他部位からの影響が強い坐骨神経痛の改善 30代男性

何かをきっかけにして、普段の慢性痛とは違う箇所に痛みが出始めることがあります。

今回のお客様のケース。ご来院の理由は坐骨神経痛ですが、チェックすると、普段の首の慢性痛リレーションと連動していました。

ゴルフがきっかけで坐骨神経痛になった30代男性の施術 普段は首の慢性痛を持っていた

「3週間前にゴルフの打ちっぱなしをした後、太ももの裏に張りを感じるようになって」

「1週間前から、歩くとお尻と坐骨に痛みが出るようになりました。」

「しばらく歩いたら座らないといけない時があります。」

「病院では、坐骨神経痛と診断されました。」

30代男性。

坐骨神経痛30代男性

座ったり立ったりで、左ふくらはぎに痛み。

歩きは、左の坐骨とふくらはぎに痛み。

前後屈で、左おしり上部(仙腸関節)からハムストリングス(太もも裏)にかけて痛み。

頭を上げると 左おしり上部(仙腸関節) に痛み。

施術経過

整体チェック法でみた不調との連動(引き合い)部位。

坐骨神経痛:

  • からだ内部緊張との連動 30%
  • 首の緊張との連動 30%
  • 太ももの緊張との連動 15%
  • 腰回りの緊張との連動 15%

整体チェック法でみながら、順序よく古い残緊張の解放を促して、チェック法の反応がある程度減ったところで確認。

「頭上げても腰に響かないです。」

「前後屈もさっきよりいいです。」

「足上げはさっきよりつらくないです。」

「歩くときは、ふくらはぎよりハムストリングスのほうが気になる。」

2回、再調整と動作確認をおこない、最終、

  • 前後屈で左おしり上部(仙腸関節)に痛み残る
  • 足踏みで左おしり上部(仙腸関節)に痛み残る
  • その他の動きではOK

残った痛みは、施術前より楽な状態です。

緊張の開放で痛みの位置とかも変わっていきました。

2回目(前回から5日後)

「立ちっぱなしとか歩いているときに、左お尻に痛みがでます。

「坐骨神経痛に関してはそこだけで、前よりだいぶ良くなっています。」

首と背中に痛みを感じることがありました。」

普段の首の慢性痛が出てきています。初回では、首の慢性痛は出ていませんでしたが、坐骨神経痛との連動(引き合い)が少なくなって、現れてきたと思われます。

施術では、首、背中問題なくなり、後屈で左おしり上部(仙腸関節)に痛みが少し残る状態で終了。

3回目(前回から9日後)

「左お尻に少し痛みがありますが」

普通に歩けて、座らなくてよくなっています。」

首のコリがでています。」

施術では、すべてのつらさが無くなり終了。

一か月後 メールで

今のところ歩いても痛みないです。

よかったです。良い状態を維持できています。

整体所感

よく、ぎっくり腰のように強い痛みで来られた方が、絞り出すような声で「普段、肩こりひどいんで一緒に診といてください。」と普段の慢性症状のことをおっしゃられることがあります。

しかし、ご来院の時点では慢性症状が確認できないことがあります。

整体の範疇の不調というのは、からだ全体に溜まった緊張がどこに噴き出すかという、蓄積と連動(引き合い)の結果で出ているものです。

したがって、強い痛みが出た時にはそこに噴き出しが集中していて、その他の慢性症状の箇所にはつらさが出ていないことがあるのです。

首-からだ内部の緊張-ハムストリングス との連動が生まれた

今回、坐骨神経痛に関係する緊張の蓄積が少なくなってきた2回目の施術で、首の痛みがはっきり出てきました。

これはいつもの首の慢性痛と思われます。整体チェック法の反応から首痛は、からだ内部緊張との連動が主でした。(首-からだ内部緊張 のリレーション)

ゴルフの練習でハムストリングス(太もも裏)に緊張が入ったことで、ハムストリングスとの連動(引き合い)が生まれ、これが、今までの慢性首痛のリレーションと合わさるので、 『首-からだ内部緊張-ハムストリングス』 という連動になり、今回の坐骨神経痛に発展していったのだと思われます。

大切な施術ポイントはからだ内部の緊張

首痛も今回の坐骨神経痛も緊張連動の根本は、からだ内部の緊張で、これを解放して紐解いていくことで改善しました。

本来であれば、ゴルフの打ちっぱなしくらいで坐骨神経痛になることはないのですが、からだ内部の緊張を放置していたことが、慢性痛を長引かせたり、ちょっとしたことで新たな不調に広がっていったりする要因になっているのです。

からだ内部の緊張とは、内臓系付近の筋膜にかかる緊張で、温度差ストレスによる自律神経の乱れがかかわっていることが多いです。

自律神経に着目した手法で内部に溜まった緊張を減らしていくだけでなく、冷え取りなどを最適湯温でおこなうことが再発防止に大切です。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
アゴの整体 も得意で力を入れています。 病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 このブログは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。