子供の肩こり

「お父さん、首が痛い」

息子が言ってきました。

左の首の頭との付け根あたりを触ると、

「いたたたたっ いたいよう」

触れた程度で、この痛みようは嫌な感じ。

(こりでここまで痛くなるのかなあ?)

左肩を触ってみたら、硬いしこりがあった。

子供なのにこりやすい体質。私に似てしまったかな。

 

おそらくは、肩こりからあがったものだろう。

うつ伏せにさせ、まずは骨盤の調整。

そして、背骨。

仰向けにさせて、ゆらゆらと揺らし、肩甲骨の間を緩める。

この手技は肩から首にかけて同時に緩みます。

肩、首のアンバランスを取っていき、今度は座らせた。

首を動かさせ、そして、触り、痛みの確認。

「もう痛くないよ」

 

首の稼働域が左側に悪かったので、それも修正。

(これで痛みが取れたのなら、コリ以外の要因はないかな)

ちょっと安心です。

しかし、こりやすさは私の遺伝かもしれませんが、小学校6年の息子が痛みを訴えるほどにこっていたこと。

原因は何なんだろう。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。