膝が痛くて曲げられない、歩くのも辛い

「膝が痛いんです。今だめですか?」

日曜日の夜、時間外に会員様からお電話がありました。

 

お辛いのでしょうね。

たまたま時間外施術中で、晩酌がまだだったのでお受けできました。

 

流れに感謝。

「左膝が痛くて曲げられなくなったんです。」

「だから、階段も辛いし、うまく歩けない。」

30代女性。

 

お辛そうです。以前、ダンスの指導もされていた方で、元々カラダの機能が高い方。たまたま悪条件が重なっただけで、すぐ戻せると思います。

 

チェック法でチェックしながら、足首だけの操法をかけていきます。

左股関節が何度も反応します。

そして、左の脛骨、腓骨のズレ。

良くあるケースです。周辺筋肉のバランスと全身の緊張消去を行いながら調和させていきます。

 

確認で、

「正座ができる! でも、まだ、膝の裏とお皿の痛みが...。」

再調整で、

「無くなりました。でも、正座で後ろに体重をかけるとお皿がパカッとなりそうな違和感があります。」

再調整で、

「無いです。楽です。」

 

色々動いていただいて、違和感無い状態になりました。

なんともない状態までもっていけて良かった。

 

「パソコンしながら、足を引っかけた状態で眠ってしまったりしてたから...」

 

お仕事柄、とてもお忙しい方です。

骨のズレだけでなくて、カラダの緊張も要因だと思いますよ。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。

膝痛

Posted by 院長