「 狭窄症 」一覧

狭窄症で長く歩けない

「100mくらい歩くと、腰とお尻の付け根が痛くなって歩けなくなります。」

「病院では狭窄症と診断されました。」

 

50代男性。

 

歩く確認はできませんが、後屈で両臀部の低い箇所に痛み、ふくらはぎが常に張った状態。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

下腹部内部、股関節、仙腸関節、腰椎のズレ、マスキングが反応。

調和させて、緊張バランスをとり確認。

「お尻の下から、ゾワッと上がってくる感じの痛みに変わりました。」

 

再チェックすると尾骨のズレが反応します。

調和させて確認。

「もぞもぞする程度になりました。」

 

違和感は残りましたが、整体としては完了しているので終了。

 

(2回目 4日後)

「あの後、痛みが出なくて調子よかったです。」

「でも、昨日、雨の中30分ほど歩いたら痛みが出てきました。」

 

まだ、カラダが安定していない状態ですが、30分持つとは順調な経過です。

 

前回同様の施術をおこないます。

マスキング、カラダ内部の緊張、ストレス系の緊張が反応。

複数回、確認と解除を繰り返します。

前回より調整箇所が少ないです。

「お尻の方は消えて、腰の真ん中に痛みが移ってきました。」

 

後屈の可動域が上がってきています。

しかし、今残った痛みは狭窄症にダイレクトに連動している可能性があります。

チェック法の反応も消えてきたので、深追いせずに終了。

 

狭窄症自体は整体では変化しません。

しかし、お辛さの全てが狭窄症によって出ているとは限らないわけです。

 

病院で「様子を見ましょう。」というレベルの狭窄症の方は、

殆どの方が、それ以外の箇所を整体で調和させることで、日常生活で問題ないレベルに変わっていきます。

 


トレーナーまでつけたのに

腰椎の狭窄症とすべり症と診断されて、

お尻から太ももにかけての痛み。

立っていても座っていても襲ってくる、しかめっ面になるような痛みと抜けるような感覚にたえる毎日だった、紹介でご来院の50代女性。

 

数回の集中施術と、徐々に間隔を開けながらの施術で、2ヶ月くらい開けられるようになったある日。

「しばらく様子を見たいと思います。」

とキャンセル。

 

3か月後、

「お尻から太ももが引きつって痛い!」

と再来院していただけました。

「カラダがなんともなくなったから、スポーツクラブで老後に備えて筋肉をつけようと思って。」

「別料金でトレーナーについてもらって始めたんです。」

「狭窄症やすべり症の人の経験もあるから大丈夫って言われて。」

何をして痛くなったのですか?

「股関節が硬いってギューっと痛いくらいに揉まれて」

「その後、足に重りをつけて足を上げる運動をしたんです。」

「その後、急に来て。」

....。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

カラダの防御反応からくる記憶層の解除と痛点付近のじん帯や筋膜の調和を繰り返し行います。

防御反応なので、何度も反応してきます。

調整と確認を繰り返して痛みなく終了。

 

「本当にすみません。治してくれていたのに。」

「トレーナーはすぐ解約します。」

おカラダが何ともなくなって、次のステップを考えるのは自然なことだと思います。

お近くで調整ができれば一番ですものね。

今回は運が悪かっただけです。

 

でも、運動はできるだけ自然な動作で行ったほうが良いと思いますよ。

たとえば、歩くとかは整体効果もあるので良いと思います。


まだ

一年前から狭窄症で、右側のお尻から太ももにかけて痛みがある。

年末、特につらくなり、紹介でご来院。

50代女性。

 

1回目

お仕事中、立ちっぱなしの時に特にお辛いらしく、バランス調整を念入りに行う。

初回でのチェック法の反応は意外と少なく、痛みが出ないところまで調整。

基本手技は入れられない状態なので無しで終了。

 

2回目(1週間後)

「今週は、強い痛みはなかったです。しかめっ面にならなかったです。」

「抜けるような感覚も出てこんかった。」

「早くから紹介されてたのに、はよーくりゃーよかった。」

いい感じです。ホッとする瞬間。

 

しかし、いつもの施術を入れた後、チェックすると、基本手技の一部の手技が必要な反応が出る。

入れた後確認すると、今までと違う形で痛みの状態が現れてきました。

 

まだ、奥に潜んでいますね。

でも、安定までそんなに時間はかからないと思います。


落ち着く

腰部脊柱管狭窄症で長く歩けないお客様。70代男性。(ブログ 前より強く

今日が四回目の施術。

「買い物していても問題ない。歩ける。」

「杖を探さんでいいし、寝るときも、右を下にしても痛くないし、仰向けも痛くない。」

「家内から、腰が伸びていると言われた。」

 

3回の施術で、カラダが良い状態を覚えたみたいで、臀部や右足の痛みは出なくなったようです。

前回から2週間しか経っていませんが、状態が落ち着いてきたと考えて良いでしょう。

 

歩いていただいて、動きを確認。若干の足運びの乱れを整えて、基本手技をかけて今日は完了。

多分、一ヶ月は問題ないと思いますが、狭窄症自体が変わっているわけではないので、安定を維持するために施術は続けたほうがよいです。

一応、次回のお勧めの施術間隔をお伝えしました。

でも、ご本人はこれで卒業って雰囲気でしたね。


前より強く

お客様である奥様のご紹介で来られた、70代男性。(ブログ:今日は腰

腰部脊柱管狭窄症の手術を1年前に行い、経過良好であったが、今年5月から激しい痛みに襲われて、MRIで状態が変化していることを確認。

歩けない状態でしたが、お医者様からいただいた痛み止めが効いて、少しであれば歩けるようになって、ご来院。

 

お医者様からは、「できるだけ動きなさい」と指示が出ている中で、施術開始。

一回目

痛み止めが効いてるからか、思ったより痛がらない。

いつもの進め方で、動きの確認を行い、楽になって喜んでいただけた。

二回目(今日)

ヒヤリングで、

「前より痛く感じる。」

「片足だけの痛みだったが、両足が痛い」

予想通りです。

マスキングを取っていくことで、隠れた痛みが出るのはよくあることです。

 

前回同様の進め方で、マスキング排除とズレの調整で、痛みを取り除く。

歩行での痛みが強いので、院内を50歩ほど歩いていただき、改善を確認。

右足を下に寝ると臀部が痛むので、右足を下に寝ていただき、改善を確認。

 

ヒヤリングでは不安なご様子でしたが、安心していただいて終了。

 

この方は、4回くらいかかると予測しています。

その場の確認では、問題ないレベルにもっていけても、カラダがまだ良い状態を記憶していない状態だと思います。

まだ、戻ったり、ましになったりを繰り返しながらの改善になるでしょう。

痛みどめが効いていることも、影響しているでしょうね。