入れ歯を変えてからアゴの調子が悪い。顎関節症と診断。

2020年2月4日

「母が入れ歯を変えてからアゴの調子が悪いんです。」

「大学病院に行っていますが、良くならなくて」

「80代ですけど、良くなりますか?」

息子さんからお電話をいただきました。

 

改善に年齢は関係ないです。

ご来院時は左アゴに違和感があり、じゃべりにくく、開口で下アゴが左に引き寄せられている状態。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)

下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

 

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

腰周辺の調整。

肩甲骨周囲と背中の緊張調整、アゴからはストレス系の緊張が反応します。

アゴの関節円盤のズレを調整。

解除と確認を2度ほど行い。

初回施術後

まっすぐ開くようになりました。(施術でアゴには触れていません。)

違和感は消えていますか?

「無いです。」

 

そばで見てられた息子さんも感激してくださり、

次の方まで時間があったので施術を体験していただけました。

 

かみ合わせの違和感はとてもストレスフルなことと思います。

アゴはストレスからくる緊張だったのでしょうね。

喜んでいただけてよかった。

 

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。