「 動画で見る五十肩改善 」一覧

急に二の腕にぴんと張る様な痛みが出て右腕が上がらなくなりました

過去の事故や手術などの影響は後々に影響してくることがあります。

当時の残緊張がカラダに残ってしまっている場合です。

過去からの緊張の蓄積がカラダの許容範囲を超えると、特に特別なことをしていないタイミングでも整体的不調として出てしまう場合があります。

今回は右腕の四十肩様な痛みと可動障害です。

急に二の腕にぴんと張る様な痛みが出て右腕が上がらなくなりました 40代男性

「4ヶ月前に、急に右の二の腕にぴんと張るような激痛が出て病院に行きました。」

「炎症だろうと注射を2本打ってもらったら激痛は治まったのですが、動かしたら痛いし腕は上がらないままなんです。」

「耳の手術を一ヶ月前にしたのですが、それからは何故かじっとしていても痛い状態になって、寝ているときに痛みで目が覚めることがあります。」

 

ご紹介でご来院。40代男性。

40代K様 四十肩施術前

40代K様 四十肩施術前

注射以外では週一回のリハビリを行われていました。

整体要因リレーション

整体チェック法でみた不調との連動部位。

肩から二の腕の痛み:

  • 冷えからの内部緊張との連動 40%
  • 左肩甲骨の緊張との連動 20%
  • 首の緊張との連動 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%

マスキング層として左耳の手術入院、注射、リハビリが反応しています。

施術経過

許可をいただけたので、施術経過をYouTubeでまとめました。↓

初回施術

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法で順序よく解いていきます。

緊張連動の開放、刺激に対する防御反応やマスキング層に紐付く奥の残緊張を開放して、チェック法の反応が落ち着いたところで中間確認。

 

「あ。上がりましたね。」

 

すんなり変化してきています。

再調整を3回ほどおこない、

最終は、痛みが最初10に対して4レベル残る状態で終了。

ベースには冷え(体内の温度差)の影響があるので、冷え取りの個人ごとの最適値をお伝えして終了。

2回目(前回から7日後)

「日中の痛みがだいぶ軽減しました。」

「でも、寝ているときは痛みがまだあります。前を10としたら7くらいの痛みです。」

「リハビリは中断しています。」

 

可動域については上部に貼っている動画をご参照ください。

施術で、挙上の痛みが1以下になりました。しかし、後ろに手を組むのがはまだ辛い状態で終了。

この日は、過去2回あった20代の事故の古い残緊張が反応してきました。

3回目(前回から13日後)

「普通にしとれば痛くない。」

「腕を曲げて動かすと痛みが関節に出ます。」

「寝ているときは、同じく腕を曲げて寝ているときだけ痛みが出ますが、そうでなければ問題なくなっています。」

「以前は嫁が、うなされとったよ。って教えてくれるくらいでした。」

 

だいぶ落ち着いてきましたね。

よかった。

この施術で区切りになると思います。

 

施術では、痛みなくなり、後ろ側にも腕が回しやすくなりました。

整体所感

過去に事故や怪我や手術などいつも以上にカラダに緊張が入る状況があると、広い範囲で緊張が覆い、その奥の緊張が自然に抜けにくい状況が発生する場合があります。

抜けにくくなった緊張を残緊張と呼んでいますが、それらが溜まってくると、カラダに余裕が無くなって、ちょっとしたことでお辛さが出やすい状態になったり、余裕が無い状況での大きめのストレスは激痛レベルの痛みとして出る場合があると実績から感じています。

病院で異常が無ければ、残緊張を開放する技術で変化していきますが、逆に引っ張ったり揉んだりをするとカラダの防御反応がかかわって悪化する場合があるので注意が必要です。

 

不調発生のメカニズム(緊張の蓄積現象)についての詳細は、

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム(緊張の蓄積現象)
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

をご参照ください。

腕があがらない後ろに回らない五十肩。痛みで目がさめることがあります。

「去年の10月から、左手が後ろにまわらないし上がらなくなりました。」

「左を下にして寝ると痛みで目が覚めます。」

 

ご紹介でご来院。60代女性。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

整体チェック法でチェックしながら無痛の技を入れていきます。

冷え、ストレスの影響がメインですが、過去の施療での防御反応なども反応してきます。

解除と確認を繰り返して、
初回施術後

後ろにはまわりにくいですが、腕は上がるようになってきました。

 

(2回目 4日後)

「後ろへは、以前よりまわります。」

2回目施術前

最初より良いですが、前回の術後より戻っています。

2回目施術後

初回の術後よりスムーズに動いています。

 

(3回目 9日後)

「日常、困ることが少なくなりました。まだ、左を下にして寝ていると痛みで目が覚めることがあります。」

3回目施術前

戻りは少ないですね。
3回目施術後

 

(4回目 17日後)

「左を下にして寝た時の痛みは減ってきています。痛みで目が覚めない。」

4回目施術前

4回目施術後

後ろでの可動域に大きな変化が出てきました。

 

まだ、課題はありますが、この後は間隔を開けながらの施術で大丈夫と思います。

 

施術では、肩や背中や腕には一切マッサージや圧力を加えていません。

痛みや可動障害は自分自身の脳が起こしていることなので、要因に的確に技を入れていけば脳が徐々に開放してくれます。

 

痛いのに無理に動かしたりなど、不要な刺激を入れると、脳が防御しようと緊張を入れてくるので改善が遅くなります。

四十肩かなあ。左肩が痛くて、後ろのものを取ろうとしたら激痛が走る

「四十肩かなあ?左肩が痛くて、後ろのものを取ろうとしたら激痛が走るんです。」

「油が切れた感じで。」

奥様の紹介でご来院。50代男性。

 

左腕が前から上げられるのですけど、横からは痛くて上げることはできません。

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

整体チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

冷え特有の反応が下腹部に出ているので解除。

左鎖骨周辺のズレの調整と脚部のバランスを取って確認。

中間1

「まだ痛いです。」

変化すると判断して確認しましたが、足りていませんでした。

再チェックしていると、強い防御反応が出ています。

それを解除して確認すると、

中間2

上がるようになりました。

でも、まだ痛みが少し残っています。

 

再調整と確認を数回繰り返しました。

冷え障害やストレスからの緊張と全身バランスの再調整が主に反応してきます。

最終は、

最終確認

「少し痛みが残っています。でも、最初に比べたら格段に変わっています。」

満足していただけました。

ご遠方で詰めてご来院いただけないので、少し残った痛みを初日で取り切りたいと時間いっぱいがんばりましたが、ゼロにはならなかったですね。

 

半身浴で自律神経を日々整えると、可動域や痛みが元の酷い状態に戻ることはないと思います。

半身浴の条件をお伝えして終了しました。

 

右腕が痛くて上がらない。3日前から、夜、痛みで目が覚めます

「右腕が痛くて上がらないんです。」

「3日ほど前からは、夜寝ているときに痛みで目が覚めます。」

40代女性。

(初回施術前)

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

下腹部内部の緊張との連動がチェック法に反応します。

緊張消去法で連動を開放させて確認。

(初回施術 中間確認)
腕が上がってきました。

痛みは最初を10とすると6レベルまで減りました。

 

さらに痛みを取るためチェックを続けますが、冷えの緊張層が邪魔をしています。

施術を中断して足湯を15分おこないます。

 

「腕の痛いところが瘤のようになっているんです。」

そうですか。

「痛いところをマッサージもしていました。」

なるほど。そうでしょうね。

 

冷えの緊張が解け、チェック法に関連部位の反応が出やすくなってきました。

まず、マッサージなど不要な刺激で起こる防御反応を徹底的に消します。

そして、関連の筋骨格系の調整を確認を繰り返しながら行います。

(初回施術 最終確認)

「瘤がすっと楽になりました。」

「痛みも減って楽に上がります。」

施術前の十分の一くらいの痛みは残りましたが、初回はここまで。

 

「主人に強く揉んでもらったりしていたんです。」

 

元々の要因は、冷えから自律神経が乱れてカラダ内部に緊張が蓄積し、その影響が肩に痛みと可動障害として現れた思われます。

これは良くある四十肩のパターンです。

これを改善しようとして強いマッサージを行うと、カラダが防御反応をおこし、その箇所の緊張がさらに増して痛みが増幅していきます。

瘤のようになっていったのも強いマッサージによるものと思われます。

 

四十肩に限りませんが、

病院の検査を受ける、辛い箇所に刺激を入れない、冷えを疑う。

これが早期解決のコツになります。

 

四十肩か?急に右腕が痛くて上がらなくなりました。40代女性

2年ぶりにご来院。40代女性。

「昨日の夜11時に右肩が急に痛くなって、腕が上がらなくなったんです。」

「ほんと急で、四十肩ですか?」

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)
下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

施術前

ヒヤリング時に10分ほど足湯をしていただいていますが、ヒヤリングの時より少し上がっているみたいです。

経緯から、冷えの障害があるかもしれません。

 

チェック法でチェックしながら無痛の技をかけていきます。

下腹部内部の緊張が反応します。

連動を開放して確認。

中間確認

上がるようになりました。

でも、痛みは少し残っています。

さらにチェックしていくと、カラダ内部の上方と腸腰筋で反応。

調和させて確認。

施術後

痛みなく自由になりました。

「簡単に取れていくんですね。」

 

何もしていないのに急に来たこと、カラダ内部の緊張の影響が大きかったこと。

冷えやストレスが疑われますが、かけた技の種類から、冷えの影響が大きいのではないでしょうか?

「PCサーバーを置いている部屋で仕事しているので、12月の最初まで冷房が入っていたんです。」

 

以前9回ほどご利用くださった後、2年ほど開いてのご来院でしたが、カラダ内部以外は反応なく、良い状態が続いた2年間だったのだと感じます。

冷え取りをがんばれば、次の施術は必要ないかもしれません。

でも、医療機関の検査は定期的に受けましょう。