一年前からの尾てい骨痛と一ヶ月前からの股関節痛 サッカーをしている中学生男子

「一年前に打った箇所がいまだに痛くなる!」

打ち身自体は治っているはずですが、整体的不調のメカニズムで痛みが残っている事例です。

一年前からの尾てい骨痛と一ヶ月前からの股関節痛 サッカーをしている中学生男子

「尾てい骨は、一年前に友達と遊んでて、椅子で尾てい骨を打ったんです。」

「それ以来、車に長く座った時に痛みます。」

「股関節はサッカーで蹴った時に急に痛くなりました。一ヶ月前です。」

中学3年生男子。

お母さまとご来院。

尾てい骨は、硬い椅子に座ってカラダを後ろに傾けていただくと痛みが確認できました。

尾てい骨を直接触っても痛みは出ません。

股関節は、右内側付け根で、外に膝を開く方向で痛みます。

施術経過

初回施術

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

整体チェック法でみた不調との連動部位。

尾てい骨の痛み:

  • 冷えからの内部緊張との連動 40%
  • ストレスが直で関わる 20%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%

股関節の痛み:

  • 冷えからの内部緊張との連動 30%
  • ストレスが直で関わる 30%
  • 肩の緊張との連動 20%
  • 頭の緊張との連動 20%

緊張の蓄積と連動の開放を促します。

そして、自然な開放を妨げている広く覆う緊張層のチェック、それに紐付く奥の古い緊張の開放を促して確認。

「まだ痛いです。」

蓄積が多いケースです。

さらに、滞りを生んでいるポイントと関連する緊張層の開放を促して確認。

「股関節の痛み無くなってきました。」

「尾てい骨はまだ出てきます。」

尾てい骨痛に関連する緊張は量的に多く、痛みが残った状態で終了。

冷え(温度差による自律神経も乱れ)の影響を日々リセットするために、半身浴の個人ごとの最適値をお伝えして終了。

2回目 8日後

「股関節オッケーです。」

「尾てい骨は車に長く乗るとまだ出てきます。」

尾てい骨は、前回同様、硬い椅子に座ってカラダを後ろに傾ける動きの確認で、

「ちょっとだけ痛い。」

施術では、今回はお辛さ無くなり終了できました。

3回目 13日後

「尾てい骨は車に長く乗るとまだ出てきますし、普通の椅子で出ることもありました。」

「股関節はオッケーです。」

尾骨は、若干痛み方が顕著になってきて、奥にあった、痛みと連動している緊張の芯の部分が表面化してきた可能性があります。

施術では、ストレス系の緊張が最初に広く覆っていて、開放を促すと、こんどは、椅子で尾てい骨を打った時のマスキング層が整体チェック法に反応。それに紐付く残緊張の開放を促すことで痛み無くなり終了できました。

この施術で一つの区切りになると思います。

一ヶ月半後 お母さまからのメール連絡

お母さまからのメール連絡で、尾てい骨の痛みが治まっていることを確認できました。

整体所感

自律神経が乱れることによって筋肉や内臓系に緊張が入ります。

それが蓄積して許容範囲を超えると痛みなど不調になります。

緊張の蓄積が不調や歪みを生み、それが開放されると不調や歪みが改善するイメージ図

緊張の蓄積が不調や歪みを生み、それが開放されると不調や歪みが改善するイメージ図

自律神経が乱れるのは、ストレスや温度差などで、それらが継続的要因であれば、カラダに緊張がかかったまま残りやすくなり、それが緊張の蓄積現象の元になっています。

自然にカラダが開放する量より、入ってくる緊張の量が多くなると、蓄積が進むので痛みなど不調に至る場合があるわけです。

なぜ、尾てい骨の痛みが一年も続いたか?

緊張が滞りやすい状況になっていました。

そして、緊張の蓄積の影響が、連動現象によって特定の姿勢で尾てい骨に現れる状態になっていたのです。

尾てい骨自体がどうにかなっているわけではないのです。

  • 温度差の影響を受けやすい生活習慣があった(蓄積が加速)
  • 尾てい骨を打った時の緊張が滞りに拍車をかけていた

カラダにかかった緊張の自然な開放を妨げる要素として、マスキング現象と呼んでいるものがあります。

事故や怪我など、びっくりしたり我慢した時にカラダに広く覆う緊張層が、その奥にある緊張層の自然な開放を妨げてしまう現象です。

たとえば、車の事故後、

「追突されて怪我が無く、病院に行ったけど検査で異常がありませんでした。」

「でも、数日後、首が痛くなって、なかなか治らないんです。」

みたいな事例でよくみられるのですが、首自体に異状があるわけではなくて、追突時に全身にかかった緊張(マスキング層)がカラダに残ってしまって、滞りを生み緊張の蓄積が進んだ影響が、結果的に首に痛みとして現れやすくなってしまったということです。

不調発生のメカニズム(緊張の蓄積現象)についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

をご参照ください。

- About Us -

岡山市の整体院。
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
他院であまり使われていないアプローチで、岡山県をはじめとして、広島、福岡、山口、鳥取、島根、香川、愛媛、大阪、京都、兵庫、愛知、静岡、長野、東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、北海道、宮崎など他県からもご来院いただいています。

アゴの整体 も得意で力を入れています。
動画で見るアゴの改善
動画で見る五十肩改善
動画で見る歩行困難改善

病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 このブログは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。