そのまんま股関節

「ジョギング中にフォームを正したら左腰がグキッとなってそれ以来...」

30代男性。

 

痛みとしては左の臀部が強く、坐骨までつる感じで痛みが走る。

「座っているのが一番楽で、それ以外の姿勢で、常に痛みを感じます。」

「今日はまだましで、酷い時は立つのが辛かったです。」

 

左臀部に痛みの中心があるということで、チェック法でチェックしていくと、左の股関節が強く反応。

そのまんま、その痛みに近い左の股関節がズレていました。

単純なケースで、三軸修正法でズレを調整し、スジや筋肉の反応箇所に緊張解消法をかけて動きの確認。

前屈で、後屈で、歩いて、院の階段も降りて上がってもらって、ジョギングの真似もしてもらって、

「なんともないです。」

「しかし、なんであれで取れるんですか?二週間も痛かったのに。」

 

 簡単に説明しながら、ゆらゆら揺らす基本手技をかけようかとチェックを入れると、かけないほうが良い反応が出るので基本手技はなしで終了。

このような単純なケースで、優しい基本手技をかけられない場合は、

ご自身で良かれと行っていたことが、カラダに合っていなかった場合に起きることが多いです。

 

強い刺激を入れずに、しばらく安静にしていただけたら、もう施術は必要ないと思います。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
アゴの整体 も得意で力を入れています。 病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 このブログは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

股関節痛

Posted by 院長