「 骨盤矯正 」一覧

産後3ヶ月で出てきた臀部痛と足のしびれ感

坐骨神経痛を改善し、予防としてメンテナンスでご利用の常連様が、ご出産後に以前と同じ箇所に痛みが出てきたのでご来院。

ご出産から3ヶ月経っています。

妊娠中もメンテナンスされていたので、ややこしくはないと思いますが、どんな感じでしょうか?

「急にお尻に痛みと足に痺れを感じたので。」30代女性

「育児で忙しくてなかなか来れなくて。」

「でも、急に前痛かった箇所に痛みと痺れを感じたので来ました。」

 

赤ちゃんとお姉ちゃんはご主人に預けてタクシーでご来院。

 

動いていただくと、

左臀部下部に痛み。左足に痺れ感。

初回の時のような酷いレベルではありません。

整体要因リレーション

左臀部下部の痛み・左足の痺れ感:

  • ストレスによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスが直にかかわっている 20%
  • 脚部全体の緊張との連動 40%

施術経過

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

 

出産時のストレスマスキングが反応してきます。

マスキング層に紐付く奥の緊張層の開放。

ストレス系で沢山出てきます。

 

上のお子さんの関連でのマスキング層も反応。

同様に、ストレス系緊張層の開放と、部位間の緊張連動を解放して動きの確認。

 

「お尻のところ大丈夫です。」

「足も痺れ感ないです。」

「肩のコリが残っています。」

 

再調整で、

 

「肩こり大丈夫です。」

「楽になりました。」

 

「次いつ来れるかなあ~。」

小さなお子さんと赤ちゃん。育児と家事の両立。大変ですね。

「あれしなきゃって、焦る毎日なんです。」

がんばってください。

整体所感

産後の骨盤調整に必要なこと

骨盤周囲のバランスを正常に、弾力のある状態に保つことを骨盤調整といいます。

これは、捻ったり押したりすることでは達成できません。

産後に一番大切なのは、出産時のストレスマスキングの影響を開放することだと産後の施術を通じて感じています。

古い緊張層がマスキング現象によって自然に開放されにくくなるんですね。

育児中で大量の緊張はあったがメンテナンスのおかげで複雑化していなかった

やはり、妊娠中も含めてメンテナンスをずっと続けていただけてくださっていたので、蓄積が複雑化していなくて施術としてはスムーズでした。

しかし、緊張の蓄積量は育児中の方に共通で多かったです。

 

冷え・ストレスによる自律神経の乱れと緊張の蓄積現象についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種類や入れ...

をご参照ください。

 


最近、口があきにくくなって

「カクカクは前からなんですけど、ここ一ヶ月口が開きにくくなってきて。」

「骨盤の歪みも感じます。仰向けで当たり方が違うんです。」

 

20代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

右に引っ掛かりがあり、うまく口が開きません。

整体チェック法では、冷えからくるカラダ内部の緊張連動が腰肩首にかかっていて、そのテンションのアンバランスから顎関節の関節円盤がズレているみたいです。

緊張消去法で肩腰を整え、全身バランスをとり、アゴ周辺の緊張バランスもとりました。

 

初回施術後

口が開くようになってきました。

カラダやアゴに刺激や圧力は加えていません。

 

(2回目 1週間後)

「アゴ少し戻ってきました。」

「仰向けの骨盤の感じは前よりましです。」
2回目施術前

最初ほどではないけど引っかかっていますね。

同様の施術で開口改善して終了。

 

(3回目 1週間後)

「口が開くのが継続しています。」

3回目施術前

大きく開きますが、徐々に制限がかかっている感じで、まだ不安定です。

3回目施術後

引っ掛りなく、綺麗に開くようになりました。

 

施術前の開口比較から、この3回の施術で一つの区切りになりそうです。

次回は、間隔を空けていただきます。

 

入れた技の種類と経緯から、

今回、アゴの不調は肩や腰の緊張の影響が大きかった。

肩や腰は、冷えによるカラダ内部の緊張の影響で起きていた。

つまり、半身浴など冷え取りを行うことでアゴの調子は安定しやすくなります。


座ると左のお尻が痛い

「椅子に長く座ると左のお尻が痛くなります。」

「長く座らなくても左は当たった感があります。」

「仰向けで寝るといつも腰が痛いんです。」

紹介でご来院。20代女性。

 

良くあるケースです。

動きの確認では腕がうまく上がらず、手が合わさりません。

全後屈では腰に痛みは出ませんが、後屈が少しきつい感じです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

カラダ全体のアライメント調整、背中に問題がありました。

骨盤の周囲バランスの調整、これが座位でのおつらさに大きくかかわっています。

下腹部内部との緊張連動を解除。

これは肩の緊張に影響を与えています。

 

確認で、

「腕が楽にあがる。すごい!」

「後屈も楽です。」

「椅子に座った時の当たった感はだいぶ少なくなりました。」

 

? まだ違和感があるみたいです。

基本手技の一部の手技を入れます。

「お尻の違和感はかわらないです。」

 

再度、違和感の箇所をサーチしていくと、その箇所の組織的な不調和が反応しました。

分割解除で反応が消えたところで確認。

「違和感が全然ないです!」

 

喜んでいただけました。

大枠はこの施術で大丈夫と思いますが、バランスをカラダが覚えるのにもう少しかかるかもしれません。

肩は冷えの影響が大きいので半身浴のアドバイスをして終了しました。

 


産後

ブログ 「 妊娠時のつらさ 」 の20代女性が産後のチェックでご来院。

安産だったらしく安心しました。

今回は、股関節と恥骨の違和感と首の痛みが出ていて、骨盤の調整と合わせて進めていきます。

 

チェック法でチェックしながら全身を調和させていきますが、

腰と首のストレス系の緊張が厚い層のようになっています。

お産の大変さが伝わってくるようです。

歩いての確認、足湯器をベビーカーに見立てての確認、動きの確認などで痛みなく終了。

 

「ベルトで締めるように言われて使っているのですけど...」

基本は自然に戻るはずなので、必要はない??

今回、骨盤に関して、産後を意識したチェックと調整をしましたが、思ったほどのズレがなく、スムーズに元に戻っていました。

当院の骨盤調整は、戻る力を活性化させながら戻していく手法で、チェック法に基づいて調整するので、正確さと持続性が評価されています。

5回ほどご利用いただいていたので、そのおかげかな?とか考えたり、ベルトの効果もあったのかな?とか考えたり。

ただ、施術を通じて、一つ確実に言えることは、

産後、整体はしておいたほうが良いですね。