手術入院のあと膝と足首の痛みで短距離走が走れなくなった中学生男子

「手術してから、調子が前のように戻らん。」とか、伺うことがよくあります。

手術自体は成功しているし、手術痕も治癒しているのになぜ調子が戻らないのか?

これは、手術といういつもと違う状況でカラダにかかった緊張が、緊張の自然な解放を妨げるようになったことで起きていることが多いです。

年齢に関係なくこのようなことは起きる場合があります。

一か月前の手術入院後から短距離が走れなくなった中学生男子の施術

「部活の短距離走で、走り始めるとすぐに両膝と左足首が痛むようになったんです。」

「一か月前に、足以外の箇所の手術をして入院しました。手術したところをかばったからかなあ?」

「膝は、手術の前から何となく痛みを感じたことがあったけど、退院して、走ると強く痛むようになっていました。」

「左足首も退院後に痛みが出るようになりました。」

中学生男子。

「部活ができない!と言い出したので連れてきました。」と、お母様とご来院。

膝と足首が痛くて短距離走れない中学生男子
膝と足首が痛くて短距離走れない中学生男子

痛みはジャンプでも出るらしく、その場でジャンプの確認をして施術に入りました。

施術経過

整体チェック法でチェックしながら、反応する不要な緊張へ自然な解放を促していきます。 (マッサージやストレッチなど不要な刺激は入れません。)

初回施術

整体チェック法でみた不調との連動(引き合い)部位。

両膝内側の痛み:

  • からだ内部緊張との連動 20%
  • ストレス系緊張が直で関わる 20%
  • 全体を覆う緊張との連動 50%

左足首の痛み:

  • からだ内部緊張との連動 20%
  • ストレス系緊張が直で関わる 20%
  • 全体を覆う緊張との連動 50%

ほぼ同じ関係性です。このなかの、全体を覆う緊張は、からだ内部に溜まった緊張との関わりが強そうです。

チェック法でみながら、順序よく古い残緊張の解放を促していきます。

緊張が自然に抜けにくくなっているポイントは、やはり手術の時系列でのマスキングが反応していました。

ある程度取ったところでジャンプの確認。

「まだ痛い。」

再調整で、

「ジャンプは大丈夫です。」

次に、外を走っていただきます。

「痛いけど、いつもよりましです。」

再調整を2回繰り返し、最終は、痛みレベル2割ていど残って終了。

2回目施術(前回から5日後)

「まだ痛みが出ます。」

「膝の痛みは5レベルに下がりました。」

前回の後、3回部活に参加して、練習での痛みは半分以下になっていたみたいです。

他の運動の習い事もされてて、足を踏ん張ったりの動作があるみたいですが、いつものように動けたみたいで喜んでいただけました。

この日の施術では、外で走って、一往復であれば問題ないレベルになって終了。

3回目施術(前回から9日後)

「だいぶ楽になってきました。」

「膝と足首は出なくなりました。」

「激しい練習の時に、左の太ももの裏に引っ張られる痛みがでることがあります。」

「走れる痛みです。」

だいぶお身体に余裕ができてきました。

もう大丈夫でしょう。

整体所感

病院で異常がない不調は、緊張の蓄積が関わって起きています。

参考ページ → 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

この緊張のかかり方によっては、自然な解放が滞ってしまう場合があるのです。

参考ページ → マスキング現象にアプローチできると改善が早まる

自律神経は常に乱れたり安定したりを繰り返しています。

自律神経が乱れて筋膜にかかった緊張は、本来は、事が過ぎると自然に解放されるのですが、上記、マスキングの様な緊張がかかることによって、自然な解放が滞りやすくなり、緊張が高まってしまうので不調が発生しやすくなるのです。

緊張の蓄積(滞り)で緊張が高まり不調がでる
緊張の蓄積(滞り)で緊張が高まり不調がでる

緊張の滞りのきっかけとしては、

  • 事故
  • 怪我
  • 手術
  • 心的ショック
  • 不要な強い物理的刺激

などがあります。

今回は手術がきっかけでしたが、

施術を通じて感じるのは、過去に受けた体に合っていない施術とかが、根深く滞りの元になっているケースがあるので注意が必要です。

緊張の蓄積の解放を促すと不調は変化します
緊張の蓄積の解放を促すと不調は変化します

緊張の蓄積を解放していくと、不調だけでなく、からだのパフォーマンスアップにもつながるので、不調が消えてからのメンテナンスで、さらに余裕を作っていくことは、記録を目指される方にも良い方向に働きます。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
アゴの整体 も得意で力を入れています。 病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 このブログは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。