「 胸の辛さ 」一覧

弓道家の鎖骨上部の痛み

日課にして毎日おこなっている練習で不調は起きにくいものですが、体調によってはいつもの動作がきっかけになって痛みが出てしまうこともあります。

いつもの朝練で起きた弓道家の左鎖骨上部の痛み 50代男性

「昨日の朝、一本目に弓を引く動作でピリピリとなって。」

「その後練習は続けましたが...。」

 

弓道で不調が出た時に時々ご来院くださいます。

今回は3年ぶりです。

50代男性。

 

動いていただくと、横から腕を上げる途中で左の鎖骨の上部に痛みが走る。

腕を内側に曲げても同じ箇所に痛み。

改善経過

整体チェック法でチェックしながら、相対解除の間接手法で緊張の蓄積を解放していきます。
内部の緊張や部位間の連動を解放させて確認。

 

「ああ。腕が耳に着きます。」

「痛みはまだ少し残っています。」

 

再調整で、

「あ、立ち上がる時に手を着いた痛みが無い。」

動きの確認で、

「完全に取れました。」

 

よかったです。

今までの経緯から考えると、この施術で大丈夫だと思われます。

施術ポイント

整体チェック法で要因リレーションの確認:

(鎖骨上部肩痛)

  • 冷えからの内部の緊張との連動 30%
  • ストレスがかかわる緊張 20%
  • 全身に覆う緊張との連動 50%

全身を覆う緊張は内部の緊張との連動が大半で、ストレスと冷えの要素で起きていました。

潜在的に蓄積していた冷え(温度差)による緊張に大会前のストレス系緊張が加わって起きたケース

痛みなど整体的不調は緊張の蓄積が許容範囲を超えて起きています。

冷え(体内の温度差)によって自律神経が乱れてカラダ内部に緊張がかかります。

この要素によって普段から緊張の蓄積が起きて容量に余裕が無い状態になっていたと思われます。

 

冷えによる蓄積で余裕が無い状況に、大会前というストレスが加わったことで緊張の蓄積のトータルが許容範囲を超えてしまった。

それが最初の一本のタイミングで鎖骨上部に出たと考えられます。

整体所感

以前も同じ箇所に不調が出ていますから、ご本人としてはストレッチを毎日欠かさずにされていたみたいです。

しかし、施術を通じて感じる『普段気を付けなければならないこと』は冷え対策ということになります。

蓄積なので、単純に表現すれば3種の緊張層の足し算で許容範囲を占有していきます。

大会前のストレスは自分ではコントロールしにくいですが、冷え(体内の温度差)による蓄積だけでも防いでおけば、今回、いつもの動きで痛みは出ていなかった可能性があるわけです。

 

生活習慣から、冷え(体内の温度差)による緊張が溜まります。

冷え取りは個人毎の最適条件がありますから、それに気を付けることも大切です。


上体を傾けると胸に痛み

「一ヶ月前から、カラダをひねると胸の真ん中あたりがズキッとなります。」

「病院では異常無くて。」

「首や肩のコリもあります。」

 

10代男性。受験生です。

 

動いていただくと、上体を傾けると胸にズキッと痛み。

挙上や頭を上げると首と肩にコリ。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(胸痛)

  • ストレスによる内部緊張との連動 30%
  • 直接的に胸にかかるストレス系緊張 20%
  • 腹部の緊張からの影響 30%
  • 太もも+スネの緊張からの影響 20%

(首・肩コリ)

  • ストレスによる内部緊張との連動 20%
  • 直接的に肩にかかるストレス系緊張 30%
  • 太もも+股関節の緊張からの影響 50%

 

ストレス系の緊張の蓄積から痛みやコリが発生しております。

相対解除の間接手法を使って、内部や部位間の緊張の連動を解放していきます。

 

マスキング現象が緊張の自然な解放を阻んでいました。

確認で、

 

「手が挙げやすい!首も軽い!首の付け根に少しコリが残っています。」

「胸はまだズキッとなります。」

 

さらにマスキング層が反応。

奥の蓄積を解放して確認。

 

「胸のズキッが弱まってきました。」

 

再調整で、

 

「肩や首はほとんど無いです。」

「胸のズキッも大丈夫です。」

 

冷え取りは自律神経の安定効果があるので、最適条件をお伝えして終了しました。

 

 

後日、お母様がご来院。

その後の再発無く受験に臨めたことを確認できました。

よかったです。

 

 

【痛い箇所に原因が無い】

整体的不調は、ほとんどのケースで痛い箇所に何かが起きているわけではないです。

  • 神経を通じた緊張の蓄積

 

たとえば、イライラしたら胃が痛くなる、下痢する。発表会の本番になるとカラダが固くなっていつもの実力が発揮できない。

 

これは、ストレス・プレッシャーなどで自律神経が乱れて、胃腸、カラダ全体の筋膜に緊張が入ることで起きています。

ストレスが過ぎればカラダは元の状態に戻ります。

 

しかし、

  • 継続的に続くストレス要因
  • 同時に複数の緊張が重なってくる
  • 防御反応からマスキング的にかかる緊張層が解放を阻む

 

これらにより、緊張層の蓄積現象が起きる。

 

蓄積現象により、

  • 蓄積の多い箇所は緊張が高まるので不調が出やすくなる
  • 部位間の連動現象から、影響受けた箇所に不調が吹き出している

 

施術で緊張層の解放を進めていくと、解放量に比例してその場で不調の変化が起きます。

整体チェック法を頼りに技を入れますが、不調箇所に技を入れることはほとんどないのが実際です。

 

したがって、自律神経を乱す要因が整体的不調の真の要因で、そこに目を向けた生活習慣の改善が根本解決には必要ということになります。


親指が伸びない

「左の親指が固まって動かなくなりました。」

「籠の作り方を教えに行っているんですけど、親指に力を入れてグーッと締めることが多いんです。」

「3ヶ月前に、教えている最中に痛くなって。」

「でも、今までやってきたことだから、これが原因だとは自分では思っていないんです。」

 

50代女性。

「一度チェックしてもらったら」と、ご紹介でご来院。

 

(左親指)

動かしていただくと、動かしにくく、真っ直ぐにならない。

親指の第一関節の痛みと、第二関節には痛みとコブができている。

(挙上)

左腕が水平くらいまでしか上がらなく、鎖骨に痛み。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

整体要因リレーション:

(左親指伸びない)

  • ストレス系緊張の影響 20%
  • 頭の緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%
  • 足の緊張からの影響 40%

(左腕が上がらない)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系緊張の影響 30%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 頭の緊張からの影響 20%

マスキングに合わせて、相対解除の間接手法を使い内部の緊張や部位間の緊張連動を解放していきます。

十数年前の事故に絡んだ残緊張もチェック法に反応してきました。

 

ストレス系緊張で解放しにくいものが出てきました。

ストレスポイントの特定と関連解除の手法を行い確認。

 

「腕があげやすくなっています。鎖骨の痛みはこの角度で少しあります。」

「親指は痛みが減ってきました。」

 

最終、親指の可動域の明確な変化はその場で起きませんでしたが、痛みはだいぶ減りました。

腕を上げる時の可動域はOK。痛みは少し移動して鎖骨の上に残った状態で終了。

 

内部の緊張は冷えなので、

冷え取りの最適値をお伝えしました。

 

(2回目 5日後)

「親指の痛みがだいぶ減りました。」

「それと、これくらいまで伸びるようになりました。」

「ズボン履くとき指に力入ります。」

 

まだ、伸びきってはいないですが、初期からは明らかな違いがでてきました。

カラダが動き始めました。

 

「鎖骨の上はまだ痛いですけど、腕は上げやすいです。」

「あと、前回言ってなかったのですけど、...。」

 

施術と経過から、過去の出来事などストレスとカラダの関係・残緊張と痛みとの関係をご理解いただけたみたいで、過去の影響しているかもしれない事象を自発的にお話いただけました。

(チェック法でサーチしていきますので、事象があったことの情報で十分です。事象の内容は施術には必要ありません。こちらから内容を詮索することは一切ありません。)

 

今回の施術では、親指の第二関節のコブがその場で小さくなっていきました。

 

(3回目 2週間後)

「親指伸びました!痛みも無いです。」

「指の付け根のコブもほぼ無いです。」

「腕は上がるし、鎖骨上部の痛みは、つる様な感じが残っているだけです。」

 

ご紹介者様の所にも改善のご報告に行かれたらしく、喜んでいただけてよかったです。

 

この後は、3週間後と2ヶ月半後にメンテナンスでご来院。

指も腕も良い状態を維持していました。

ご紹介もいただきました。

 

 

【いつもの作業で親指が動かなくなったのはなぜ?】

親指にかかった負荷はいつも通り。

しかし、3ヶ月経っても治らない、可動制限と痛みとコブ。

 

「これが原因だとは自分では思っていないんです。」

とお客様。

 

施術の経緯から、負荷により傷めたものでなく、ストレスや冷えによる緊張層の蓄積がカラダの許容範囲を超えて起きていた現象でした。

 

たとえば、

  • イライラしたら、下痢をしたり、胃が痛くなったり
  • 発表会などで、無意識にカラダが固くなっていつもの実力が発揮できない

これは、ストレスやプレッシャーなどで自律神経が乱れて、胃や腸や全身に緊張をかけている状態なわけです。

 

一過性のストレスであれば、事が済めば解放されますが、

  • 継続的なストレス要因
  • 一度に複数のストレスがかかる

などにより、カラダに残りやすい緊張が溜まってくる。つまり、緊張層の蓄積現象が起きることがわかっております。

 

蓄積がカラダの許容範囲を超えた箇所に痛みや可動制限が起きる。

この原理が親指にかかる場合もある訳です。

 

【なぜ指だったのか?】

緊張(緊張層)は、特定の狭い範囲にかかっている場合もありますが、広い範囲でかかっていることが多いです。

そして、緊張の蓄積バランスは全身で均一化しようとする働きがあります。

 

それにより、

  • 部位間の連動現象

が起きます。

 

一つには、部位間の連動現象から、親指へ緊張の影響が向かいやすくなった。

 

もう一つは、『きっかけ』があってルートができてしまう現象。

 

過去の怪我や手術の痕が、ある条件が揃った時に痛みだす現象。

医学的にはとうに完治しているのに何故痛むか?

 

自律神経からの緊張がそこにかかりやすくなっている。

この場合、怪我や手術が『きっかけ』となって、そこに緊張がかかりやすくルートができてしまっていると考えています。

 

今回のお客様の事例では、籠つくりの作業がきっかけになり、親指にルートができてしまった。

他の部位にかかっていた緊張の一部が親指側に流れてきたり、作業に対する防御反応の影響もかかわっていると施術経緯から感じています。

 

 

【痛い箇所に原因が無い】

上記、整体的不調は主に自律神経の乱れによる、

  • 緊張層の蓄積現象
  • 部位間の連動現象

により起きていることが多いことが実績からわかっています。

 

つまり、辛い箇所がどうにかなっているわけではないので、辛い箇所に操法をおこなっても意味が無いことが多いわけです。

全身にかかっている緊張層を順序良く解放することが、不調改善の早道になります。


後頭部から胸筋にかけての辛さ

「頭の付け根から胸筋にかけて、つながった感じに痛みます。」

「後ろからおんぶされている感じの辛さです。」

「アゴの関節周りにも痛みが出ています。」

 

ウエイトトレーニングをされててかなり体格が良い方ですが、姿勢矯正ベルトをつけないと肩が内に丸まってしまう状態らしいです。

 

40代男性。

アゴの痛みで2回の施術で改善後、1年ぶりのご来院です。

 

「あの後は、冷え取りもがんばって、ずっと調子が良かったんです。」

 

年末のストレスの影響?

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

チェック法の反応では、腸腰筋、股関節にストレス系の緊張が集中しています。

マスキングを探りながら、相対解除の手法で緊張の解放を繰り返します。

 

確認で、

「うつ伏せで技をかけられている時、腰回りがぐいぐい動くのがわかりました。」

「肩まわりすごく楽になっています。」

「アゴも大丈夫。」

「運転の姿勢で左肩に少しコリが残ります。」

 

再調整で、

 

「楽です。すごい。」

「今回は何が原因してたんですか?」

 

ストレス系の緊張が主でしたよ。

「ストレス?!自覚あります。」

「ゴルフで...股関節も硬くて...。」

 

そっちのストレスだったのですね。

 

頭の付け根から首、肩、胸と繋がった感じの辛さ。

これは股関節回り、特に内部の緊張による引き合い現象で起きていました。

辛い箇所に原因が無いことの典型的な例でした。


声楽で声が出にくい

「声が出なくなった子がいるの。お願いできます?」

 

音楽院の先生からのご紹介でご来院。

20代女性。

 

「喉にたんがからんで声が出ないんです。」

「病院での診断は、ストレスでしょうと言われました。」

「呼吸する時にみぞおち付近がピキピキと痛いです。」

 

喉はよくあるパターンですが、すっきり取れるでしょうか。

息を吸っていただくと、みぞおちに少し痛みが出ています。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

ストレスの反応がたくさん出ます。

 

想定だけでは消えきらない感じなので、お客様にご協力いただく相互解除のストレス解除を試みます。

(ヒアリング無しに特定できる手法です。)

8つの内容が反応。

これらを基本体系に組み込み全身の反応を取って確認。

 

「肩が軽い。」

「吸っても痛くない。さっきと全然違う。」

 

声を出していただきます。

「あ、ここ。ここにたんが溜まっています。」

喉の変化はしているが、下方鎖骨近くにたんが絡む感じが残っているみたいです。

 

再解除で、

「あ、変わった。」

「今度は喉の真ん中の左寄りです。」

「ここもたんが溜まっている感じです。」

 

再解除で、

「あっ!でも、無い...無い!」

「すごいですね。なんで消えたんですか?」

整体の範疇で起きていたということですね。

「たんが振動してたんですけど無くなっている。」

 

うまくいってよかったです。

 

少し風邪気味も手伝っていたかもしれませんが、ストレスの影響が大半のケースでした。

 

先生方のコンサートの直前の調整で、

ストレスの元がコンサート自体だったりするので、解除しても違和感が残ってしまうことはあります。

 

尾を引くストレスではなかったみたいでよかった。

お仕事がんばってください。


呼吸ができないくらいの胸の痛み

「朝、呼吸できないくらいの胸の痛みで、心臓が痛い感じの痛みが続いているんです。」

「車の運転が一番つらくて、途中、車を止めて休憩するくらいなんです。」

「でも、昼くらいから少し楽になってくるので、今は小さな痛みです。」

「肩は押さえられないくらいパンパンで。」

 

40代女性。

お忙しくて、お辛さが限界になったらお越しいただけます。

 

前回から半年開いています。

お忙しくても医療の検査は優先してくださいね。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えの影響が芯を覆っているみたいですが、上層はストレス系の緊張で覆われています。

解除していくと、左肋骨の3番目のズレが反応。調和させます。

まず、ここで立っていただいて確認。

 

「胸の痛みが無くなりました。」

「でも、肩が痛い!」

 

チェックしていくと股関節まわりの緊張が何度も反応。

これが上半身の解放を阻んでいます。

解除していくとカラダ内部の緊張が反応します。

冷えによって起きている緊張で、肩につながって連動しています。

元々の主訴ですね。朝方強まるのはこの影響です。

 

解除して確認。

「うわ。楽になりました。」

「ん?今思い出したのですけど、お腹両脇の痛みと右骨盤の痛みが最初の始まりだったんです。」

今でているのですか?

「はい。」

 

カラダの緊張を順序良く取っていくと前の辛さが出てくることがあります。

お辛さが解決しない形で、上乗せで新たな緊張がかぶさった状態になっているわけです。

 

お腹両脇の痛みと右骨盤の痛み。

チェックすると、使い疲れとストレス系の緊張が部分的に積もったものでした。

解除して確認。

 

「消えました。楽になりました。もう大丈夫です。」

よかった。

 

痛みの出る位置は、緊張の積もり方で決まってきます。

痛みは、結果的にその箇所に出たというだけで、出ている箇所以外に施術のポイントがあることがほとんどです。


右鎖骨の奥の痛み

「右鎖骨の奥が痛くて、整形を何件かとペインクリニックで注射もしたのですけど変わることなくて。」

「パソコンとか同じ姿勢を数分間していると、鎖骨に耐えられない痛みが出るんです。」

「腕を動かした場合は筋が引っ張られる様な痛さなんです。」

 

姫路市。30代女性。

7ヶ月前から痛みが出つづけているらしいです。

最近は冬なのに足のほてりが強くて寝れないらしい。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えが反応しますね。

冷え(体内の温度差)からカラダ内部に緊張がかかって、その緊張が鎖骨に影響している良くあるケースみたいです。

足のほてりもその影響が反応します。

 

マスキングと合わせて内部緊張からの連動を相対解除の手法を繰り返して開放して確認。

 

「なんかわからへんんけど、すっきりした感じがするんですけど。」

痛みは消えていますか?

 

「はい。なんでですか?」

カラダ内部からの影響をとったからです。

 

テーブル席に座っていただいて、パソコン様に静止姿勢をしばらくしていただきます。

 

「なんかぜんぜん違うんですけど!?」

「なんか、ここ(鎖骨)になんも無いような気がしてきた。」

 

 

「うそもんみたい。ぜんぜん大丈夫です。」

「なにこれ。すごい!」

 

楽になっていただけてよかった。

元気で小気味よい関西弁、いいですね。

 

今回は冷え障害のみで起きていて、短時間で痛みが無くなりました。

技を入れた箇所や痛みのリレーション、そして、

冷え対策の習慣改善の説明をして終了。

 

20分ほど説明にかかりましたが、

じっとしていて違和感出てきてないですか?

 

「ええ。」

「今までめっちゃ悩んできたんが何だったのか?意味わからへん。」

 

冷えって怖いですね。

カラダへの影響が強いですけど、検査の数値には出ないし、

あまり知られてないのが冷え障害です。


アゴが左へ引っ張られる、胸・肩に痛みも

「左アゴに引っかかりと突っ張りと痛みがあって、下アゴが左に引っ張られます。」

「アゴから首、胸まで痺れがあり、そして、肩甲骨側にも痛みやビリビリ感があります。」

 

北海道札幌市より、鳥取帰省を利用して岡山までご来院。30代女性。

北海道で私のホームページを見つけてくださいましてありがとうございます。
(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。
初回施術前

左にやや引っ張られていますが、大きくはありません。

「口を閉じた状態でも引っかかりや引っ張り感を感じるんです。」

関節円盤のズレもあると思われますが、アゴから胸、アゴから肩甲骨へ入っている緊張層全体の問題でしょう。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷えからくる影響、ストレスからくる影響、使い疲れなどをマスキングに合わせて解除していきます。

 

よくある簡単なケースと思っていたのですが、量的に多いだけでなく、強いストレスと防御反応があります。

解除のたびに変化して、お辛さの範囲が狭まってきましたが芯に強いものが残る。

 

芯に残っているのはストレス系ですね。

  • 治療の経緯
  • お辛さ発生の経緯

を再度細かくヒアリングしながら、マスキングとストレス系解除を順序良く行っていきます。

 

「9ヶ月前に肩と首の辛さが出たのが最初です。整形受診して、首の牽引が辛かった。」

「7ヶ月前から虫歯の治療に入って、口を開ける辛さを我慢しながら受けていたら、その時から左アゴの引っ張られや引っかかりを感じるようになってきました。」

「悪くなる一方なのにどこ行ってもよくならなかった。」

 

ヒアリングを元にポイントを特定していくと、整体チェック法に反応が次々に出てきました。

解除して確認。

 

「アゴの違和感が無くなってきた。抜けた感じです。」

「左肩は痛みが無くなってきましたが、引っ張られる感じでがあって左肩が持ち上がる感じです。」

 

「あと、体調不良で職場を休んでいた時期がありました。」

「最終手段でペインクリニックを受けたこともあります。」

 

大きな変化を感じてくれて、さらにお辛さを抱えられていたころのことを教えてくださいました。

チェックと解除を行って確認。

 

「なんかだいぶ取れた感じ、全体的にとれたけど、肩をかっちり押さえられているような感じがまだ残っています。」

「あ、アゴに違和感が少しでてきました。」

 

一旦お辛さが無くなった箇所に復活してくるのは、深層の緊張層が出てくる場合と、要因が現在進行形で再び脳が緊張を入れてくる場合のどちらかです。

 

現在進行形のストレスと判断して、足湯をしながらの説明に入りました。

初回施術後

ここで施術後のビデオを撮って確認しました。

違和感残っていますが、開口はだいぶ真っ直ぐになっています。

 

説明終了後、全身のお辛さを確認していただくと。

「あれ、取れています。アゴも肩も違和感ないです!」

 

これは、一時的に足湯で自律神経が整って変化しているということで、まだ出てくる可能性はありますが、変化の仕方からストレスに連動した緊張が残っていたことは間違いなさそうです。

 

(2回目 翌日)

「アゴは両側が同じレベルで少し緊張している感じです。」

「肩にも硬さがあって、左肩甲骨上部に痛みの中心がある感じです。」

「全体で、辛さの量は減っています。」

2回目施術前

硬さが出てきているけど、開口は真っ直ぐでまずまずです。

今回はストレス系の解除に終始しました。

最終、

「左肩甲骨上部につっぱりが残りましたが、辛さは取れています。」

 

時間も無くなり、今日はここまでとしました。

 

カラダは自律神経によって管理され守られています。

辛い治療を受けていると、脳はその箇所を守ろうとして緊張を入れてきます。

それが何度も続くと、脳が緊張を解かなくなってしまいます。

悪化する場合は合っていない可能性があるので、お医者様とよく相談されたほうが良いと思います。

 

足湯や半身浴がストレスに対して有効なことはあまり知られていません。

冷え取りでおカラダの機能を向上してきて、ストレスの耐容量が増えてくるからです。

 

カラダに不要な刺激を入れないことと、適切な条件で冷え取りを行えば、あとは、治癒力が解決してくれるでしょう。


肩こりが前に来た

「昨日から胸が痛くなって、肩こりが前に来た感じなんです。」

 

お子様の2度目の施術終了後、「時間があれば」とご依頼いただきました。

40代女性。

 

鎖骨から胸にかけての痛み、脇の下の痛み。そして、背中が広範囲にお辛い状態です。

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

 

冷えからくる下腹部内部の緊張。

マスキングが多数反応、リレーションを複雑にしています。

それらを解除して確認。

 

「胸の痛みが減ってきました。まだ、こことここにあります。」

「あと、うつ伏せで背中が痛い。」

 

美容師のお仕事で、緊張層が積もり積もっています。

マスキングに合わせて現れてくる肩首の緊張と下腹部緊張との連動解除を繰り返します。

最後、恥骨結合のズレを微調整。

 

「楽になりました。胸も背中も痛みが無いです。」

 

複雑になっていました。

時々同じような症状が出ていたらしいです。

マスキング現象もきっちり解除しているので、今後は出にくくると思います。


右肩と鎖骨が痛い

「今日、空いていますか?」

古くからの常連様。30代女性。

良くなってずっと安定状態で、お辛くないけど時々ご予約してくださっていた方。

 

「2週間前から右の肩と鎖骨のところが痛いんです。」

「3日前に片頭痛や吐いたりもあったんで病院にも行きましたが異常なくて」

「うーーって言う感じの痛さです。」

 

チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

下腹部内部、数か所に緊張反応があります。

マスキングといっしょに緊張連動を解除して確認。

「うん。楽になってきたけどまだ痛い。」

 

再度チェックしていくと、肩鎖関節のズレが反応。

肩にストレス系の緊張もあります。

解除して確認。

「取れてきました。でも、腕に痛みが移動しました。」

 

少し複雑になっています。

ストレス系の緊張解除を中心にかけて、確認を数回繰り返して。

「楽です。痛くなくなってきました。」

 

痛みなくなり終了。

ずっと安定されていたのですが、悩むことがあったみたいで、今回一気にお辛さが出たみたいです。

悩みのストレスで自律神経がアンバランスになって痛みにつながることは良くあります。

心とカラダって連動しますね。