「 動画で見る顎関節症の改善 」一覧

2週間前からの左顎の痛みと引っ掛かりで口の開きにくさが治らない

関節円板のズレや開口時の痛みは、カラダに蓄積する緊張の高まりやアンバランスが顎関節に影響することで起きていることが大半です。

つまり、カラダ全体の緊張の蓄積をきっちり紐解き開放させていくことが大切です。

2週間前からの左顎の痛みと引っ掛かりで口の開きにくさが治らない 20代男性

「2週間前から口が開きにくくて、引っ掛かる感じと痛みがあります。」

「カクカクというのは、10年前からありました。」

 

20代男性。

マウスピースでの改善に限界を感じてご来院。

施術経過

開口の変化を動画でまとめました↓

初回施術

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

整体チェック法でみた不調との連動部位。

顎関節症:

  • 冷えからの内部緊張との連動 20%
  • ストレスが直で関わる 20%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 背中の緊張との連動 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%

これらを紐解き開放して、左顎に引っ掛かりが少し残りましたが、開口は緩み、開口バランスも改善方向に変化して終了。

2回目 6日後

「痛みは問題なくなりました。引っ掛かりが少し残ります。」

 

戻り少なく経過良好です。

施術では、過去のきつい施術の影響がマスキング層としてかかわっていました。

マスキングに紐付く奥の緊張の開放を促すと、

引っ掛かりが減り、開口バランスが改善して終了できました。

整体所感

施術経緯から、元々は、冷え(温度差)による自律神経の乱れが関わった緊張の蓄積が主要因と思われます。

環境や習慣により、気づかないうちに蓄積が進んでいると考えられています。

  • 冷たい飲食
  • エアコンで末端が冷える
  • ヒートショック的気温差
  • 生まれつき体温調整機能が弱い

温度差で自律神経が乱れる要因として、これらが良くあげられます。

 

ご自身でおこなっていただく習慣改善としては、適温での半身浴や足湯が有効になります。

適温とは、個人ごとに最適値があるので注意が必要です。

 

あと、温度差による自律神経の乱れを生まないように、

  • 足など末端を守る服装
  • 冷たい飲食を控える

これらが有効です。

 

今回、過去のきつい施術によるマスキング現象もみられました。

きつい施術は必ずカラダの防御反応が起きますから、滞りの元になりやすく、後々影響が出てくるので注意が必要です。

 

不調発生のメカニズム(緊張の蓄積現象)についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

をご参照ください。

小1からの頭痛・中2からのめまい・1年前から顎関節症

顎関節症、めまい、頭痛など複合的に不定愁訴も絡んでお辛さが出ているケースは良くあります。

それらは、いづれもカラダ全体に蓄積した緊張層からの複雑な連動により起きているもので、「顎関節症だからめまいがでている。」みたいな単純な因果関係では無いことを施術を通じて感じるところです。

毎日の頭痛とめまいで学校を休むことも 19歳女性

「頭痛が小学1年からほぼ毎日出ています。」

「何度か頭痛で入院もしたことありますが、MRIなど検査で異常がでないんです。」

「めまいは中二くらいから出るようになって、朝が多くて、立っているのが辛くなります。」

「顎関節症は一年前からで、両アゴの痛みと口の開きにくさがあります。」

 

19歳女性。

学校を早退して、お客様であるお母様とご来院。

 

頭痛は痛みの位置が移動するらしく、今日は目の奥に出ています。

めまいも今出ている状態。

アゴは顎関節に痛み、開きにくさもあります。(開口動画の公開許可いただきましたので下方に張り付けています)

肩こりは両肩に出ています。

改善経過

初回施術

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

反応してくる緊張層を順序良く相対解除の間接手法で解放していきます。

 

意外と緊張の量は少ないです。

確認で、

「めまいが楽になっています。」

「目の奥すっきりしています。」

「アゴの痛み無い。」

「めっちゃ軽いです。」

お辛さ無くなり終了。

2回目 一週間後

「なんか?頭痛が出ていないんです!」

めまいも無いんです。」

「頭が違和感もなくてすっきりしています。」

アゴは2日後に痛みが出てきて、肩こりも出てきました。」

「でも、肩こりは引いていきました。」

 

動きの確認で首にコリがでていましたが、同様の施術でアゴも首も楽になり終了。

開口の変化を動画にまとめました。↓

施術ポイント

整体チェック法で要因リレーションの確認=技をかけたポイント

(頭痛)

  • ストレスがかかわる緊張 60%
  • 肩甲骨の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%

(めまい)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスがかかわる緊張 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • 肩の緊張との連動 15%

(アゴの痛み)

  • 全身に渡る緊張との連動 100%

全身に渡る緊張は冷えとストレス双方のかかわりがあります。

整体所感

ご来院前の発生頻度から考えると、頭痛とめまいについてはこの施術で区切りになる可能性があると感じています。

今回の頭痛のように痛みの位置が良く移動する現象は、ストレスがかかわっている方によく見られます。

小学生からほぼ毎日発症していて、施術後、普段通りの環境に戻っても次のご来院までの一週間頭痛が全く出なかったということは、蓄積の古い緊張層とのかかわりが深かったのかもしれません。

施術経緯から、ベースとしては冷え(温度差による自律神経も乱れ)による緊張の蓄積が多く、これがカラダの余裕を無くしていたと思われ、根本対策のポイントになります。

顎関節症は3週間後くらいにもう一度施術が必要ですが、

根本対策として、冷え(温度差)対策などを習慣にしておくと、めまいも頭痛も顎関節症も繰り返しにくくなるでしょう。

冷え取りは個人毎の最適条件がありますから、それに気を付けることも大切です。

追記:2017/06/24

本日、息子さんの不調でお母様とご来院。

お母様が、「娘はあれから本当になんとも無くなったんですよ。」

頭痛もめまいもまだ出ていないみたいです。

よかったです。

頬杖が原因?噛む時と開ける時の右アゴの痛み

お客様が同じ症状で久しぶりにご来院。

自宅での習慣改善を続けていないと、いつかは蓄積がカラダの許容範囲を超えてしまうんですね。

今回は、2009年に4回の施術で開口と痛みの改善をされたお客様の8年ぶりの施術です。

8年という間隔を開けて同じ症状で来られたお客様の施術は、私自身の技術の進化を確認するうえで参考になります。

「頬杖が原因かもしれません。」噛む時と開ける時の右アゴの痛み 20代女性

「ずっと調子よかったのですけど、2週間前からアゴに痛みが出てきて。」

「頬杖が原因かもしれません。」

口を開けると右アゴに痛み。噛むときも右アゴに痛み。開口に制限がかかっている。

改善経過

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術

痛み無くなり終了。

開口はあまり改善されていません。

2回目 6日後

「だいぶ良いです。噛むのできます。」

「噛みあわせに戻り感があります。」

施術では開口も改善してアゴ周辺が機能を取り戻しました。(上記動画ご参照)

施術ポイント

  • 骨格的要因 10%
  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • ストレスの影響15%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • スネの緊張との連動 20%
  • でん部の緊張との連動 15%

冷え(体内の温度差)とストレスによる自律神経の乱れによる緊張の蓄積。

緊張の蓄積による部位間連動。

良くあるケースの整体的要因による不調でした。

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法で部位間の連動や緊張の蓄積を解放していくと、それに比例して痛みの減少や開口の改善が起きました。

頬杖の習慣はマスキングとしてかかわっていた

マスキング現象として頬杖の習慣からの防御反応がかかわっていました。

つまり、頬杖の習慣は原因ではなく緊張の解放を妨げるきっかけになっていたことになります。

整体所感

8年ぶりのご来院でしたが、その当時は4回ご来院いただき、アゴの痛み、開口、腰痛を施術して改善しました。

8年前の技術では、アゴを微調整すると腰の痛みが少し戻ったり、腰を微調整するとアゴの開口が少し戻ったりで、カラダの連動現象にダイレクトに対処する技術が確立できていなかったので手こずったことを思い出します。

今回、同様の開口と痛みの不調で来られましたが、技術的に問題なく短時間で対処できました。

 

整体的不調は自律神経の乱れによって起きていて、顎関節症も大半はその影響で起きています。

カラダの緊張の蓄積のアンバランスがカラダの捻じれを生み、その影響を顎関節が受けやすくなっているわけです。

(ご参考ページリンク ↓)

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

右アゴの痛みと関節円板のズレ

「右アゴの痛みとズレ感があります。」

「2年前から歯科でマウスピースを使っていたのですが、最近は使う方が痛いと感じる様になって使っていないです。」

 

20代女性。

3回の整体施術の改善経過を動画にまとめました。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

【不調の変化】

  • アゴの痛み:2回の施術で痛みは出なくなった。
  • 関節円盤のズレ:下顎のブレは残るが、関節円板自体のズレは8割がた改善
  • 肩こり:肩甲骨に発生していたが、3回目の確認では発生していない
  • 腰痛:3回目の確認でも後屈で少し出ていたが施術で消失

【整体要因リレーション】

(アゴの痛み)

  • 冷えからの内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系緊張が直にかかる影響 20%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%

マスキング現象

  • 19歳の時の事故
  • ストレスマスキング

【整体所感】

下顎のブレがまだ残りますが、関節円板自体のズレは8割がた改善しているため、この後は間隔を開けてのメンテナンス施術で十分と思います。

一般的に関節のズレが痛みを生むというイメージを持ってられる方が多いですが、

  • 緊張の蓄積によるカラダの捻じれが関節円板のズレを起こしている
  • 緊張の蓄積による緊張の高まりが痛みを起こしている

訳で、ズレ自体は原因ではなく蓄積がもたらす結果なのです。

整体チェック法でサーチしながら、相対解除の間接手法を使って緊張の蓄積を解放していきます。

病気や生まれつきでなければ、蓄積の減少に比例してズレや痛みは減少していきます。

 

顎関節症の改善にはマッサージや押圧は行わないほうが良いです。

開口の不調とカラダの状態の連動

「1ヶ月前から口が指二本くらいしか開かなくなって。」

「歯科でマウスピースも試したのですが、改善しなくて来ました。」

 

20代女性。
(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

整体チェック法で整体要因リレーションを確認すると、

(顎の不調)

  • ストレスの影響 25%
  • 肩の緊張からの影響 25%
  • 頭の緊張からの影響 20%
  • 太ももの緊張からの影響 20%
  • 首の緊張からの影響 5%

整体の範疇では、ストレス系緊張と部位間の連動が顎の不調にかかわっています。

連動している部位の緊張は、ストレスと冷えが反応します。

 

ストレスはヒアリングで伺っていた、

  • 幼少期の事故
  • 日々の責任感的ストレス

が、マスキング現象と心的ストレスとしてチェック法に反応します。

 

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法を使い、部位間の連動、冷えからの内部の緊張、ストレス系緊張を順序良く解放していきます。

5回の施術の開口変化を動画にまとめました。

アゴに対して、圧を加えたりマッサージは一切行っておりません。

 

【開口について】

もう少し開口は増える可能性はあると考えています。

しかし、初期的に詰めていただくのはこの5回の施術が一つの区切りになります。

 

理由としては、

  • アゴはカラダと連動しているので、カラダ自体の整体的余裕をさらに作らないと開口の改善につながらない
  • カラダの整体的余裕は、生活習慣の影響もあるので、この後、施術だけを詰めても、それに比例した変化量がすぐには望めない

 

アドバイスさせていただいた、習慣改善の継続と、間隔を開けておこなうメンテナンス施術で、開口のさらなる改善を目指していきます。

 

【下顎のブレについて】

口を開けるとき右に寄り気味に開いています。

今回のブレについては、

  • 関節円盤のズレ
  • 右アゴ周辺の緊張(硬くなっている)
  • 成長期か生まれつきの形成差

がかかわっていると考えています。

  • 開口の変化から、関節円盤のズレはほぼ解消されていると思われます
  • 右アゴ周辺の緊張(硬くなっている)はまだ残っていて、まだ下顎のブレにかかわっていると思われます
  • 開口した時の顎関節周辺のラインの左右差は、5回目の状態でも発生していて、成長期か生まれつきの形成差もかかわっているのかもしれません

形成差は整体の範疇外なので、その分の下顎のブレは残りますが、まだ右アゴの緊張が残っているのでその分ブレが減る可能性はあると感じています。

 

【過去の事故と整体的不調とのかかわり】

過去の事故など、完治しているはずのことがなぜかかわっているか?

整体的不調は自律神経の乱れからくる緊張の蓄積で起きているからです。

 

ショックなことが起きた時は、カラダの広い範囲で緊張が入ります。

  • カラダに残る緊張層になりやすい(記憶との関係)
  • 広い範囲で緊張が覆うとその下の緊張が抜けにくくなる

傷などは完治していても、緊張層の蓄積という見方では、カラダの余裕を圧迫する大きな要因になっている場合がある訳です。

 

一ヶ月前に発生した顎の不調。

一ヶ月前の発症でも蓄積が許容範囲を超えて起きていることなので、

カラダに残っていた過去の緊張層との連動が発生している可能性がある訳です。

 

今回は5回の全ての施術に事故時の緊張層とのかかわりが反応してきました。

 

 

カラダ全体の緊張の蓄積を整体チェック法で順序良く緊張を解放していくことで、

揉んだり捻ったり押したりしなくても、大半の顎の不調は変化していきます。