あぐらをすると股関節と膝が5分くらいで痛くなります

「あぐらしていると股関節が痛くなって、5分くらいしか持たないんです。」

「左ひざも一緒に痛くなります。」

「座った状態から立つときも股関節は痛いです。」

 

紹介でご来院。60代男性。

 

痛みは鋭い痛みではなく弱いがいやな痛み。

左足が柔道で痛めた後遺症で変形を起こして、左ひざが外を向いています。

それはそれで不利に働くでしょうが、痛みのタイプからそれ以外の要因が強いのではないでしょうか?

 

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

全身の緊張バランスを整えます。

これはさほどではありません。

下腹部内部との緊張連動が反応。

緊張消去法で緩和させて確認。

 

「あれ?痛くないです。何で?」

 

積もった冷え障害からカラダ内部の緊張が高まった状態になっていて、股関節や膝など弱い箇所に緊張の連動を起こしているケースでした。

 

(2回目 一週間後)

「近々宴会があるので来ました。ずっと座らんといけんし。」

「膝は楽ですけど股関節がまだ出てきました。」

 

前回ほどの強さではないみたいです。

冷え障害が根本原因なので、まだ出てくるでしょうね。

 

今回はマスキングも出てきたので、それを解除。

これで、さらに出にくくはなるでしょう。

 

足が変形などを起こしていると諦めがちですが、それ以外の要因が占めているケースも多々あると感じています。

- About Us -
岡山市の整体院ほぐし庵
完全無痛の技術
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
アゴの整体 も得意で力を入れています。 病院の検査で異常無い全身のお辛さが対象範囲です。
お辛さには必ず原因が存在しています。
医療機関で手だて無く悩んでおられる方へ、意外と整体的要因が原因である場合があります。ご相談ください。
※注意 このブログは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。