「 手のしびれ 」一覧

手のひらの強い痛み

「右手の痛みが、この冬はひどいんです。」

「肘から先ですが、特に手のひら」

「仕事も辛いし、顔のメイクも痛くてできない状態なんです。」

 

20代女性。 美容師の常連様です。

 

「冬には出る傾向はあったのですが、今まではさほどではなかたんです。」

 

元々のご来院のきっかけは腰痛ですが、改善されて、3ヶ月間隔くらいのメンテナンスになっていました。

手の症状は初めて伺いました。

 

「右の肩甲骨の内側も強く痛みます。」

「今まで行っていた美容室は12月いっぱいで辞めたんですよ。」

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

まず、右肩甲骨と右手のお辛さの連動をチェックすると、チェック法では主軸は手のひらと反応します。

主訴はストレスが反応。

 

全身バランス調整。

そして、マスキングに合わせて、ストレス系痛点関連解除の手法を入れていきます。

確認で、

 

「痛い。」

手を着くとまだ痛いみたいです。

 

「肩甲骨は少なくなってきました。」

「手の痛みは甲の方に移りました。」

 

再チェックを繰り返していきます。

冷えによる下腹部内部の緊張も反応してきました。

相対解除の手法で解除して確認。

 

「肩甲骨は大丈夫です。」

「手の痛みは、中指と人差し指の間に移りました。」

「あと、右手は力が入りにくい。」

 

再調整で、

「痛みは無くなりました。」

「けど、まだ握りにくいし、手首がなんかおかしい。」

「うまく言えない感覚です。」

 

マスキング現象が複雑に絡んでいます。

お仕事の動作、美容院を辞めたこと、寒い時期に出やすいことなどから、想定でマスキング反応をとっていきます。

反応したマスキングに合わせて、奥に潜む緊張を解除。

 

手首、一の腕の橈骨のズレも反応してきました。

微調整を行い確認。

 

「あ、楽。」

「握れるし、すごい楽になった。」

 

よかった。

 

早く次の美容院が見つかるといいですね。

「そうですね~。美容師自体やめるかも。」

 

なるほど。

今回は、そのお気持ちが先にあって、右手にストレス系の緊張が集中したのかもしれませんね。


痛みで目が覚める肩こり

「昨日、従業員に肘で肩をグリグリしてもらったら、後ですごい痛みが出てきたんです。」

「元々、肩は慢性で、最近は熱を持った感じで、睡眠が浅く、寝ても寝ても寝たりない日が続いていました。」

「グリグリしてもらってからは、痛みで目が覚めました。」

 

「頭を後ろに倒すと左手が痺れますし、頭痛がこめかみに出ています。」

「今日は、脇から上全体がおかしい感じなんです。」

 

40代女性。

 

肩の痛みは、単純にカラダの防御反応でしょう。

しかし、かなりお疲れが溜まった感じが伝わってきます。

安定には少し時間がかかりそうです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体的要因リレーション

頭痛は、

  • 内部の緊張との連動 80%
  • 肩首の影響 20%

首と手の痺れ

  • 内部の緊張との連動 30%
  • 胸から 15%、肩から 25%、股関節から 10%
  • ストレス 10%

肩こり

  • 内部の緊張との連動 50%
  • 股関節から 15%、胸から 15%
  • ストレス 10%

が反応します。

 

マスキングに合わせて解除して確認。

 

「肩楽です。首はまだ痛い。こめかみはすっきりしている。」

「今ので技が入っているのですね。」

 

再調整で、

「すっきりしてきました。」

「なんか不思議な感じ。最初の辛さを忘れます。」

首痛や痺れも少なくなり終了。

 

カラダ内部の緊張連動が要因のベースになっていました。

相対解除の手法で解放させていきましたが、内部の緊張は体の中の温度差によって起きると考えられています。

冷え取りの適正条件をお伝えして終了。

 

 

(2回目 4日後)

「あの日はすごくよく寝れて、肩も緩和しました。」

「頭を後ろにした時の痺れが残るのと、肩甲骨周りのコリが残る感じ。」

「出張がありましたけど辛くなくて、全体的に楽です。」

 

良い方向でよかった。

今回、違和感が肩に残る程度で終了。

 

 

(3回目 3日後)

「痺れが酷くなったんです。」

「左指3本、なにもしていなくても痺れていて、それで病院に行ってきたんです。」

「首の椎間がすり減っているって言われました。」

 

そうですか、すり減りだけなんですね。

 

整体チェック法にかけていくと、奥に潜んでいた緊張層が出てきています。

解除して確認。

 

「痺れが消えた。うそみたい。」

「目もはっきり見えます。」

 

「あ、そういえば、3ヶ月前くらいだったか、こけそうになってパッと左手をついたことを思い出しました。」

「痛かったのを覚えています。」

 

改善の過程で過去の緊張層が出てくることはよくあります。

 

 

(4回目 6日後)

「またこけそうになって、左手を着いてしまってそれで来ました。」

「夜も眠れるし、カラダは楽なんです。」

 

 

(5回目 一ヶ月後)

「だいぶ調子よくて、一ヶ月が経つから受けとこうと思ってきました。」

「うがいとかで頭を後ろに倒すと痺れが出てくることはありますが、酷くないです。」

 

「最初来たときは酷い辛さで、ほんとに治るのかしら?と思っていましたけど。」

「常に感じていた肩こりも、今は感じなくなりました。」

 

「実は私、エステを経営しているんです。」

そうだったのですか。

「オイルをつけてコリをぐりぐりしてたのですけど、施術の仕方を見直していこうとしています。」

 

「従業員には、半身浴を勧めているんですよ。」

 

自律神経理論の理解者が増えて嬉しいです。

お仕事がんばってください。


ヘルニアからくる手のしびれ

「左手がしびれています。首のヘルニアが原因って言われました。」

「このしびれが続くと立ちくらみになったりします。」

 

紹介でご来院。40代男性。

 

2年前発症して、病院でヘルニアが完全に神経に当たっている状態と診断された。

手術を断り、病院治療で痺れないレベルに回復したが、2ヶ月前に再発して現在に至っている。

 

じっとした状態では肘を中心に左腕全体が痺れています。

動いていただくと、後屈で神経が引っ張られる感覚が出て、カラダを戻すと時間差で腕の痺れが強くなります。

首だけ後ろに反らすと引っ張られる感覚と痺れが同時に来ます。

 

整体でヘルニアは取れませんが、体調を2ヶ月前の状態に戻せば痺れは弱まるはずです。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

ストレス系の緊張が下腹部カラダ内部に集中しています。

 

「過労で気絶することがあったんです。」

責任ある立場で、睡眠もあまり取ってられないみたいです。

 

確認と解除を繰り返して、

じっとした時の痺れが少なくなり、頭を後ろにした時の引っ張られる感覚は出るけど痺れは少なくなりました。

後屈は、後屈可動域は少し増えただけでカラダを戻したときの強い痺れは変わらない状態で終了。

 

(2回目 6日後)

「手は痺れています。」

確認すると、

じっとした状態で手先だけが痺れています。

頭を後ろにした時は痺れません。

後屈は前回終了状態そのままで、カラダを起こすとき時間差で痺れが出ます。

 

経過良好です。

同様の手技で緊張の解除と痺れの確認を繰り返します。

3回目位の確認で後屈での痺れが出なくなりました。

 

「限界まで反らしていいですか?」

グイーンと標準の後屈可動域になっています。

「あ、出てきた。」

 

調整を繰り返します。

再度、限界まで反っていただいて、

「引っ張られはあるけど、かえってくる痺れが弱い。」

 

今日はここまでです。

ヘルニア自体は変わりませんが、カラダの緊張を取っていくことで、この様に、ヘルニアの影響度合いを減らしていけるわけです。

 

日々のストレス次第ですが、詰めて通っていただくのはここまででいいと思います。

次回は4週間後くらいがベスト間隔になります。

 

半身浴はストレスにも効きます。欠かさないでくださいね。

 


首の痛みと手のしびれ

「首が痛くなって。左の手のひらのしびれも出ています。」

30代男性。

 

2年前、3回の施術で改善後、10ヵ月間隔位でお辛さが溜まった時ご来院くださっています。

 

今回の整体的要因は何でしょうか?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

下腹部内部の緊張、左股関節のズレ、みぞおちの緊張などを相対解除して確認。

「首は変わってきました。手のしびれはあります。」

 

緊張の再チェックと解除を2回ほど繰り返して、

「楽になってきました。しびれも取れました。」

 

今回は、カラダ内部に発生した緊張の影響を強く受けています。

手のしびれは、全身の緊張のアンバランスと防御反応。

 

「海外出張で、暑い国へ行って帰ってきたところなんです。」

 

なるほど。

赤道直下の国から冬の岡山へ

気温差で、自律神経が乱れやすかったのでしょうね。

 


右腕のしびれ

「右肩が痛くて、右腕がしびれています。」

50代女性。

 

後ろにカラダを傾けると、右肩が酷く痛みます。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

腕の痺れは下腹部内部の緊張が反応。

冷えがかかわっています。

右肩はストレス系の緊張が入っています。

 

バランス調整をしながら繰り返し緊張消去法を入れていきます。

腕の痺れは早期に取れましたが、肩はストレス系なので取れにくいです。

わずかですが、右肩に痛みが残った状態で終了。

半身浴のアドバイスをしました。

 

(2回目 3日後)

「次の日、仕事場の人に痛みが取れたよって報告したの。」

「でも、仕事に入ったら肩が痛くなってきて。」

 

ストレスが原因なので、まだ出やすい状態です。

整体チェック法で同様の施術をおこないます。

 

傾向は同じですが、マスキングがたくさん出てきます。

解除のたびに、肩に激痛がよみがえったり引いたりが繰り返されていきます。

 

今回は痛み無く終了。

ストレスが絡んでいるので、まだ油断はできませんが、カラダに潜んだ緊張層が少なくなっていけば、それだけストレスに対する抵抗力は変わってきます。

 

ストレスからくる痛みは、ストレスにより自律神経が乱れることが原因なので、日々の半身浴がストレスにも有効ですよ。

 

 


厨房と手根管症候群

「右手の小指以外がしびれて、手袋している感じなんです。」

「右の肩から肘、手首にかけて痛くて、痛み止めも効きません。」

「首から腰までコリで一枚の板になっている感じです。」

「前頭部が痛く、アゴもガクンとなります。」

「手のしびれは手根管症候群と言われて、手術しか方法がないと言われました。」

40代女性。

 

厨房で働かれているらしく、利き腕である右腕に過度の負担がかかっている感じです。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

無理をしたことによるカラダの防御反応と冷えによるカラダ内部の緊張の影響から治癒力がうまく働いていない状態。

よくあるお辛さのパターンです。

マスキング解除、カラダ内部との緊張連動消去法、カラダの緊張バランスを整える技などを使い確認をくりかえしながら、表層から解除していきます。

「背中全体が楽です。アゴも腕も楽、頭痛も消えました。」

「手のしびれがまだ少し残っています。」

 

解除と確認を数回繰り返し、

「消えました。楽になりました。」

冷え対策をお伝えして終了。

 

(2回目 1週間後)

「右腕の痛みはないです。」

「手のしびれ楽です。でも、朝は出てきます。」

「車に長く乗ったせいか、右アゴが痛みます。」

「首から腰に掛けては、次の日には出てきました。」

同様の施術で痛み無く終了。

 

(3回目 1週間後)

「手のしびれ出なくなりました。手で押さえたら指先と付け根が少し痺れ感があるくらいです。」

「腕は肩の方が張っているくらいです。」

「アゴの痛みは消えて、首から腰に掛けて楽です。」

「毎日出ていた頭痛がありません。」

「以前はコリ感で目覚めていましたが、朝がすごく楽でうれしいです。」

 

よかった。

今回もお辛さすべて消えた状態で終了。

この施術が一つの区切りになると思います。

 

「鉄のプレートを洗う時が一番つらかったんです。」

 

 

体力を超えたルーティンワークで出る痛みは、「休みなさい」というカラダのサインです。

それを我慢して頑張っていると、カラダは悲鳴を上げて、さらに強い緊張をかけてその箇所を守ろうと(休ませようと)します。

その緊張が積もり積もった状態で痛みやしびれにつながっているわけで、痺れている箇所自体が疾患を起こしているわけではないことが多いです。

今回は、冷え障害によるカラダ内部の緊張と結びついて、より元の状態に自分で戻せない状態になっていたと技の経緯から推測できます。

 

お仕事量の関係から、今後のメンテナンスは、徐々に間隔を広げていく形にしました。

 

 


遠慮しないで

「5年ほど前から、こうやって反らすと背中が痛いです。」

「右手は10日前からしびれています。」

「最初は親指と人差し指の間だけだったのですが、肩まで上がってきて...」

病院で異常なくご来院。40代男性。

 

しびれの出方が変わっていますね。

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

背中は緊張層の重なりを解除していきます。

ストレスの影響も反応しています。

手のしびれは記憶系の反応があるのでそれを解除。

 

確認で、

「消えています。背中も、手も...なんで?」

簡単なケースでした。「ほかに何か違和感とかないですか?」

「肩が凝っています。」

要因箇所に緊張消去法を入れて、

「楽です。消えました。」

 

 かけた技の説明をして、「今の間に出てきたりしてないですか?」

「実は、肩を取ってもらった後、少し背中に違和感が出ました。」

  「遠慮しないでくださいね。それだけですか?」

「はい。」

消去法をかけて痛みなくなり終了。

「さっき、技をかけてもらっていたとき、右手のしびれが出てすぐに引いていきました。」

「あと、私、重機を使っているから結構カラダに振動を受けるんです。」

 

重機の振動、長く患った背中の痛み、手のしびれの広がり方、

何らかの関連がありそうですね。

次回の経過が楽しみです。


週に一度は牽引へ

「左側の首、肩、腕が痛くて、指は全部シビレています。」

紹介でご来院、50代男性。

 

「レントゲンとMRIを受けて、ヘルニアと診断されました。」

「最低、週に一度は牽引に行っています。」

 

今まで、手のしびれでご来院の方は緊張層の消去と胸椎の調和で消えていくケースが多かったです。

チェック法でチェックしながら技を入れていくと、複数の緊張層が反応するのみです。

 

確認で、

「首が少し楽、二の腕は引いた、手のしびれは無い。」

 

胸椎の不調和が関係していないケースでした。

「聞き忘れていましたけど、何年前からの痛みですか?」

「3年前です。」

 

さらに調整と確認を繰り返していき、左首と左肩の調整が最後で、痛み無くなり終了。

「何がどうなっているんですか?」

 

消えていく痛みやシビレを喜んでいただけていますが、技とのギャップを不思議がられている感じです。

かけた技の位置と技の種類を簡単に説明。

あと、

「揉んだり、叩いたり、引っ張ったりをしなければ、今の状態がしばらく続くと思いますよ。」

まだ、潜んでいる緊張層が出てくるかもしれませんが、安定にさほど回数はかからないと思います。


過去の症状パターンが出てくる

「左手のしびれと左肩の痛みです。」

「しびれは親指と人差し指と腕で、病院のMRIでは首の神経の圧迫と言われました。」

「治療は特には受けていません。」

 

ご紹介でご来院。40代男性。

 

チェック法でチェックしながら、足首だけ使った操法で技をかけていきます。

肩甲骨を中心とした複雑な緊張の交差と、腸腰筋など下腹部の緊張が反応します。

反応を消して確認で、

「しびれも痛みも消えています。」

「でも、首の違和感が…」

 

再度、調整をしているうちに、

「腕にしびれが出てきました。」

 

これは、経過をたどっているだけです。

全身を調和させ、確認で、

「消えています。しびれも痛みも無いです。」

 

術後の説明で、首からの反応は無かったことと、肩甲骨周辺の不調和の影響をご理解頂きました。

すると、

「あれ?以前あった左肩の痛みが出てきました。」

「最初は、左肩が常に痛くて、その時の痛みが。」

なるほど。

 

だんだん過去の症状が出てくるのは、確実に症状層が取れて改善に向かっている証拠になります。

再調整をして痛みなく終了。

 

(2回目 1週間後)

「今日は指先のしびれだけです。」

しかし、調整をしているうちに前回の様なしびれや痛みのパターンが出てきます。

消去して終了。

「また、一週間後来ます。」

「あと、もう少しで隠れたパターンが消えてしまうと思いますよ。」


2日程なんともなかったが...

「2日ほどなんともなかったけど、座った状態で肘から先のシビレが出てきました。」

ブログ 「 ストレートネック? 」 の30代男性が再来院。

 

まず、腕の拳上や前後屈を確認します。

すると、まったく痛みが出ていません。

 

「仕事で座っているときだけなんです。」

施術効果はそのまま残っている感じです。

 

チェック法を使い、反応を見て、全身の緊張調整と肘から先の調整を行います。

座位での確認で、

「まだ痛いです。」

なるほど、机に腕が当ることに問題があるかな?

 

想定調整を入れて、

「痛くないです。」

「色々な動きをしてみてくださいね。」

「腕を左斜めにあげると左肩に圧迫があります。」

同様にチェック法で再調整して、

「大丈夫です。」

 

前回は、腕から離れた、恥骨結合、腰仙関節、腰椎と胸椎下部のズレ、そして、下腹部の複数箇所の緊張が主訴でしたが、今回、それは全く反応していませんでした。

たまに同じ箇所がズレやすい方もおられますから安心しました。

姿勢もかなり気にされているから、良い状態をカラダに記憶させるために、次回も詰めて受けてくださるみたいです。