ストレッチ

「立った時、腰が伸びなくて、右腰の痛みがあります。」

30代男性。

時々同じ出方の腰痛に悩まされていたが、今回、きっちり改善したいとご来院。

 

立っていただくとお尻が出て腰が伸びていない状態。

立った状態で痛く、前屈も後屈も痛い。

お辛さの出方としては良くあるケースです。

 

チェック法でチェックしていくと、冷えの緊張が出ていたので15分の足湯で対処。

その後、尾骨、恥骨、腸腰筋、横隔膜、腹膜、腸など、チェック法で反応した箇所の緊張やズレを解除。

次に、右腰の痛む箇所や全身の緊張調整をしていき確認。

「痛いです。」

再度、チェックすると、同じ個所できつい反応が出ています。

こういうパターンの場合は、ご自身で何か刺激を入れられていることが多く、カラダの防御反応が強く働いているので、解除に時間がかかります。

 

通常の倍の時間をかけて、立位のバランスと前後の可動域確保、前屈の違和感ゼロ、後屈の辛さを違和感レベルに改善して終了。

「ストレッチを一生懸命していました...。」

それですね。

 

基本的に、痛みは ”そこを動かすな”のサイン。

カラダが緊張を入れて守ってくれている箇所を無理に伸ばすと、カラダはさらに強い緊張を入れてそこを守ろうとしてきます。

  「カラダの反応が無くなるまで、安静でお願いします。」

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
他院であまり使われていないアプローチで、岡山県をはじめとして、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からもご来院いただいています。   アゴの整体 も得意で力を入れています。 病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 このブログは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。