「 五十肩・四十肩 」一覧

左肩が痛くて後ろに回らないし上げるの辛い

「9ヶ月前から左肩に痛みが出て、そのうち後ろに回らなくなってきました。」

「上に挙げるのも辛くて、最近は首もこってきました。」

 

40代女性。

7年ぶりにご来院いただけました。

 

動いていただくと、挙上で左肩から腕にかけて痛みが出ます。

後ろに回しにくく、頭を下げると首から肩にかけて痛み。

 

整体チェック法での要因リレーション確認。

  • 冷えからの内部の緊張との連動 30%
  • 両肩に渡る緊張の蓄積の影響 25%
  • 首の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%

さらにマスキング的にストレス系の緊張の影響が改善を妨げています。

 

相対解除の間接手法を使いマスキングに紐付く緊張層を解放していきます。

だいぶ緊張の蓄積が多いです。

 

ある程度取れたところで確認。

「あ、少し動かしやすい。痛みの範囲が変わっています。」

 

確認と解放を繰り返し、最終は肩の一点に痛みが残った状態で終了。

可動域も改善してきました。

 

(2回目 一週間後)

「普段の生活の動きでは肩の痛みを感じにくくなっています。」

 

動いていただくと前回のこった左肩の一点に痛み、大きな戻りは無いです。

同様の施術で、痛みは少なくなり、可動域もアップして終了。

前回ほど手こずらすに改善していきました。

 

この後は間隔をあけていけると思います。

 

【緊張の蓄積が抜けにくい状況になっていた】

元々は股関節の不調でご来院されて改善。

何年も大きく調子が崩れることは無かったみたいです。

 

体調には波がありますが、元々備わっている治癒力がうまく働いていれば、整体的不調が出かかっても休めば治癒力が元に戻してくれます。

 

しかし、緊張の蓄積の仕方によっては治癒力がうまく機能しにくくなる場合があると施術を通じて感じています。

  • 良かれとカラダに合わないことをして発生する防御反応
  • 緊張層のマスキング現象

これらに注意が必要と感じています。


こじらせた五十肩

「5ヶ月前から左腕がおかしい上げにくい感じがでてきて。」

「3ヶ月前には、二の腕の上の方が痛くて寝られない状態になりました。」

「首の痛みもあります。」

 

50代女性。

 

お仕事中も左腕が疼く。

動いていただくと、左腕が斜め下45°、水平まで上がらない。

二の腕につるような痛みが出てくる。

頭を動かすと、左右後ろに首痛。

 

整体要因リレーションを確認。

(腕が上がらない・痛み)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系 20%
  • 肩の緊張の影響 20%
  • 左鎖骨周囲の緊張の影響 20%
  • 腹部の緊張からの影響 15%

 

冷え、ストレス、部位間の連動のよくある整体的不調リレーションに加え、

マッサージに対する防御反応が強く働いているケースです。

 

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法を使って、内部の緊張、部位間の緊張を解放していきます。

緊張の蓄積の解放に合わせて、痛みの位置や出方が変化していきます。

※当院の施術ではストレッチやマッサージなどの不要な手法をかけることは一切ありません。

 

最終、首周囲の痛みは少なくなり、突っ張りが残る。

左腕は水平よりは上にあがり、痛みはまだ残った状態で終了。

左腕挙上の角度の変化 初回

辛い箇所に絶対に刺激を入れないことと、

個人毎違う冷え取りの最適値をお伝えして終了。

 

 

(2回目 6日後)

「腕の痛みは、夜寝るときに少し楽になりました。」

「日中の痛みの種類が変わってきた感じがあります。」

「疼きはましです。」

五十肩 左腕挙上の角度 2回目施術後

挙上角度は変化なし。

腕の痛みは一旦消えて、突っ張りが残る。

首は左右に突っ張りが残る状態で終了。

 

(3回目 7日後)

「だんだん良くなってきています。」

「よく眠れるんです。寝ている時の痛みは朝方に少し出るくらいです。」

「仕事中も気にならなくなってましたけど、今日は少し痛みを感じた時がありました。」

「首も後ろに少し痛みがあるだけです。」

五十肩 左腕挙上の角度 3回目施術後

挙上角度は変化なし。

痛みは消えて終了。

 

(4回目 28日後)

「腕はあがらないけど、痛みは無くなりました。」

「夜眠れます。」

「ただ、今までと違う痛みが出た日が一日だけありました。」

五十肩 左腕挙上の角度 4回目施術後

挙上角度が変化してきました。

 

(5回目 一ヶ月後)

「腕はズーンと鈍痛があったくらいで、痛み無いです。」

「首楽です。」

五十肩 左腕挙上の角度 5回目施術後

まだ完全ではありませんが、挙上角度が不自由ないレベルに改善しました。

 

次回の施術は7週間後。

メンテナンス間隔でこの後は大丈夫です。

さらなる改善、余裕をつくっていきます。

 

「うちの会社の会長が膝が痛いんで、ほぐし庵さんのことを伝えたんですよ。そしたら、場所を確認してきたって言ってました。」

ありがとうございます。

 

 

【五十肩は緊張の蓄積で起きている】

医療の検査で、肩関節に異常が無く、腱の断裂なども見られない五十肩。

それは、自律神経の乱れにより発生する緊張の蓄積により起きていることが実績でわかっております。

 

  • ストレス
  • 冷え(温度差)
  • 刺激に対する防御反応

蓄積した緊張層を整体チェック法で一つ一つ解放していくことで、今回も、痛みや可動域が解放量に比例して変化していきました。

 

【腕の可動域の変化が2回目と3回目の施術で起きなかった】

緊張の蓄積量に改善回数は比例してしまいます。

  • 寝られない痛み
  • 仕事中(PC作業)も腕が疼く

これら3ヶ月前からの悪化は、良かれと思って行ってられた、痛い箇所への強いマッサージによって起きていることです。

 

”防御反応”と呼んでいますが、

刺激を入れることで、刺激に対してカラダがその箇所を守ろうとして緊張を入れてくる現象です。

 

『揉み返し』や『筋肉痛』をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

『揉み返し』や『筋肉痛』の大半は炎症ではなく、カラダの防御反応から起きていることが多いと施術中の変化実績から確認できています。

 

刺激すればするほど、カラダが痛点への緊張を強めてくるので、痛みがさらに増して、寝ていても痛い状態に悪化していったと考えられます。

 

最初の3回は、刺激でこじらせた要素に対しての施術、後半2回は元々の発症要因に対する施術。

緊張を解放する順序からこの様に進んだため、2回目と3回目の腕の可動域の変化が起きなかったわけです。

 

手が上がらなくなりかけた初期的段階でお越しいただけていたら、初回で挙上が正常になり、メンテナンスであと一回みたいな感じで収束していたケースと思われます。

 

五十肩は、過度に動かしたり触ったりしないことが大切です。


右腕が上がらない

「4日くらい前から右の二の腕に痛みが出まして、ひねると肘も痛みます。」

「夜寝ていても肩から肘まで痛くて目が覚めます。」

「運転もできないし服も着替えられないし。」

 

ご紹介でご来院。50代女性。

 

動きの確認で、右腕は横からは全く上げることができない状態。

前日、整骨院で痛い箇所を強くもまれたあと痛みが強まっているらしく、防御反応もかかわっている可能性があります。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

防御反応マスキングを解除。

すると、ストレス系と冷えからのカラダ内部の緊張が反応。

 

ストレスと冷えの影響は半々といった感じです。

マスキングに合わせて相対解除していきます。

 

腰椎の3番目のズレの反応も出てきました。

そして、恥骨結合、調和させて確認。

 

「あ、上がります。痛いけど横からあげられます。」

 

「うつ伏せになるときも、さっきより楽です。」

 

可動域が確保できましたから、あとは、痛みのリレーションを一つずつ解除していきます。

数回、うつ伏せで再調整をおこなって、

「だいぶ取れてきましたけど、腕がこの角度で痛みのスイッチが入ります。」

 

確認効率をあげるために座位に切り替えて解除を行います。

腕をひねってもらったり、上げてもらったりを繰り返しながら解除。

 

最終は、

「スイッチが入らなくなってきました。」

「だいぶ楽です。」

 

まだ、肘の微妙な角度によっては防御反応による収縮がかかりますが、それ以外の動きは自由になって終了。

冷え取りの説明をして終了しました。

 

使い疲れであれば本来は休めば戻ります。

取れにくい痛みは、冷えやストレスが影響していることが多いです。

 

その場合、痛い箇所には原因が無いので、痛い箇所を刺激しても意味がないだけでなく、

カラダの防御反応から緊張が強まる場合があるわけです。

 

2日後、お電話で、

「少し好転反応が出ましたけど、全く痛みが無くなりました。」

「寝るときも大丈夫です。」

 

よかった。

ご連絡ありがとうございます。

 


冷えとストレスから五十肩

「去年の10月から、左手が後ろにまわらないし上がらなくなりました。」

「左を下にして寝ると痛みで目が覚めます。」

 

ご紹介でご来院。60代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷え、ストレスの影響がメインですが、過去の施療での防御反応なども反応してきます。

解除と確認を繰り返して、
初回施術後

後ろにはまわりにくいですが、腕は上がるようになってきました。

 

(2回目 4日後)

「後ろへは、以前よりまわります。」

2回目施術前

最初より良いですが、前回の術後より戻っています。

2回目施術後

初回の術後よりスムーズに動いています。

 

(3回目 9日後)

「日常、困ることが少なくなりました。まだ、左を下にして寝ていると痛みで目が覚めることがあります。」

3回目施術前

戻りは少ないですね。
3回目施術後

 

(4回目 17日後)

「左を下にして寝た時の痛みは減ってきています。痛みで目が覚めない。」

4回目施術前

4回目施術後

後ろでの可動域に大きな変化が出てきました。

 

まだ、課題はありますが、この後は間隔を開けながらの施術で大丈夫と思います。

 

施術では、肩や背中や腕には一切マッサージや圧力を加えていません。

痛みや可動障害は自分自身の脳が起こしていることなので、要因に的確に技を入れていけば脳が徐々に開放してくれます。

 

痛いのに無理に動かしたりなど、不要な刺激を入れると、脳が防御しようと緊張を入れてくるので改善が遅くなります。


油が切れた感じ

「四十肩かなあ?左肩が痛くて、後ろのものを取ろうとしたら激痛が走るんです。」

「油が切れた感じで。」

奥様の紹介でご来院。50代男性。

 

左腕が前から上げられるのですけど、横からは痛くて上げることはできません。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

冷え特有の反応が下腹部に出ているので解除。

左鎖骨周辺のズレの調整と脚部のバランスを取って確認。

中間1

「まだ痛いです。」

変化すると判断して確認しましたが、足りていませんでした。

再チェックしていると、強い防御反応が出ています。

それを解除して確認すると、

中間2

上がるようになりました。

でも、まだ痛みが少し残っています。

 

再調整と確認を数回繰り返しました。

冷え障害やストレスからの緊張と全身バランスの再調整が主に反応してきます。

最終は、

最終確認

「少し痛みが残っています。でも、最初に比べたら格段に変わっています。」

満足していただけました。

ご遠方で詰めてご来院いただけないので、少し残った痛みを初日で取り切りたいと時間いっぱいがんばりましたが、ゼロにはならなかったですね。

 

半身浴で自律神経を日々整えると、可動域や痛みが元の酷い状態に戻ることはないと思います。

半身浴の条件をお伝えして終了しました。

 


腕が痛くて上がらない

「右腕が痛くて上がらないんです。」

「3日ほど前からは、夜寝ているときに痛みで目が覚めます。」

40代女性。

(初回施術前)

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

下腹部内部の緊張との連動がチェック法に反応します。

緊張消去法で連動を開放させて確認。

(初回施術 中間確認)
腕が上がってきました。

痛みは最初を10とすると6レベルまで減りました。

 

さらに痛みを取るためチェックを続けますが、冷えの緊張層が邪魔をしています。

施術を中断して足湯を15分おこないます。

 

「腕の痛いところが瘤のようになっているんです。」

そうですか。

「痛いところをマッサージもしていました。」

なるほど。そうでしょうね。

 

冷えの緊張が解け、チェック法に関連部位の反応が出やすくなってきました。

まず、マッサージなど不要な刺激で起こる防御反応を徹底的に消します。

そして、関連の筋骨格系の調整を確認を繰り返しながら行います。

(初回施術 最終確認)

「瘤がすっと楽になりました。」

「痛みも減って楽に上がります。」

施術前の十分の一くらいの痛みは残りましたが、初回はここまで。

 

「主人に強く揉んでもらったりしていたんです。」

 

元々の要因は、冷えから自律神経が乱れてカラダ内部に緊張が蓄積し、その影響が肩に痛みと可動障害として現れた思われます。

これは良くある四十肩のパターンです。

これを改善しようとして強いマッサージを行うと、カラダが防御反応をおこし、その箇所の緊張がさらに増して痛みが増幅していきます。

瘤のようになっていったのも強いマッサージによるものと思われます。

 

四十肩に限りませんが、

病院の検査を受ける、辛い箇所に刺激を入れない、冷えを疑う。

これが早期解決のコツになります。

 


冷え?腕が上がらない

2年ぶりにご来院。40代女性。

「昨日の夜11時に右肩が急に痛くなって、腕が上がらなくなったんです。」

「ほんと急で、四十肩ですか?」

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)
下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

施術前

ヒヤリング時に10分ほど足湯をしていただいていますが、ヒヤリングの時より少し上がっているみたいです。

経緯から、冷えの障害があるかもしれません。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

下腹部内部の緊張が反応します。

連動を開放して確認。

中間確認

上がるようになりました。

でも、痛みは少し残っています。

さらにチェックしていくと、カラダ内部の上方と腸腰筋で反応。

調和させて確認。

施術後

痛みなく自由になりました。

「簡単に取れていくんですね。」

 

何もしていないのに急に来たこと、カラダ内部の緊張の影響が大きかったこと。

冷えやストレスが疑われますが、かけた技の種類から、冷えの影響が大きいのではないでしょうか?

「PCサーバーを置いている部屋で仕事しているので、12月の最初まで冷房が入っていたんです。」

 

以前9回ほどご利用くださった後、2年ほど開いてのご来院でしたが、カラダ内部以外は反応なく、良い状態が続いた2年間だったのだと感じます。

冷え取りをがんばれば、次の施術は必要ないかもしれません。

でも、医療機関の検査は定期的に受けましょう。


これは四十肩?

ブログ 「 どこが痛いかわからない 」 の40代女性がご来院。

「今度は肩が痛くて右腕が上がらないんです。」

「10日前からで、首もまわらない」

 

右腕は水平までしか上がりません。

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

今回は冷えによるカラダ内部の反応がでてきません。

「お風呂はあれから気を付けています。」

 

真っ先に出るのは記憶系の反応。

それでロックがかかっているみたいです。

まず、それを消去して可動域の確認。

「まだ痛いけどさっきより動きます。」

 

その後に反応するのは、筋肉の使い疲れの反応です。

何度も反応します。

反応が無くなるまでとって確認。

「上がります。」

「横からも前からあげても痛くないです。」

「首がまだ...。」

 

再調整で確認。

「楽です。痛くない。」

「楽になった!」

 

「これも四十肩?ですよね。」

医者ではないので答えられません。

簡単に取れたので不思議だったみたいです。

 

病院で五十肩や四十肩などの説明があったケース。

可動域が狭いことは共通ですが、整体的要因は様々だと感じています。

石灰沈着がなく、無理に動かしたり、揉んだりなど不要な刺激をいれてない方は、その場で腕が自由になることのほうが多いです。

 


腕を回すと痛い

「主人が五十肩みたいなんですけど、一回では無理ですよね。」

「今、単身赴任で帰ってきているんです。」

お越しいただいて拝見すると、左肩に不調。

上に上がりにくい、回すと痛い、後ろに回せない。

奥様の紹介でご来院。60代男性。

 

五十肩の軽いケースと思われます。

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

左のひじ関節、橈骨、肩関節のズレを調和。

下腹部内部の緊張との連動を解除。

全身の緊張バランスを整えて確認。

「痛みが減っています。」

「まだ、後ろにすると痛い。」

 

再調整で、再度、カラダ内部が反応します。

肩に染みついた記憶層も反応したので解除して確認。

「ほとんど取れました。後ろに楽に回せる。」

「でも、少し違和感が残るかなあ?」

 

再調整をおこない、痛みと可動域が問題ないことを確認して終了。

ゴルフからくると思われる関節のズレと、冷えからくるカラダ内部の緊張の影響で左肩の機能障害が起きていたと考えられます。

単身赴任だとシャワーで済ませたりが多いのではないでしょうか?

この後、習慣に気を付けてくださったら、再発はしにくいと思います。


まゆを書ける!

「母が腕が上がらないんでみてもらえませんか?」

常連様のお母さまです。

60代女性。

 

「上には上がるんじゃけど」

「右手で髪をといたり顔を触ることができんの。」

??

「レントゲンで診てもろうたら、関節がつぶれてくっついてるって言われました。」

???

しかし、くっついていたら上には上がらないのではないかな?

色々な動きをしていただいたら、肘を曲げた状態でロックがかかったみたいに肩が動かなくなることがわかりました。

 

先入観が入らないように、病院での診断結果は考えずに、チェック法でチェックしていきます。

複雑な緊張層の絡み合いが起きています。

上層から順序良く消去していきます。

ミシンをお仕事に使われていて、肩の異常以外にも背中や肩首や足にもお辛さがあり、チェック法の反応からも複雑な可動障害が起きているみたいです。

 

緊張消去を完了し確認。

「すごい!うごきょうるが。」と娘さん。

「動く!でも、ゆっくりで、...肩がまだ重い。」

よかった。これなら関節の影響はないです。

再調整を行い確認。

「これで眉が書ける!」

「髪もとける」

「ぐるぐる自由に動く。」

 

「もっと早う連れてくりゃあよかったなあ」と娘さん。

 

診断結果で、つぶれているとかくっついているって言われたら整体の範疇だとは思わないですよね。

今回は藁をも掴む思いでのご来院だったのでしょう。

 

結果を出せてよかった。