両足の付け根が痛くて、走ったり、階段やあぐら座りとかで痛みます

「両足の付け根が痛くて、走ったり、階段やあぐら座りとかで痛みます。」

「一か月前スキーでころんで、その時痛めたのかなあ?」

「でも、2週間はなんともなかったんです。」

 

紹介でご来院。30代男性。

 

左が特に強くて階段とかでは激痛が走ることがあるみたいです。

でも、痛みにムラがあるらしく、痛む箇所以外の影響ではないでしょうか?

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

やはり、下腹部内部の緊張がリレーションとして反応してきます。

緊張消去法を入れてバランスをとって確認。

 

「痛みが減っています。」

「まだあぐらで少し痛いです。」

 

再調整で、

「楽です。これだったら走れるんじゃないかなあ?」

外を走ってみてください。

 

 

「走れます。大丈夫です。」

 

かけた技の種類や場所などから、冷え障害が考えられます。

ですから、その時の緊張の入り具合で痛みの強弱があったわけですね。

 

冷え障害は体内の温度差で自律神経が乱れることにより起きます。

自分自身で気づかないことが多いですが、病院で異常無いお辛さは冷えをまず疑ってみることも大切だと思います。

 

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。