母に歯ぎしりを指摘されて来ました

2020年2月3日

「母に歯ぎしりを指摘されて来ました。」

ブログ 「 口が引っかかって開かない。手で押さえないと開かないことも。 」 の40代女性が2カ月ぶりのご来院。

 

5月にアゴの整体で、痛みと引っかかりでお越しくださり2回で改善。

開口は?

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

施術前(前回から2ヶ月後)

前回の術後を維持しています。

よかった。

 

「あれ以来、アゴは不自由していません。」

「今回は歯ぎしりと腰回りの不調で、ここ一週間くらいで出てきて。」

 

良いタイミングと思います。

溜め込むと、またアゴに来ますから。

動きの確認では、腰回りより肩周辺にお辛さが溜まっている感じです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

マスキング、そしてストレス系の緊張が反応。

 

歯ぎしり、腰回りの関連をサーチしても、同じくストレス系緊張とマスキングが反応してきます。

3回くらい解除と確認を繰り返して、

「楽です。辛さは消えました。」

 

冷え取りは気を付けてくださっていて、冷えの反応はかなり減っていました。

技の経緯から、今回はストレスが主因で歯ぎしりや他のお辛さが出ていたみたいです。

 

「6月、仕事がすごく忙しかったから。」

 

歯ぎしりの確認はご自宅に戻ってになりますが、初回の歯ぎしりの経緯からも、たぶんこの施術で大丈夫でしょう。

 

ストレスのコントロールは難しいですね。

しかし、今まで通り冷え取りを継続していただくと、お身体にもっと余裕が出てきますから、ストレスの影響が出にくい方向に徐々に変わっていくと思います。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。