カラダの歪みと歩きにくさ。足裏には何か踏んでいるような違和感。

2020年2月4日

「背中が斜めに曲がっとるでって言われて。」

「歩きにくいし、朝、左足の太ももが痺れるんです。」

 

60代男性。

 

何年も放置していた足の辛さと歩きにくさ、お客様である同僚のご紹介でご来院。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

上半身が傾いています。そして、わかりにくいですが、歩くとき、腰が左右に振れています。

歩くためのエネルギーが分散されてしまっています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

マスキングがたくさん反応してきます。

それに合わせて、バランス調整を入れていきます。

冷えによる下腹部内部との緊張連動を解除。

ストレス系の緊張を解除。

初回施術後

上半身の傾きは、カラダ順応の関係で大きな変化はしていませんが、腰の左右のブレが少なくなり歩きやすくなりました。

 

(2回目 1週間後)

「歩くのは楽です。けど、右足でふんばりにくいです。あと、右足の裏に何か張り付いている感じがずっとあるんです。」

「左ふとももの朝の痺れは少なくなりました。」

 

歩きやすさは維持していますが、右足の不調があります。

今回、初めて出てきたのか?と思いましたが、7年くらい前かららしく、初回の私のヒアリングに問題があったみたいです。

チェック法を使った調整で、

股関節周りの調整。

マスキング2点解除。

2回目施術後

足の裏を確認しながら歩かれています。

右足で踏ん張りやすく、足裏の違和感も無くなり終了。

 

よろこんでいただけました。

カラダの傾きは長い間に順応したもので、初回よりは変わっていますが、短期的には大きくは変化しません。

しかし、カラダのアライメントを整えて、筋肉が効率よく効果的に使われるようになることで、動きが楽になっていきます。

 

冷え取りと整体で、カラダのパフォーマンスはどんどんアップしていきますよ。

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。