「 顔の痛み 」一覧

顔のコリと広がり感

「2年前くらいから、朝起きたら、顔にコリがでる様になって、」

「両アゴにポリデントが貼りついている感じです。」

「顔が横に広がっていく感じもあります。」

「アゴが開け辛いし、アゴが斜めに入る感じがあります。」

 

紹介でご来院。40代女性。

 

口は開けにくそうですが、開口バランスはさほど悪くない。

動きの確認で、頭を上にすると首のつまり、後屈で右臀部の痛み、背中の硬さ。

 

全身の緊張が連動も含めて顔に集中している、顎関節症でよくあるケースです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(顔のコリ)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレス 20%
  • 肩の緊張からの影響 15%
  • 股関節の緊張からの影響 20%

(臀部・背中)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 首の緊張からの影響 15%
  • 股関節の緊張からの影響 20%

ヒアリングの内容からは、スポーツジムのウエイトとストレッチ、エステの刺激がチェック法に反応します。

マスキングを確認しながら、相対解除の間接手法で内部との緊張連動やストレス系の緊張、そして、部位間連動を解放。

 

立っていただいて確認、

 

「あれ?首の詰まりとれている。」

「前屈で腰に痛みが出てきました。」

「後屈は痛みの出方が変わってきました。」

「口は...なんで?コリ取れている! 開けやすいしバランスも大丈夫です。」

 

再調整を数回繰り返し、

腰回りは少し張りが残りましたが、他のお辛さは消えた状態で終了。

 

改善するまでストレッチやウエイトトレーニングの中止と、マッサージ系の刺激を避けること。

内部の緊張は冷えの蓄積が関係していますから、冷え取りの最適条件をお伝えして終了。

 

 

(2回目 8日後)

「アゴや顔のコリは5日間ほど調子よくて、2日前から少し戻ってきました。」

「倦怠感がでている感じで、眉間や目の奥に緊張感を感じています。」

「アゴの開閉は楽です。」

 

「以前出ていた、鎖骨の上の詰まり感が出てきました。」

「これが出ると息苦しくなるんです。」

 

ヒアリングで挙げてくださっていた7年前のストレスフルな出来事。

チェック法でチェックすると、鎖骨周囲のお辛さはその頃のストレス系緊張層が表面化して出てきているみたいです。

 

同様の施術で、仙骨周りに少し違和感が残った状態で、他は楽になり終了。

 

 

(3回目 17日後)

「顔のコリが出てこないです。」

「不思議とあれから、アゴの奥のほうがさらに開いてきた感じです。」

「首肩まわりは出てこなくて調子いいです。」

 

よかった。治癒力も働いています。

同様の施術で、腰まわりも鎖骨周りも違和感なく終了。

経過良好です。

 

この後も徐々に古い緊張層が表面化してきますが、

施術間隔は開けていけます。

 

【緊張層の蓄積】

たとえば、

  • イライラしたら胃が痛くなったり下痢や便秘になったり
  • 試合や発表会の前にカラダが固くなる

この様に、ストレスによる自律神経の乱れは内臓や筋肉(筋膜)に緊張をもたらします。

 

上記のように一過性であれば問題ないのですが、

  • 継続的に続いたストレス
  • 同時に複数の緊張が重なってくる
  • 防御反応からマスキング的にかかる緊張層

など、緊張のかかり方によっては、下層の緊張層が抜けにくくなりカラダに緊張がかかったまま残ってしまう現象がおきる。

つまり、緊張層の蓄積現象が起こるわけです。

 

冷え(体内の温度差)による自律神経の乱れも同様で、継続的にかかる緊張の代表的なものです。

緊張層の蓄積がカラダの許容範囲を超えることで、緊張が高まり、その箇所に痛みや痺れやコリとして現われてきます。

 

当院では、整体チェック法で緊張層を捉え、自律神経に働きかける技で一つ一つ解放させていく施術をおこないます。

緊張層が解放されると、その場で取れた分だけお辛さの変化が起きます。

 

【過去の症状が現われる】

施術の中間確認で痛みの位置が変わったり、過去に出た位置に辛さが出てくることがよくあります。

これは、蓄積した緊張層を解放させる過程で、下にある緊張パターンが表面化する現象です。

 

過去のお辛さが適切に対処されていない場合、その時の緊張層がカラダに残ったまま埋もれている場合があり、それが施術の過程で表面化するわけです。

 

【患部への刺激】

緊張層の蓄積が少なく、カラダに余裕がある方は、ストレッチや強いマッサージなどをおこなっても問題ないです。

しかし、痛みなどお辛さが出ている方、

つまり、蓄積が許容範囲を超えて余裕が無い方は、そこに刺激を入れることでカラダの防御反応が起こり、かえって緊張が強まる場合がります。

 

自律神経からの緊張。

これは意味があってカラダ(脳)が緊張を入れてくれているので、

ストレッチなどで無理に伸ばすと、カラダはそれに対抗して緊張をさらに強めてくる場合があります。

 

辛い箇所には刺激を入れないことが、根本改善を目指したり、改善を早めるうえで大切なことです。


耳のつまり感と右半身の辛さ

「3年前に突発性難聴になって、聴力は戻っているって言われるんですけど、右耳がずっと詰まった感じなんです。」

「右側の頭から首から背中まで辛くて、それも3年前からです。」

「だんだん酷くなってて。」

 

30代男性。

 

大学病院で異常無く、アジャスト系カイロプラクティック、鍼で変化なくご来院。

顎関節症などでよく見られる緊張と似ていますがどうでしょうか。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

まず、要因チェックを耳の詰まりから始めます。

意外にも外部要因だけが反応します。

右半身上部の緊張も外部要因が反応しています。

 

外部要因の入る箇所をサーチしていくと耳が反応。

めがね?いや。

 

職場で騒音とかありますか?

「はい。耳栓をして仕事していますけど。」

 

これかもしれません。

緊張の種類はストレス系。カラダ内部との緊張の連動はありません。

緊張消去法をかけて確認。

 

「耳のつまりが取れています。」

「肩の状態も変わっている。でも、まだ重いし、首がきつい。」

 

再チェックでマスキングが反応してきました。

これが治癒力を妨げている一つの要因でしょう。

解除して確認。

「重さが無くなってきました。」

「まだ、首がつっぱります。」

 

バランスが反応するので、バランス調整をして確認。

「明らかに変わった。どこに行っても変わらんかったのに。」

「耳も良く聞こえる。」

 

今日の施術は完了です。でも、騒音が原因であれば、仕事に戻ると...。

「実は来月から違う会社なんです。今の会社は有給消化にしていますから。」

「次の会社までに治してしまいたいと思って岡山まで来ました。」

 

よかった。

なら、この一回の施術で大丈夫だと思います。

 

音のストレスの影響は何点か施術していますが、こんな出かたもあるんですね。

今回はシンプルで簡単なケースでした。


顔、アゴの痛みで噛むとき痛い

「右側ですが、頭と顔とアゴの痛みがあって噛むのが辛いです。」

「アゴがガリって言うときもあります。」

 

60代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

痛みが中心のお辛さなのですが、緊張解除による開口バランスの変化があるので掲載しています。

少しわかりにくいですが、開口に伴い緊張でアゴが右に引き寄せられています。

顔まで痛む、痛みの出る傾向としては良くあるケースです。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

下腹部内部の緊張との連動が強いです。

ストレス系の緊張消去法で対処していきます。

頭蓋骨の不調和、顎関節の不調和を無痛の三軸修正法で調整していきます。

 

この様な痛みパターンでは、緊張層がかなり積もった状態になっているので、痛みの確認と同様の箇所の微調整と緊張消去を繰り返しました。

口の開閉で問題なくなった事を確認後、ガムを噛む確認を行います。

「噛めます。」

「噛んでいるとわずかに痛みが出ます。でも、最初より全然楽です。」

初回施術後

開口バランスも整ってきました。

 

(2回目 1週間後)

「食事の時、恐る恐るでしたが、食べ始めに違和感があるだけで、食べだしたら普通に噛めます。」

「でも、ゴリっていうのが3回ほどありました。」

2回目施術前

アゴ周辺の違和感はありますが、噛むときの痛みが大幅に軽減していて経過良好です。

アゴの開口バランスも前回の術後をほぼ維持しています。

2回目施術後

今回の施術で安定度が増したと思います。

喜んでいただけました。

 

ストレスや冷えによりカラダ内部に緊張が入ると、他部位に緊張の連動が起こることが多いです。

自律神経が乱れることによって起きるわけですが、半身浴など自律神経を安定させる習慣を取り入れることによって、突発的な症状が出にくくなる傾向があります。

 


顔の痛みとローラー

「右の耳の上から下アゴにかけて神経痛の様な痛みがあるんです。」

「くちびるは虫が這うような痺れ感があります。」

「ひどくなって一週間たちますが、病院でもらった痛みどめが全く効かなくて。」

 

50代女性。

 

耳鼻科と内科で異常無く、三叉神経痛ではないかという診断。

痛みどめを3種類処方されて効かない状態 、カラダの防御反応が最大限に働いている状態ではないでしょうか。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

主要因はカラダ内部の緊張が反応。

マスキングとストレス系の緊張も反応するので解除して確認。

 

「唇のしびれは取れました。耳の前とこめかみの上にまだ痛みが。」

 

再調整で確認。

「取れました。楽です。」

 

顔に痛みが出る良くあるケースです。簡単な緊張リレーションでした。

しかし、カラダの防御反応が強く感じられます。

まだ、すぐ痛みが出てくる状態だと思われます。

 

(2回目 3日後)

「全体的に楽です。でも、前ほどではないけど痛みはすぐ出てきました。」

「どちらか言えば引っ張られる様なつる感じが強いです。」

「実は、前回言ってなかったのですけど、一年前から美容のローラーを使ってるんです。」

「強く押し当てて転がしていたのですが、顔がしくしくすることもあったんです。」

 

なるほどですね。

同様の施術で痛み無く終了。

 

(3回目 一週間後)

「だいぶ良いです。痛かったことを忘れていることがおおいです。」

「耳の前を触ると痛みを感じることと、曇りの日に少しこめかみに痛みが出るくらいです。」

 

やっと、カラダの防御反応が治まってきました。

もう心配ないと思います。

触っても痛み無い状態で終了。

 

カラダの治癒力が活性化しているときは、強い刺激にもカラダは耐えられることがあります。

しかし、冷えなどで自律神経が乱れ、カラダが過敏になっているときには、強い刺激による弊害の方が勝ってしまい、カラダが過剰にその刺激から守ろうとして、その箇所に緊張を入れてしまう場合があると考えています(カラダの防御反応)。

 

強い刺激に対して、人間のカラダは必ず反発してしまいます。

美容のローラーはその自重で押さえる程度で転がすと本当の効果が出ると思いますよ。

ご参考ブログ → 美容ローラー

 


育児中のお辛さ

「育児中で肩がつらいです。」

「眉間の痛みが強くて、辛いです。」

「歯の痛みが出ていて、いつも疲れが溜まると出るんです。」

 

ご主人の紹介でご来院。30代女性。

 

育児中の方に良くあるパターンで、腕から腰もお辛い状態です。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

肩、首、腰はよくある使い疲れとストレスからくる緊張みたいです。

歯の痛みも眉間もストレス系の反応で、顎関節症の方などに良くあるパターンです。

 

簡単なパターンですが、多重に緊張層が溜まっているので工数はかかるケースです。

解除と確認を複数回繰り返して、

「痛みが出なくなりました。」

「すごく楽です。」

 

ストレスからくる自律神経の乱れは半身浴が良いので、お勧めの温度と時間をお伝えして終了。

 

後日、ご主人がご来院。

「肩はまた出てきたけど、歯と眉間の痛みは出てないみたいですよ。」

 

育児中なので、肩は1回では難しいでしょうね。

筋肉の状態を整えても、抱っこなどの動きに反応して自律神経が緊張を入れてしまう場合があるからです。

 

体力的にオーバーワークなんですね。

大変な時期です。

でも、あと1~2回で長持ちするようになると思いますよ。


いつもは歯だけですけど

「右の顔からこめかみまでと、右首、右肩、右の胸が痛いです。」

「疲れると右の歯が痛くなるんですけど、その影響かなあ?」

「いつもは歯だけなんですけど。」

お辛さが限界になったらご来院くださる常連様。

30代女性。

 

ストレスからくる歯の痛みに連動しているのでしょうか。

アゴの不調の方に良くみられるパターンです。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

緊張リレーションをとっていくと右の奥歯が元になっているみたいですが、肩の痛みは使い疲れ的な反応が出ています。

ストレス系の緊張消去法を歯に入れて、うつ伏せのまま確認。

「ん?!消えています。」

チェック法で反応を取っていくと顔の緊張反応も消えています。

 

鎖骨周辺と肩の調整を行い、全身の緊張バランスを整えて確認。

「首から上は消えています。痛くないです。」

「肩から腕にかけて痛みが残っています。鎖骨周りは大丈夫です。」

 

だいぶ無理をされたのかな?

腕の関連箇所の緊張を再度解除して確認。

「楽になりました。痛くないです。大丈夫です。」

 

お仕事の関係でたまった右腕の使い疲れと、ストレスからくる歯の痛みが同じタイミングに出てしまって、いつも以上に周辺にお辛さが広がっていったのではないでしょうか。

「つめて通っておいたほうがいいですかねえ?」

いや、この施術でしばらく大丈夫だと思いますよ。

 


顔の緊張

「4年ほど前から首とアゴが痛いです。」

「1年半前に子供を産んだのですが、妊娠後期から特にひどくなって」

「アゴとこめかみと眉の内側が特に痛みます。首は、頭から首まで何かが乗っている感じ。」

鳥取市からご来院。30代女性。

喋る合間のしぐさからお辛さが伝わってきます。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

■初回施術前 2011/12/07

顎関節だけでなく顔全体が緊張しています。口を開けていただくと緊張から、下あごが左に引き寄せられています。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

首から上の強いマスキングが7個、後頭部のズレ、側頭部のズレ、関節円盤のズレが反応して消去と調和。

首からのストレス系の緊張と下腹部内部との緊張連動を消去して確認。

■初回施術後

何度かチェックと確認を繰り返して微調整しています。

アゴはまっすぐ開くようになってきましたが、バランスがまだ悪いです。

首と後頭部、アゴとこめかみ、眉の奥など痛みはすべて消えました。

「楽です!」

下腹部内部の緊張から冷えが疑われるので、半身浴のアドバイスをさせていただきました。

 

(2回目 4日後)

「すごい楽です。」

維持してるのですね。よかった。

最初のお辛さ10としたら今はいくらのお辛さですか?

「3くらいです。」

「首の痛みが出てきて、アゴやこめかみ周辺は大丈夫です。」

「次の日化粧してて、顔の歪みが治っているのでびっくりでした。」

 

チェック法でいつもの施術をすすめると、2つのマスキング。

後頭骨の前回と同じズレが反応します。

全身を調和して確認。
2回目施術前
2回目施術後

「痛くないです。不思議!」

アゴ周辺はさらに緩んで大きく開くようになりました。

バランスがまだ安定してませんね。

 

後頭骨が再度ズレていることから、マクラを見直してみることをアドバイスさせていただきました。

次回の経過が楽しみです。

 


今度は右の顔が痛い

ブログ 「 顔半分が痛い 」の30代女性が一年ぶりにご来院。

「毎年この時期になると痛くなるんです。」

 

今回は、顔の右半分が痛い、肩首が痛い、頭痛がするです。

一年たっていますが、顎への影響は少なくて、以前よりよく開いていますが、開きにくく左に引き寄せられる傾向は残っています。

今回は、顔の右に痛みが出ているので、アゴへの影響が少なかったみたいですね。


いつものようにチェック法でチェックしながら技をかけていきます。

複雑に緊張層が絡み合っていることと、下腹部内部の緊張が反応します。

鼻炎の影響も反応しますね。

 

技を入れて確認で、

「頭痛がまだあります。右の首痛も残っています。」

 

再調整をして、

「痛みが無くなりました。」

「口が開けやすい。」

アゴの調整をしていなくても、カラダの緊張バランスが変わるだけで、開口が楽になり、まっすぐ開く方向に変化していきます。

今回も、神経過敏状態なので、アゴやお辛い箇所には触りません。

 

一年開いて、前回の施術を思い出しながらの施術。

技の基本形は変わりませんが、カラダのとらえ方が進化しています。


顔半分が痛い

「アゴがおかしいのでみてもらえませんか?」

早くというご要望だったので、お昼に入っていただきました。

30代女性。

顔の左半分が痛く、口を開けるとこめかみに強い痛みが走る。アゴが左に引っ張られてまっすぐ開かない。左奥歯の痛みもある。

左側の強い頭痛と腰痛もある。

 

左側にお辛さが集中しているので、すべてが連動して起きているかと思ったが、チェックするとそうではなさそうです。

顔については、頭痛、奥歯の痛み、その他の緊張痛の3グループに分けていつもの施術を入れていきました。

背骨2か所のズレとカラダ内部で強いストレス反応が出たので調整。

あとは、お辛い個所でのストレス系の緊張とマスキングの解除をしていきます。

 

確認で、

「腰は大丈夫です。頭も痛くありません。こめかみの痛みも消えました。」

「あれ?アゴが引っ張られていない!」

「でも、下の奥歯の痛みが残っています。」

マスキングが残っていたので、再調整で消失。

さっと、基本手技をかけて、

楽になっていただけました。(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります)

 

開閉だけをみると、まだ、引っ張られ気味で、アゴのソフトな開閉法をいれたいところですが、痛みや緊張があった場合は、アゴ周辺は一切さわらないほうがいいです。

「頭痛もとれて楽になりました。足だけで、不思議~。」

日にちが経てば、もっと楽になると思いますよ。


戻していく

60代 女性。20年来の三叉神経痛、紹介でご来院。

朝起きると、右頬がキャーッと痛む、顔を洗うことも出来ないくらいの痛み。

右肩も神経痛様な痛みが、顔と同時期に起きて今に至っている。

病院でブロック注射と痛み止めの処方していただき、痛みを我慢しながら、現在に至っている。

 

初回から4日後、2回目のヒヤリングで、

「朝の痛みが少し和らいだ。顔を洗うのも少しましです。」

 

3回目のヒヤリング(今日)

「かむ時の痛みが出てきた。キャッとなるから、食べ物は飲み込んでいます。」

「え?それは以前もあったのですか?」

「病院で、ブロックを顔に打つ前はそんな感じでした。」

(戻っていってますね)

 

施術後、

「痛みは消えていると思いますから、確認で、ガムをかんでみていただけますか?」

「怖いっ!ええわ。」

「じゃ、ゆっくり口を開けてみてください。」

「楽じゃ、楽。」

「じゃ、ガムの確認はやめときますか?」

「いや、噛んでみます。」

「...大丈夫です。」 「このままずっとこれが続いたらええのに。」

 

これで、終わりとはならないケースだと思います。

でも、一つ一つ消していって、少しでも楽になっていただけるように、

一緒にがんばりましょう。