状態に戻るように仕向けるだけです。

治癒力を邪魔しない優しい手技で、戻るためのきっかけづくり。

 

整体

矯正するのではなく、治療でもなく、カラダに気づかせること。

それだけで、ズレやゆがみが戻ろうと動き出す、代謝も変化するでしょう。

いかに早く、カラダに無理なく、気づかせるか。元に戻せるか。

これに人生をかけてます。