肋骨のズレから痛みが二の腕に出ていました

「7年くらいになりますが、右の二の腕に常に痛い箇所があるんです。」

「横になった時が特に痛むので、腕のやり場に困るんです。」

紹介でご来院。40代女性。

「知り合いに、肘のツボでこの痛みを取れる人がいたのですが、もう他所に行かれて...。」

手三里のツボで?...。

 

動きの確認で手を挙げていただくと、逆八の字で、上まで上がりません。

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

予想通り肋骨全体のズレが反応します。

次に、肩関節のじん帯。

それらの調和と全身の緊張バランスを取って確認。

「腕が上がる!楽に上まで!」

「腕も痛まない!」

横になって確認してみてください。

「横になっても、寝返りうっても大丈夫です。」

「不思議!」

 

肋骨のズレから可動域が狭くなったり、消えにくい痛みにつながっていることは良くあることです。

肋骨のズレだから、横になったら痛みが強まっていたのですね。

 

不思議なのは、手三里のツボだけで痛みを消すかたのほうが不思議です。

今度は、根本原因を取っているので、長持ちすると思いますよ。

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。