尾骨の激痛で座れない

「昨日から、尾骨に激痛がでるようになって座れない状態です。」

「今日、会社では膝をついてパソコンを打っていたんです。」

 

30代男性。

 

ご来院いただいたときはなんとか座れるようになっていましたが、少し腰を浮かした感じ、痛い箇所を触っていただくと、激痛でウッとのけ反ってられます。

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

大量のマスキングが反応してきます。

それに合わせて、冷えとストレスの反応が出てきます。

解除して確認。

 

「痛いっ!」

 

かなり緊張が積もっています。

複数回、解除と確認を繰り返して、

「まだ痛いけど激痛ではない。痛みの範囲も狭くなってきた。」

 

さらに繰り返し違和感レベルになったところで、座っていただきます。

座って前にかがんだり反ったりして、

「ん。まだ違和感があるなあ。」

 

再調整で、

「あ、楽です。大丈夫です。」

 

よかった。

緊張が多く、思った以上に時間がかかりました。

 

今回は、主要因は冷え障害の影響、それがストレスの影響で増幅している感じでした。

尾骨自体には何も問題はありませんでした。

 

「昨日、久しぶりにお風呂に入ってみたんですよ。そしたら、その時は痛みがかなり楽になって...。」

 

ブログを見てくださって、冷え取りを試されたのだと思います。

冷えの要素が主ではありますが、マスキング現象によって複雑化した状態なので、温めだけでは何か月もかかるでしょう。

今後は、シャワーだけで済まさないようにしましょう。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
  病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。