正座できない

「膝が痛くて正座できないです。」

「膝を開いたストレッチでも同じところが痛みます。」

「病院では半月板かも?と言われたんですけど...。」

3ヶ月以上続く膝痛でご来院。40代女性。

 

動いていただくと、右膝の内側、お皿の下あたりに痛みが出るみたいです。

膝を開く確認では、痛みだけでなく、右足側の開き角度が少ないです。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

全身の緊張層を解除し、要因箇所のサーチを行うと、

右足首の下方にある舟状骨という骨からズレの反応が出ます。

調整を行い確認。

「だいぶ楽です。正座もできます。」

痛みが少し残っているので、正座と開脚の再調整すると、

「大丈夫です。なんともないです。」

開脚の角度も左右同じになっていました。

 

骨のズレが引き起こす膝痛のケースでした。

「病院でスクワットを進められているのですが...。」

  「運動自体は良いことだと思います。」

  「でも、膝痛のためにスクワットは必要ないと思いますよ。」

筋肉をつけなくても、今、痛くなくなっているわけですから。

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の元となっている残緊張を捉える技術(整体チェック法)
●残緊張の開放を促す技術
この2つが一体化しているため、緊張の開放に比例した変化をその場で確認できます
緊張の開放以外の手技は使いません。(マッサージ・押圧・ストレッチなど)
あまり使われていない新しいアプローチです。岡山県をはじめとして、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からもご来院いただいています。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。