左の股関節が痛くてアヒル座りができない

「左の股関節が痛くて足が開かないし、あひる座りができないです。」

「レントゲンで骨頭壊死かもと言われて、MRIではそれではなかったです。」

40代女性。

 

チェック法を使いながら無痛の技をかけていきます。

左股関節のズレとじん帯の緊張が反応。

ストレス系の緊張と下腹部の緊張。

全身を覆う緊張層の解除を行い確認。

「まだ痛いです。」

 

複雑になっていますね。

さらに反応を消していき、

「少し楽に開きます。」

これを数回繰り返して、

「座れます。開くのも楽!」

 

ぺったんこ座りとかあひる座りとかいうらしいですが、痛くてお尻が付けない状態から、痛みなく座れるようになりました。

仰向けで膝を開いて確認していただくと、右ほどではないですが楽に開いています。

 

過敏な状態なので、今日はこれで終了。

レントゲンでは異常様に写っていたみたいで、確かに解除が複雑でしたが、通常の股関節痛と同様のパターンでした。

たぶん、数回のメンテで安定すると思います。

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。

股関節痛

Posted by 院長