妊婦さんの左脇腹の痛み

2015年11月16日

「左の脇腹に、少し動かしただけで強い痛みが出るようになったんです。」

「婦人科で相談したのですが、 『寝るときに体重がかかるのだからしょうがないよ』 と言われて。」

 

「先週から痛みが出始めて、最初は押さえた時だけだったのですけど、最近はじっとしていても痛みを感じることがあります。」

 

妊娠8ヶ月  40代女性。

 

5年前に事故後のメンテナンスがきっかけでご来院の常連様。

妊娠してからは定期メンテナンスをお休みされていたので久しぶりの施術。

 

8ヶ月なので、椅子に座った状態で施術を行います。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

  • 冷えからの緊張
  • ストレス

2大要素の緊張層が目立ちますが、特にストレス系の緊張層が主要因みたいです。

 

マスキングを解除しながら相対解除の手法で緊張層の解除とバランスの調整をおこなっていきます。

  • 腰椎3番目のズレ
  • 恥骨結合のズレ
  • 股関節の緊張

この3点のバランスと緊張層との絡みで、結果的に左わき腹に痛みが出ている状態。

 

解除して確認で、

「手を上げるとき、さっきはすぐ痛みが出ていましたけど今はそうでもない。触るとまだ痛いです。」

 

再調整で、

「痛みの範囲が少し狭まってきました。」

 

かなり緊張層の量が多いです。

そして、まだ解除できていないマスキング層がある感じです。

 

妊娠時の動きの不自由さをヒアリングしながらマスキングと隠れた緊張層を解除します。

確認で、

「触った痛みが下のほうだけになってきました。」

 

再調整で、

「からだを右にひねった時の痛みが残ります。」

 

再調整で、

「痛み無くなりました。大丈夫です。」

 

よかった。

 

 

ストレス系の影響が強く、妊娠時のいつもと違うお身体への負担を感じます。

弟さんのご予定らしく、楽しみですね。

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。