側弯症の影響

2016年12月24日

「今日は、左手小指と薬指の不調と耳の後ろの痛みです。」

「いつもの痛みは左ひざくらいです。」

40代女性。

 

8ヶ月ぶりのご来院です。

ずいぶん空いているのでお辛さが溜まっているかと思いましたが、いつもより簡単に要因が解除できて痛みゼロで終了しました。

新たな指と耳の後ろの不調が無かったら、もっと間隔を空けられたのかもしれない。

安定してきてよかった。

 

この方は服を着た状態でわかるレベルの側弯症を持ってられます。

ご来院当初は、左肩甲骨左股関節左膝など左半身にお辛さが集中していました。

毎回お辛さを消して終了しても、側弯の強さからか同じ箇所に痛みが出やすく、安定は難しいのかなあと思うことがありました。

遠方なので1ヶ月以上の間隔も不利に働いていたと思われますが、

ここ直近の3回ほどは3ヶ月間隔でも大丈夫になり、今回に至っています。

 

成長期からの先天的な側弯症は、それ自体の改善は無理でしょう。

しかし、カラダの機能がアップしていけば、側弯症に伴ったお辛さは出にくくなる場合があります。

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
アゴの整体 も得意で力を入れています。 病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 このブログは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。